★5仕事術の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(92点) ●多くの会社でトヨタ生産方式を取り入れようとしていますが、  実際にやってみると、うまくいかない会社が多いようです。  この本は、実際のケースを紹介しながら、  実際の現場で起こる問題について  答えてくれます。  ・ 1 部下に考えることをす...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ●会社には必ず会議がありますので、  会社で働く人は、会議のプロであるといえます。  しかし、会議がうまくいっていない会社が多い・・・  これも事実でしょう。 ●この本では、営業部門長の女性が、製品開発センター長に  抜擢されるというストーリー...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ●1日30万円のコンサルタントと  会議に参加する機会がありました。  そのコンサルタントの内容自体は  たいしたことはなかったのですが、  驚いたのはそのコンサルタントの受け答えです。  こちらは素人ですから、  少なからずトンチンカンな質問...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ●24歳から上司として部下の育成に取り組み、  数多くの失敗、成功を体験した著者のノウハウは、  とにかく具体的であるのが本書の特徴です。  ・私の危機管理はいつも「イエローライン戦略」です。・・・   来月の目標や戦略を立てるときに、   「...
続きを読む
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)(91点) ●サラリーマンとして働いていて不思議なのは、  今の自分、今の会社に不満な人が多いということです。  それは通勤時間に歩いている人の顔を見ればわかります。 ●不況による業績の悪化、  実績主義による年功序列...
続きを読む
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!)(92点) ●仕事を受注する、家を建てる、  プログラムを組む、  大学受験する、  ビアパーティを企画する。  人生の出来事は、すべてが  プロジェクトのように思えます。 ●私はこの5年間、  プロジェクトの工期短縮方法を  考えて続...
続きを読む
(私の評価:93点★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう) ●トヨタ生産方式の生みの親と言われる大野耐一氏は、  改善の鬼だったようです。  普通の会社では、デスクワークをしていれば  仕事をしていることになりますが、  大野耐一氏の場合は、現場に行って作業を改善しなけ...
続きを読む
すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!posted with amazlet on 05.12.12大橋 禅太郎 大和書房 (2005/05/18)売り上げランキング: 302おすすめ度の平均: 違和感とは逆に 方法論もさることながら... ひとり会議にも有効ですAmazon...
続きを読む
(評価:★★★★★)92点 ●水戸光圀は  「年寄りのシワとシワの間には、   理屈ではない宝石のような"経験"がはさまっている」  と言いましたが、この本には佐野さんの  23年間の貴重なフードサービス業のプロとしての  経験がはさまっています。  ・K店長がすごいところは、...
続きを読む
(評価:★★★★★)90点 ●「仕事時間を減らして、  高収入も自由時間も手に入れる」というのが、  この本のテーマです。  ・私はあなたに自分を犠牲にせずに   高収入を得てほしいのです。(p292) ●つまり、通常の成功本とは違い、  ある程度成功しているものの、収入のため...
続きを読む
(評価:★★★★★)94点 ●普通の会社で仕事をしている限り、  「話す」ということは大切な技術ですが、  ポジションが上にいくにつれて、  その重要性はどんどん大きくなっていきます。  実際、トップになると「話す」ことが  仕事のようなものになってしまうのですから、  「話す...
続きを読む
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)93点 ●★3つくらいの本かな、と思っていたら、  噛むほどに味の出る本でした。  まず、第一にコミュニケーションのとらえ方がいい。  ・話が通じるとは、勝ち負けでなく、   あなたと相手の間に橋を架けるようなものだ(p...
続きを読む
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)92点 ●もし、毎日1000万円もらえるとしたら、あなたはどうするでしょうか。  逆に、あなたの1000万円の別荘が毎日1軒づつ燃えていくとしたら?    これは極端な例かもしれませんが、仕事ではよくある話です。もし、あ...
続きを読む
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)92点 ●たいした本です。  デール・カーネギーの「自信がつく 話し方教室」に匹敵するような本です。  バイブルというだけあって実例も多く、  話し方を改良しようとしている人にはお勧めです。 ■この本で私が共感したところ...
続きを読む
(評価:★★★★★これは買うべし)93点 ●またしても,ゴールドラット氏にしてやられました。  すばらしい。  そこら辺のクリティカル・シンキング,戦略発想の本を  10冊買うくらいなら,この本一冊で十分です。 ●問題解決の考え方をメインとした本ですが,  社員の陥りやすいコス...
続きを読む
1 2 3 4 5 6
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む