★4生き方の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★☆(83点) ■成功するために、  がむしゃらに努力して、  頑張ってきた著者は、  幸せになれませんでした。  著者は挫折をきっかけに  周囲の人生を幸せに生きる人から  学びはじめました。  一所懸命努力し、  正しいことを主張しても、  幸せになれるわ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■健康食品販売の大富豪  斎藤一人さんが講演会で話している  内容をまとめた一冊です。  一人さんの言うことは  シンプルです。  人は幸せになるために  生まれてきた。  だから、うまくいかないのは、  なにか間違っている。  それをちょっと...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■天才コピーライターが教える  人生を幸せに生きるための  エピソード集です。  人は何のために生きているのか。  何のために頑張っているのか。  幸福とは何なのか。  学校では教えてくれないことを  この本で考えてみましょう。 ・「人間は何の...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■英文学教授であり、多くの著作を持つ  渡部さんの老後の考え方です。  本書を書いた平成22年には  渡部さんは80歳ですから  老後の生活はよくわかっている。  老後に何をしていくのか、  と考えれば  やはり自分のやりたいことを  やってい...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) ■人生とは山あり谷あり。  そうした中でも  笑顔で生きる人もいれば、  しかめっ面で生きる人もいる。  笑顔で生きる人の特徴を  コピーライターの  ひすいこたろうさんが  事例紹介しています。 ・「佐藤さ~ん」と声に出して呼ぶと、  佐藤さ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) ■自治省キャリア官僚を10年で辞め、  地方自治体の一般職として  転職した山田さんの一冊です。  「流しの公務員」とは、  自治体の課題を解決して歩く  公務員ということです。  もちろんはじめのうちは、  職場のよくない点を指摘して  嫌わ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■このメールマガジンのように  名言を紹介する一冊です。  人生で悩んだとき、  一歩が踏み出せなくなったとき、  名言が助けてくれることがあります。  私の知らない話も入っていますので、  私よりも本を読まれているのかも  しれませんね。 ・...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■明治大学文学部教授の齋藤 孝さんが、  「死」について考えるために  吉田松陰の「留魂録」、  肥前国佐賀鍋島藩士・山本常朝の『葉隠』、  貝原益軒の『養生訓』  正岡子規の『病床六尺』、  堀辰雄の『風たちぬ』  V・E・フランクルの『夜...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■習慣化コンサルタントが、  変われない人のために  アドバイスをしてくれる一冊。  変われない人には、  変われない理由があるのです。  それは無意識のなかにある  規準、信念、確信・・  つまり「ビリーフ」です。 ・あなたのビリーフが、  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点) ■ラワットさんは  インド生まれの講演家です。  そのお話には、老人がでてきたり  小さな動物が出てきます。  そしてそのお話は、  必ず人生の大切なことを  一つ教えてくれるのです。  たとえ話がうまいんだなあ。 ・時計が意味すること。  そ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■斎藤一人さんの人生相談です。  テーマは仕事とお金。  一人さんの基本的な考え方は、  自分を助けられるのは、  自分だけ。  自分が幸せになるように  しっかりと考えてがんばろうね、  ということです。 ・人生の試練みたいなものはいつでもあ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点) ■人は最高の知能を  持っています。  その知能は経験を基に、  自分の幸せのために  学習していきます。  そうした学習の結果が、  今のあなたなのですね。 ・あなたの「性格」は、過去にあなたが体験した、  つらいこと、苦しいこと、イヤなこと...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点) ■メメント・モリとは、  ラテン語で「死を忘れるな」  という意味です。  古代ローマでは、  将軍が凱旋パレードのときに  使ったという。  勝って兜の緒を締めよ、  という意味でもあり、今を楽しめ、  という意味でもあるのでしょう。 ・「葉...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■寺の住職であり、学校の先生である  東井先生から10代の子どもへの  メッセージです。  それは、自分という人間を  粗末にしないこと。  自分の人生をどうするかは、  自分が判断できる  ということです。 ・世界でただ一人の私を、  どんな...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■少女サラがふくろうのソロモンから  幸せになるための「波動の法則」を  教えてもらうという物語です。  「波動の法則」とは、  自分の考えていることが  波動となって周囲に伝わること。  周りの人は、  それを感じ取って、  それにふさわしい...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む