無料メルマガ購読

★4生き方の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(88点)■人は最高の知能を 持っています。 その知能は経験を基に、 自分の幸せのために 学習していきます。 そうした学習の結果が、 今のあなたなのですね。・あなたの「性格」は、過去にあなたが体験した、 つらいこと、苦しいこと、イヤなこと、痛いこと それらを、あなたにもう一度体験させないように 守ってくれた「プロ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■メメント・モリとは、 ラテン語で「死を忘れるな」 という意味です。 古代ローマでは、 将軍が凱旋パレードのときに 使ったという。 勝って兜の緒を締めよ、 という意味でもあり、今を楽しめ、 という意味でもあるのでしょう。・「葉隠」の中でも、 「武士道というは、死ぬことと見つけたり」 とあります(p19...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■寺の住職であり、学校の先生である 東井先生から10代の子どもへの メッセージです。 それは、自分という人間を 粗末にしないこと。 自分の人生をどうするかは、 自分が判断できる ということです。・世界でただ一人の私を、 どんな私に仕上げていくのか。 その責任者が私であり、 皆さん一人ひとりなんです(p...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■少女サラがふくろうのソロモンから 幸せになるための「波動の法則」を 教えてもらうという物語です。 「波動の法則」とは、 自分の考えていることが 波動となって周囲に伝わること。 周りの人は、 それを感じ取って、 それにふさわしい対応を してくれるのです。・これからの数日間、 君の周りの人々を観察する時...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■リクルートを経て、 企業研修の会社を設立した 著者が教える後悔のない 会社人生の生き方です。 研修をしていと、 後悔している50代サラリーマンが 多いのでしょう。 なぜ後悔するかといえば、 50代前に自分の人生について じっくり考えなかったからでは ないでしょうか。 自分は何が得意なのか。 自分を...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■「子孫へのラブレター」という手法を 紹介されて、手にした一冊です。 「子孫へのラブレター」とは、 次のような言葉を言ってから、 子孫に向けて映像でメッセージを遺すこと。 このワークによって、 人間関係の問題や 経営危機を乗り越えられた人が 続出しているらしい。・明日、目が覚めないとしたら、 子孫の皆さ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■青い髪と目を持ったいじめられっ子が、 「七つの石」を集める冒険の中で 勇者になっていく物語です。 自分を変えるのではなく、 考え方を変えることで、 道は開けていきます。 最初の石は、 「恐れ」を克服すると 空から降りてきました。・闘って少年は男になり、 闘いを降りて女は少女に戻る(p47)■二つ目の...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■この本でいう「バカ」とは、 あるがままの自分であることを選び、 やりたいことをしている人です。 その反対に「バカ」でない人とは、 世間体や評価を基準に生きることです。 そうは言っても、 人生、そう思ったとおりにはいかないよ! という人も多いのではないでしょうか。・正しいか間違っているか、 よいか悪いかよ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■私が本を読み始めるきっかけとなった コヴィ博士の「7つの習慣」を 物語形式で解説する一冊です。 「7つの習慣」とは、次の7つです。  1 主体性を発揮する  2 目的を持って始める  3 重要事項を優先する  4 Win-Winを考える  5 理解してから理解される  6 相乗効果を発揮する  7 刃...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■母が亡くなった・・よかった・・ 実家が焼失した・・よかった・・ 脳出血で倒れた・・よかった・・ なんだ!?この能天気さは? と思いませんか。 もちろん、母が亡くなり、 家がなくなったときは、 悲しくなります。 しかし、 その悲しみを抱いて、 一生、生きていくのかどうかは 自分で選べるのです。 著者...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■著者が人生に目覚めたのは、 38歳で脳梗塞で寝たきりに なってからです。 半身不随になり、 リハビリを続けるなかで、 自分は生かされている。 人には使命がある、 自分にはやるべき使命があると 気づいたのです。・気がついていないけれども、 私たちの命の背後には、 父母のそういう祈りや涙がある(p93)...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■世の中には悩んでいる人がいます。 その悩んでいる人は、 どうすれば 幸せになれるのでしょうか。 この本では、まず、 自分のコトバの色を見て、 自分の状態を測定します。・まず、言ってほしいコトバは、 『わたしは、自分自身を愛しています』。 これを3回言ってみてください・・・ そのコトバは、どこにあって、...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■仙人の教えは、不完全で大丈夫、 少しずつ、良くしていこう というものです。 なぜなら、この世に完璧な人は 存在しません。 良い点もあれば、 悪い点もある。 だれもが不完全な中で、 より良くなろうと 努力しているわけです。・自分の特徴を知り、 自分とうまくつきあいながら、 打てる対策があったら打つ。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■著者は、しぎょう・そうしゅう、さん。 理屈で考える人だったらしい。 考えて考えて、本を読んで本を読んで、 その結論が凝縮されています。 その結論とは、知識や理屈ではなく、 人との係わり、恩と義理人情が大切であり 自分の使命を生きるということです。・理解しようとするな、 わからぬままに、 突き進むのだ。(...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■船井総合研究所で最年少役員となった 佐藤さんの一冊です。 著者が舩井幸雄さんから教えてもらったのは、 人にはこの世でなすべき 役割があるということ。 その役割は仕事を通じて知り、 仕事の中で演じることができるのです。・人間、生まれたからには、 必ず役割を持っているんだよ。 ただしその役割は、働くことによ...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

>月別(2002年7月~)