無料メルマガ購読

★4生き方の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(86点)■斎藤一人さんのお話はとてもシンプルです。 ご先祖さまに感謝しましょう。 今の生活、自分の手足、当たり前のことに 感謝しようということです。 ・感謝というのは、特別な「いいこと」にするものではなく、  今あるものにすることです。私には目があって幸せとか、  鼻があって幸せとか、とにかく今あるものに感謝をする。(...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■この本では、90歳を超えてなお現役で活躍している 日野原重明さんの( 幸せになる習慣 )を学びます。 医業や執筆・講演などで活躍する日野原さんですが、 若い時には「赤面恐怖症」だったそうです。 「赤面恐怖症」を克服するために弁論部に入部。 経験を積むなかで赤面症を克服し、そうした経験から、 「やろうと思えば...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■山田ズーニーさんの 「おとなの小論文教室シリーズ」の一冊です。 今回も、コラム形式でズーニーさんの体験から 人生論、人間論、コミュニケーション論が 引き出されます。■ズーニーさんの見方では、 しゃべっている人は 「わかっていない人」だそうです。 初心者営業マンのことを 言っているようですね。 余裕のあ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■日本は非常に豊かな国ですが、 なぜか職場、家庭で悩んでいる人が たくさんいます。 悩みの原因のほとんどは人間関係。 今日のこの一冊は、どうすれば人間関係に悩まず 楽しく生きられるか、人間として成長できるか 著者が斎藤一人さんから学んだことを教えてもらいます。■まず、基本は、当たり前のことをちゃんとできる ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■アサーションとは何でしょうか? アサーションとは、 「誠実に、礼儀正しく、言いたいことを言う」 ことです。 ・順番を待ち、さて、自分の番になったら、横から他の人が  割り込んで買い物をしようとしました。こんなとき、  あなたはどうしますか。(p3)■普通の場合、 人が他人から不利益を受けたとき、3通りの対...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■だれでも悩むことがあると思います。 会社で、同僚にバカにされているように感じる。 サークルにイヤな人がいる。 恋愛がうまくいかない。 人それぞれ、いろいろあるはずです。■こうした悩みからどうやって抜け出すかは、 あなたにとって重要な問題です。 悩みへの対処法をこの本でちょっと 学んでみませんか? ・悩み...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■英語ことばが多く嫌味な一冊ですが、 自分の習慣と似ているところに驚くとともに、 自分の生活習慣の改善点が見えてきた一冊でした。 まず、私がメルマガでやっている <前日、蒔いた成功の種>のように 自分で習慣チェックリストを作り、 自分の習慣をチェックされているようです。 ・良い習慣を身につけるために、  わ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)●経営講座やセミナーで活躍する市川社長は、 子どもの頃は、内気でおとなしい 根暗少年だったようです。●小学校では、いじめられ、殴られ、 持ち物を隠され、ランドセルを川に流されました。 家に帰っても、いじめの事実を親に言えず、 おどおどして、人の目を気にする生活を続けていました。●「僕はどうしょうもない人間だ」...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)●すごい朝礼をしている居酒屋があるという。 それは「てっぺん」。 その朝礼は、スピーチ訓練、 ナンバーワン宣言、挨拶訓練から 構成されています。 社員が大声で夢を語ったり、 「ナンバーワン宣言」をする という型破りなものです。 ・「ナンバー1宣言」。メンバー各人が  各人なりの「一番」を公言することによっ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)●日本一の商人として有名な斎藤一人さんの 講演を本にしたCD付きの一冊です。●斎藤一人さんのお話の内容は、 成功法則そのものです。 ただ、それを簡単にして一人さん風にして伝える技術には、 ものすごいものがあります。●斎藤一人さんの成功法則は簡単です。 良い言葉を話そうね。 ありがとう。感謝します。私は運がい...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)●私の経験では、学校では試験対策しか教えてくれません。 社会で生きていく対策は教えてくれないのです。 そういう意味で、この本の内容を東大で教えているとは 素晴らしいことだと思います。 ・親分には親分の器があり、子分には子分の器がある。  練習して親分になれるものではない。(p190)●サラリーマンとして生きるに...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆82点●超巨大インターネット掲示板「2ちゃんねる」から 泣ける話を集めた一冊です。 その匿名性から、若干のウソもあるでしょうが、 逆に本当のリアルな話が多いと感じました。●やっぱり泣けるのは、両親、子どもの話です。 家族が一番大切。 そこにどうしても避けられない 「死」という問題がおこれば、 どうしても泣いてしまいま...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆88点●人生を長く生きていると、 若いときにはわからなかったことが 見えてくるようです。 現在90歳を超える著者には、 すべてが見えるのでしょうね。 ・人生、長く生きると、人の価値は「何ができるか」ではなく  「何を楽しめるか」にかかっているのだとわかってくる。(p16)●セミナーで話を聞くように話が進んでいきますので...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆89点●1966年に松下幸之助が書き下ろした一冊です。 1965年には松下電器が各社にさきがけて週休5日を導入し、 世界進出を視野に事業を拡大している時期ですから、 松下が最も油がのっていた時期とも言えるでしょう。●この本で特に目立ったのは、 松下幸之助の( 成功の定義 )です。 自分の適性を知り、適性の合った仕事に打ち...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆80点●テレビでは毒舌で細木数子が幅をきかせていますが、 來夢さんの占いと心理学を融合させた人生観は、 細木数子を上回っていると思うのは私だけでしょうか?●この本の前半では、占いというよりも、 人生の成功法則、人生の考え方を指南してくれます。 笑顔でいること、自分を磨いておくことなど、 運をよくするためには当たり前のこと...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

>月別(2002年7月~)