★4政経・歴史の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★☆(89点) ■日本の海は、  乱獲で魚が減少しています。  その原因は、日本の漁業規制では、  漁船の大きさを制限したり、  休漁期間を設けたりしていますが、  漁船ごとの漁獲枠がありません。  早く獲った者勝ちのなのです。  一方で、北欧諸国では、  魚...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点) ■人気メルマガ「国際派日本人養成講座」  の書籍版です。  "国際派日本人"とは、  外国語ができる人ではありません。  "国際派日本人"とは、  日本の良いところ、悪いところを知り、  諸外国の良いところ、悪いところを知り、  自分の意見を言...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■2003年に鹿児島県の志布志町でおきた  中山信一県議の選挙違反を  警察と検察が捏造した事件の記録です。  過酷な取り調べにより  自殺未遂者まで出て、  最後は全員無罪となりました。  「国家の罠」佐藤 優(著)で、  国策捜査があること...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■トランプ大統領就任前の  安倍・トランプ会談から  日露交渉までを解説する一冊です。  著者の山口さんは  元TBSワシントン支局長。  政権で何が起きているのか  よく知る立場にいる人物です。 ・現段階ではっきりしているのは、  トランプと...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) ■「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」  いわゆるカジノ法案が成立したので  手にした一冊です。  似たような施設に、パチンコ、温泉、レストラン、  映画、ボーリング、カラオケ、ホテルが  一体となった施設があります。  パチンコが...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) ■大蔵省(現財務省)から内閣参事官を  歴任した高橋さんの一冊。  適度のインフレーションを目指す  政策を推奨しています。  確かに日本の公的債務は  インフレなくしては  どうにもならないのかもしれません。 ・1945年の仏独はGDP比20...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点) ■土木屋さんが「地形」から  歴史の謎を読み解くという本。  いきなりモンゴルの元寇は  なぜ失敗したのか、  への答えに固まりました。  それは、日本にはモンゴル軍が  牛車と騎馬を使う平らな大地が  なかったからというのです。  確かに日本...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■小泉首相の首席秘書官であった  飯島さんの一冊です。  2年前に出版されたもので  時差があるのが残念ですが、  なんといっても永田町、外交の急所が  おもしろい。  第一線にいた人ですから、  言えないこともあると割り引いても  考え方とし...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(80点) ■東大法学部卒の現役キャリア官僚による  原発メルトダウンを主題にした小説です。  共産党工作員による  新潟での原発事故ストーリーは  最後に少しだけ触れるだけ。  その内容のほとんどは、電力業界に関わる  官僚、政治家、電力会社の裏の構造の...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■朝鮮半島の歴史を見ると、  暗殺、裏切り、汚職・・  憎しみの地であることが  わかります。  日本人はここまで非情になれず、  騙され、裏切られるのが  ぜいぜいでしょう。  伊藤博文が暗殺されたのは、  それほど驚くべきことでもないのです...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■2006年頃に「月刊現代」に掲載された  佐藤さん「外務省『犯罪白書』」を  一冊の書籍にしたもの。  2002年に佐藤さんは逮捕され、  2009年に有罪が確定しているので、  裁判中に外務省職員の立場で  書いたものです。  外務省からの...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■福島出身のアイドルが、  反原発デモに参加し、活動家と深い関係になり  左翼の活動の実態を知ってしまった、  という一冊です。  この左翼活動家のあだ名が、  「ぱよぱよちーん」。  つまり、パヨクです。  最初は、福島のために活動に  参加...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■バイクと車で世界一周を二度達成した  投資家ジム・ロジャーズさんの一冊です。  ロジャーズさんの投資の流儀は、  自分が知っていることだけに  投資すること。  その国を知るためには、  その国を旅すればいい。 ・ある国の実情を知るには、  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■あの小保方さんの一冊。  大学時代から、  博士の学位取り消しまでが  書かれてあります。  落ちるところまで落ちた今、  何も恐れるものはない、  というところでしょうか。 ・取材依頼は連日のように来た・・・  返事をすると都合のいいところ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■「孫子」とは、古代中国の呉の  軍師だった孫武が書いた  戦争に勝つためのコツです。  勝てるときに攻め、  負けそうなときは攻めない。  リスクは最小限するように  事前の準備に集中する。  勝ち負けにこだわるのが  孫子らしいところです。...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む