無料メルマガ購読

★4政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(83点)■西郷隆盛を知ることによって、 日本精神を再確認する一冊です。 西郷隆盛といえば、 江戸の無血開城。 そして、明治維新の廃藩置県では、 多くの反対、内乱の危機の中で、 計画どおり断行したのです。 それまでの武士という仕事が なくなるのですから、 反対は無限大だったでしょう。・まかり間違えば、内乱に発展し...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■2012年の辛坊治郎さんの一冊です。 2012年は橋下大阪府知事と中国が 大暴れしている年だとわかります。 中国の尖閣諸島への海洋監視船の 領海侵入は今も続いています。・中国が暴走中です。尖閣諸島の周辺の日本の領海に 海洋監視船を集団で乗り入れさせたり・・ ベトナムの排他的経済水域内でベトナム漁船が 中...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■藤原さんの「日本人の誇り」は、 戦前の日本人が持っていた誇りです。 アジア諸国が欧米の植民地となる中で、 国家の独立を維持し続け、 欧米諸国に挑戦したのは日本だけでした。 結果して日本は戦争に敗れましたが、 その自主独立の志に影響され、 その後、多くのアジア諸国が 植民地から独立したのです。・帝国主義の...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■政治家の世界というものは、 なかなかわからないもの。 一度、堀の中に入り、 地獄を味わった鈴木宗男さんから、 その一端を教えてもらいましょう。 政治とは、 人間関係であることが、 ひしひしと伝わってきました。・中川先生から教わったことはたくさんあるが、 「大きな出世をするなら下の面倒を見ろ。  小さ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■「悪貨は良貨を駆逐する」 「悪は栄える」 と言われます。 この本では、いかにして、 ヒトラー・スターリン・毛沢東が 権力を握ったのか検証します。 それぞれ特徴がありますが、 共通するのは「正義は勝つ」 という考え方は甘いということ。 いかに権力を握るのか。 そのためには、 論理や義理ではなく、 勝...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■学生の頃、日本が嫌いだった著者は、 国際線のキャビンアテンダントになって 日本の歴史に興味を持ちました。 歴史を学んでみると、いかに我々の先人が、 日本のために頑張ってきたのかが、 よくわかります。 この平和で、豊かな、尊敬される立派な 日本を作ってきたのは日本人なのです。・後に続く生き残った青年が、 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■金融経済論、消費社会論のプロが、 デフレ不況というものの 本質を考える一冊です。 デフレ不況とは何かといえば、 生産が消費より多いということ。 したがって、 生産力をリストラしたり、 消費を増やせばいいのです。 もちろん消費には 設備投資も含まれます。・100兆円の所得のうち70兆円しか消費に回さず、...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■地域再生プランナーとして、 シャッター商店街とお役所を見てきた 著者の率直な感想です。 そこには、やる気のない商店街と、 やる気のない公務員がいました。 商店街は、面倒くさいことはしたくないが、 補助金が欲しい。 公務員は、自分では商店街を使わないのに、 商店街を元気にする企画を考えている。 これでは成...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■韓国の歴史に学ぶという一冊。 「憎しみと悲しみの大地」という表現がありますが、 韓国もそうした歴史を持っていることが わかりました。 常に外敵が侵攻してきて、 生活はめちゃくちゃになる。 政治家は内輪もめでまとまらない。 まったく悲しいことです。・韓国の歴史では、国が滅ぶと、王族家臣など主だった人々 す...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■脅し、尾行、盗聴、暗殺・・・ 暴力団か、CIAの本かなと思ったら、 創価学会の本でした。 公明党委員長などを歴任した著者は、 「文藝春秋」に「極秘メモ全公開」を 連載をしたことで、創価学会と対立。 いやがらせを受けるとともに、 当時の事情をメモした手帖を 脅し取られました。 (2009年、最高裁で矢野勝...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■東京電力の影に隠れて、 地味な東北電力に 光を当てた一冊です。 そういえば、東北電力は 被災電力なのです。 東京電力福島第一は津波により 炉心溶融しましたが、 東北電力の原発は無事でした。・女川原発は、海抜14.8mの高台にある。 原子炉はもちろんタービン、事務棟などの基幹施設は、 15mの基礎の上に...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■この本の伝えたいのは、 次の2点です。 シャープが大赤字に転落したのは、 政府の成長戦略政策により薄型テレビが 短期間に売れてしまったことが原因である。 そして、これから商品を売るなら、 高齢者、特に財布を握っている女性が ターゲットとなる。 ということです。・多くの人たちが政府に期待する成長戦略・・ ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■エコ、低炭素・・・であれば、 何でも無条件に素晴らしい といった風潮があるようです。 でも、本当にエコなのか? 本当に二酸化炭素が地球を温暖化しているのか? 仮に、 二酸化炭素により地球が温暖化しているとして、 その対策は意味があるのか? 武田先生の疑問は、 実は真相を突いているように感じます。・日本...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■バブル崩壊中の1996年に ペンシルロケットの糸川教授が書いた一冊。 糸川教授は1987年のバブルまっただ中で 日本経済が危ない!と警告しています。 その眼力から見た21世紀は どんなものなのになるのでしょうか。■まず、未来の有望な技術として クローン技術、水資源、小水力発電を挙げています。 特に小水力に...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■非常に大きな影響力を持つテレビへの 提言をまとめた一冊です。 その大きな影響力を考えれば、 テレビの報道姿勢が、国家や個人の運命さえ 変える可能性があります。 戦前は、新聞が戦争を煽りましたが、 今、テレビは何を煽っているのでしょうか。・死因統計によれば「神経性無食欲症」(拒食症)が 原因と明記されている...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

>月別(2002年7月~)