★5成功哲学の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(90点) ■最近の一人さんは、  「えばっちゃいけねえ、なめられちゃいけねえ」  ということを強調されます。  その意味は、  威張るのはカッコ悪い。  けれども、絶対に  ナメられてはいけない、  ということです。 ・もし、みんなが全員、  オレの部下...
続きを読む
【kindle】【Amazon書籍版】 【私の評価】★★★★★(90点) ■頭の良くなる思考法とは、  自分の課題への対応法です。  だれでも、こうなりたい、  成功したい、幸せになりたい、  と思っているはずです。  その思いを効率的に合理的に  達成する方法論です。 ・自分...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(97点) ■進学塾講師として成果をだしながらも、  離婚を体験。  悩みながら自己啓発を究め、  学習塾を創業。  現在は、コーチングで自立人材を  育成している著者が"わが子"に語る半生です。 ・キミが依存から自立に至るために  最も大切な考え方は、 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ■あまりまじめに働こうとしなかった  15才のサーファー小俣 治郎くんが、  一人さんという大富豪に導かれ、  成長していく物語です。  治郎くんの成長と  それを見守る一人さんに  感動しました。 ・普通の人が飛躍的によくなれるかどうか、  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(97点) ■週末はやや落ち込み気味の私でしたが、  この本で気分が立ち直りました。  この本では、よくある  未来の自分をイメージして書き出し、  それをどこかに保管して忘れてしまう、  という成功法を紹介しています。  それはわかってはいるのですが、 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■なぜか、今までご紹介していなかった  成功哲学本として、原点、古典、  ともいえる一冊です。  1908年、鉄鋼王といわれたアンドリュー・カーネギーは、  成功するための哲学をプログラムとしてまとめるよう  ナポレオン・ヒルに依頼しました。 ...
続きを読む
山崎拓巳の道は開けるposted with amazlet at 11.11.21山崎 拓巳 大和書房 売り上げランキング: 22987Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(91点) ■著者が、  これまでにメンターから学んだ  成功のための考え方をまと...
続きを読む
夢、かないます―願望が必ず実現する成功法則posted with amazlet at 11.10.20無能 唱元 サンマーク出版 売り上げランキング: 26916Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(93点) ■潜在意識(無能さんはアラヤ識という)を使...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■ジョーンズという不思議な老人が  登場します。  ジョーンズは、町の困った人のところに  現れて、話をしながら、  困った人を導いてくれるのです。  ホームレスには、人に好かれる秘訣を、  離婚しそうな人には、人間はそれぞれ違うことを、  経...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■アメリカの大富豪が教える成功の秘訣です。  前半は、「宝地図」と  アファーメーションによる  心と思考のコントロールの方法。  後半は、商売を成功させるための  経営、セールス、商品開発のアドバイスと  なっています。  著者二人は、引退後...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■パーソナルバリューポイントエピソードという  セミナーをやっている久保さんの一冊です。  自分の価値を上げる。  自分ブランドを作るような  セミナーのようです。 ■久保さんの手法は、  なりたい自分のイメージを書き読むことを  繰り返すとい...
続きを読む
運命の波にのる魔法のクセ(習慣)posted with amazlet at 09.10.30はづき虹映 きこ書房 売り上げランキング: 2288Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(91点) ■一日一つ、良い習慣を試してみることで、  運命が変わります...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■アホ会で西田先生にお会いしましたが、  今、最高にノッているようです。  というよりも、人生最後の花道を考えて  いらっしゃるような気がしました。  西田文郎の成功法則をどうやって、  後世に伝えていくのか・・・。  それは、書として残すこと...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■昔、ある本で読んだエピソードを思い出しました。  安岡正篤(やすおか まさひろ)が、若くして抜擢された  やる気満々の「財界」編集長へ、次のように助言しています。  「急な改革はしちゃいけない。   知らないうちに改革が終わっていた   とい...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■ホームレスから上場企業の社長となった兼元さんの一冊です。  やはり目標達成には、潜在意識(この本では「自立神経さん」)を  活用することが条件となるようです。 ■では、この無意識ともいえる潜在意識に  達成した目標を覚えてもらうにはどうすれば...
続きを読む
1 2 3 4

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む