★5仕事術の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(94点) ■タイトルを読んで、  何か精神世界の勉強でもするのかと思ったら、  忙しく働くビジネスマンのための一冊でした。  仕事をしていてよく悩む問題に対して、  カウンセリングをしているかのように  答えてくれます。  ・「評価してほしい」と思っているときほど   評価してもらえないものです。   ・・・評価される人には共通点が...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ●仕事のコツを、1277の用語を説明するかたちで  解説してくれる一冊です。  あるときは愛をもって、  あるときは毒舌をもって、説明してくれます。  ・【甘い】   自分の弱さの証明です。教育・指導する上で決めたことを   守らない時に、イヤな思いをさせないで見逃すことです。(p9) ●あまりに項目が多すぎて疲れてしまう...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ●企業は、つねに新しい商品を  提案しなくてはならない運命にあります。  そうした悩める商品開発担当者に  最適な一冊です。 ●この本で提案する商品開発方法は3つです。 ●まず、「苦情法」です。  苦情が来たら、その苦情を解決する商品を作ることで、  ヒット商品が生まれる可能性があります。  ・"苦情法"・・・客(消費者)...
続きを読む
あなたの悩みが世界を救う!―不条理な世の中を生き抜くための人生バイブルposted with amazlet at 10.05.09神田 昌典 ダイヤモンド社 売り上げランキング: 106278Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(93点) ●会社に働く人の80%は、仕事や上司への不満から  グチの一つでも言いたい気分で仕事をしてい...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ●社会というのは、人間関係であり、  私たちは、常に他人を評価しながら生きています。  まして、会社となれば、仕事の成果、仕事への姿勢などを  通じて、常に人間の器が評価されているのです。  ・できる男は「話す」と「聞く」のバランスが   四分六になるよう、つねに気を配って   会話しているものだ。(p14) ●仕事の能力...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ●部下を持って最初の難関は、  部下とのコミュニケーションでしょう。  上司は部下が何を考えているのかわからない。  部下は上司が何を考えているのかわからない。  そうしたことが、起こりがちです。  ・世の中にあるさまざまな「誤解」は、   実は、「考えかたのちがい」というようりは、  「会話の時間が足りない」ことに起因し...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ●以前より、トヨタ生産方式について注目してきましたが、  トヨタ生産方式は、  大量生産を目的とした工場で発展した考え方です。  ではそれを、プロジェクトの管理、事務(ホワイトカラー)の管理に、  どのように応用するのか?  というのは私の課題の一つでした。 ●なんと、本書には、それに対する  「ひとつの答え」が書いてあり...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ●多くの会社でトヨタ生産方式を取り入れようとしていますが、  実際にやってみると、うまくいかない会社が多いようです。  この本は、実際のケースを紹介しながら、  実際の現場で起こる問題について  答えてくれます。  ・ 1 部下に考えることをすべて任せる「丸投げ」   2 こまかく指示を出す「教育ママ」   これが管理職の...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ●会社には必ず会議がありますので、  会社で働く人は、会議のプロであるといえます。  しかし、会議がうまくいっていない会社が多い・・・  これも事実でしょう。 ●この本では、営業部門長の女性が、製品開発センター長に  抜擢されるというストーリーを通じて、  会議の進め方や議論の手法などについて学ぶ一冊です。  こうした会議...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ●1日30万円のコンサルタントと  会議に参加する機会がありました。  そのコンサルタントの内容自体は  たいしたことはなかったのですが、  驚いたのはそのコンサルタントの受け答えです。  こちらは素人ですから、  少なからずトンチンカンな質問を  する人もいるわけです。  そうした人にも、  バカにするような素振りは見せ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ●24歳から上司として部下の育成に取り組み、  数多くの失敗、成功を体験した著者のノウハウは、  とにかく具体的であるのが本書の特徴です。  ・私の危機管理はいつも「イエローライン戦略」です。・・・   来月の目標や戦略を立てるときに、   「来月この時点で、ここまで到達できていなければ、黄色信号」   というラインを決め...
続きを読む
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)(91点) ●サラリーマンとして働いていて不思議なのは、  今の自分、今の会社に不満な人が多いということです。  それは通勤時間に歩いている人の顔を見ればわかります。 ●不況による業績の悪化、  実績主義による年功序列の崩壊など  サラリーマンを取り巻く状況は厳しいのは確かでしょう。 ●それでも、...
続きを読む
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!)(92点) ●仕事を受注する、家を建てる、  プログラムを組む、  大学受験する、  ビアパーティを企画する。  人生の出来事は、すべてが  プロジェクトのように思えます。 ●私はこの5年間、  プロジェクトの工期短縮方法を  考えて続けてきました。  日本の場合、工期が守られるのが普通ですから、  そうであれば、...
続きを読む
(私の評価:93点★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう) ●トヨタ生産方式の生みの親と言われる大野耐一氏は、  改善の鬼だったようです。  普通の会社では、デスクワークをしていれば  仕事をしていることになりますが、  大野耐一氏の場合は、現場に行って作業を改善しなければ  仕事をしたことにはならないのです。  ・かつてあるトヨタマンが、機械の時...
続きを読む
(評価:★★★★★)92点 ●この「すごい会議」とは、チームのミッションを作り、  共有し、実行していくために練られた手法のことです。  その中では、コーチングの技術も活用されており、  コーチングの技術が会議にこれだけ効果があるとは  驚きました。  そして、その「すごい会議」の  実体験プラス手順書つきですから、  本書は非常に活用しやすい構成になって...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7

>月別(2002年7月~)