★4生き方の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★☆(80点) ■厳しい職場環境からうつになり、  独立したものの経済的にも、  精神的にも不安定になり家庭が崩壊。  そうした中で、  仏教の修行をしているMさんの  助言により立ち直った  大喜多さんの一冊です。  最初の一歩は陰徳を積む、つまり、  他人のセミナーのお手伝いを  することから始めたとのこと。 ・今あるものに感謝すれば...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■出口さんはライフネット生命創業者。  竹中さんは、元内閣府特命担当大臣  (経済財政政策)  年金、社会保障(医療、生活保護等)  に詳しいお二人の対談です。  年金については、高齢化によって  制度を変えていかないと  継続できないようです。  竹中さんの提案は、  年金を収入が減ってしまったときの  保険に戻すという...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点) ■本のソムリエの清水さんが、  実業家の執行さん、  茶道の吉田さん、  メンタル研究家の西田さん、  森信三の一番弟子の寺田さん  に声掛けしてできた一冊です。  テーマは「先人に学ぶ」。  昔は、怖い大人がいっぱいいたのに、  今はどこにいるんだろう。  この本で日本人を  叱ってもらうということです。 ・嫌...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点) ■放送作家でありながら、  作詞、小説、映画と幅広く活躍している  秋元康さんと鈴木おさむさんの対談です。  AKB48総合プロデュ―サーの  秋元さん、もう59歳なんですね。  AKB48は売れない時から、  秋元さんが好きだから続けてきた  プロジェクトであることがわかります。  ちなみに、  森三中の大島美幸さんと結...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■人は意識レベルで振動している、  バイブレーションレベルがある  と教えてくれる一冊です。  つまり  高いバイブレーションの人と、  低いバイブレーションの人がいる。  そのバイブレーションレベルは  自分で変えることができます。  例えば、愛の言葉、...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■著者は高校生のとき、  生徒会の再編計画に反対しました。  生徒代表者会議を65人から20人に  縮小するもので、著者には  民主主義への挑戦に見えたのです。  戦いには勝ちましたが、  再編計画を推進していた人たちからは、  様々な批判と嘲笑を受けまし...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点) ■片岡 鶴太郎さんといえば、  私のイメージはお笑い芸人。  そして、途中でボクシングをしたり、  テレビドラマに出演したり。  そして現在は、画家として活躍しています。  こうした様々なことに  チャレンジしてきたのは、  お笑いとして成功しても  心が満たされなかったから。  お金持ちになり、夜、豪遊しても  何かが違...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■医師であり、作家である72歳の著者が、  高齢者としての生き方を  「遊行期」と称して考える一冊です。  古代インドでは、人生を学生期、  家住期、林住期、遊行期に  分けるという。  「遊行期」とは  死に備える時期であり、  自分らしく生きられる時期...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■日本中から本を買いに人が集まる  東京江戸川区の書店「読書のすすめ」  店主清水さんの一冊です。  魂の読書とは、  魂を成長させる読書。  どうすれば成功できるか、  どうすれば幸せにできるか、  そんなこと探しても、  どこにもないよ。  まず、人を喜ばしてみよう、  周囲を明るくしてみよう、  そこからじゃない、 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点) ■年寄りへの延命医療は、  患者にとって拷問となっている  可能性を教える一冊です。  つまり、死を先送りするだけの医療が、  患者を終わりのない苦しみを  与える可能性があるのです。  体がゆがんだまま胃瘻で生きる  屍のような老人、  抗がん治療に苦しむ人々を  見てきた著者の思いなのでしょう。 ・高度な医療が重度の障...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■成功するために、  がむしゃらに努力して、  頑張ってきた著者は、  幸せになれませんでした。  著者は挫折をきっかけに  周囲の人生を幸せに生きる人から  学びはじめました。  一所懸命努力し、  正しいことを主張しても、  幸せになれるわけではないのです。 ・小さいころから刷り込まれてきた、  「努力すれば、がんばれ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■健康食品販売の大富豪  斎藤一人さんが講演会で話している  内容をまとめた一冊です。  一人さんの言うことは  シンプルです。  人は幸せになるために  生まれてきた。  だから、うまくいかないのは、  なにか間違っている。  それをちょっと直せばいい、  ということです。 ・世界で一番、自分のために  がんばってくれる...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■天才コピーライターが教える  人生を幸せに生きるための  エピソード集です。  人は何のために生きているのか。  何のために頑張っているのか。  幸福とは何なのか。  学校では教えてくれないことを  この本で考えてみましょう。 ・「人間は何のために生まれてくるのですか?」・・  アインシュタインはこう答えたそうです。  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■英文学教授であり、多くの著作を持つ  渡部さんの老後の考え方です。  本書を書いた平成22年には  渡部さんは80歳ですから  老後の生活はよくわかっている。  老後に何をしていくのか、  と考えれば  やはり自分のやりたいことを  やっていくのが幸せなのでしょう。 ・「どうせ死ぬのだから何もしない」というのは、  「ど...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) ■人生とは山あり谷あり。  そうした中でも  笑顔で生きる人もいれば、  しかめっ面で生きる人もいる。  笑顔で生きる人の特徴を  コピーライターの  ひすいこたろうさんが  事例紹介しています。 ・「佐藤さ~ん」と声に出して呼ぶと、  佐藤さんが来るように、  「ありがとう」と言えば、   次に「ありがとう」と言いたくな...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

>月別(2002年7月~)