★5仕事術の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(92点) ■「わくわく」仕事をしましょう!  という本です。  読んでいると  自分も「わくわく」してくる  不思議な本でした。  著者の「わくわく」が  伝わってくるのでしょうか? ・「わくわく感」とは、アイラブ自分の仕事!・・・  自分の仕事が好きだから、仕事の質を上げるよう努力できる・・・  お客様のことが好きだから、  お客...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■ホステスとは会話のプロです。  会話をするだけで、  一時間に数千円を稼ぐのです。  その会話のテクニックを  わかりやすく解説してくれるのが  この一冊。 ・一緒にハモるポイントをつくりながら会話を進めます。  さしあたりのない話題をこちらから振ったり、  相手が話した内容を質問するなどして、  ふたりの「あるある」を...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■世の中には数多くの  プロジェクトマネジメント本がありますが、  最も実践的な一冊。  なぜならベテラン親方のやり方を  集大成しているからです。  最初は目的の共有から入ります。  そのために関係者に集まってもらって、   「目的はなんですか?」と  質問します。  そして、  「この成功基準はなんですか?」と  具体...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■ポカミス防止の専門書と思い購入したら、  現場の品質管理の本質を  教えてくれる一冊でした。  「チェックシートは有効ではない!」と  本質をズパっと指摘。  チェックシートは、根本原因を解決し、  チェック項目を減らすためにあるのです。 ・チェックシートを増やすと不良も増える・・・  作業者はいつの間にか「もの」を見ず...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■毎度、斎藤 一人さんのテープから  書籍化した一冊です。  今回のテーマは商売。  仕事で成功するためのコツを  おしえてもらいます。 ・真剣に仕事しなきゃダメなんだよ。  プロじゃ食えないんだよ。  プロ中のプロにならなきゃ。  プロで食えたのは二十世紀まで。(p36) ■端的に言えば、  プロにならなくてはならない。...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■税理士の役割とはいろいろあると思いますが、  単なる税務、単なる会計ではなく、  経営に使う会計をこの本は教えてくれます。  つまり、節税という目の前の現実と、  経営という理想の折り合いを  いかにつけるかということ。  例えば、  多くの中小企業では、節税対策として、  給与・役員報酬をコントロールしています。  で...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■「トヨタ」の考え方を  口ぐせから学びます。  現場に行く  すぐやる  期限をきめる  こうした当たり前のようなトヨタ方式が  簡単に真似ができないのは、  いくら学んでも、実際に実行することが  難しいからでしょう。  つまり、口ぐせ、習慣までに  落とし込むのは至難の業ということです。 ・現場が変わっていないと、 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ■未来ノートを書きながら、  従業員2000人会社を立ち上げた  渡邉さんの一冊です。  私も手帳は使っていますが、  ここまで考える道具として  使い切ってはいませんでした。 ・行動計画ページ・・・今日のスケジュール・・・翌週以降のスケジュール  翌月以降のスケジュール・・・Tアイテムページ・・・知識ページ  記憶ページ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■効率的な仕事術を「ライフハック」と  して紹介している人がいますが、  この本こそ本物の「ライフハック」でしょう。  フリーランスの作家、ジャーナリストとして  生き抜いている日垣さんの仕事術です。 ・出された問題はすべてその場で解決の方向性と、  「いつまでに」を明確にする(p106) ■印象としては、  3倍稼ぐ仕事...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■「失敗百選」の第2弾です。  前作と同じように、  「へー、あの事故の真相はこうだったんだ」  「あのニュースの実態はこうだったのか」  と、事件の真相番組を見ているような  気分になりました。  60に分類された190の事例が  図表付きでわかりやすく  秀逸です。 ・ボンバルディア社は、このボルト・ナットを  入れ忘...
続きを読む
まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違うposted with amazlet at 11.06.17マーカス バッキンガム カート コフマン 日本経済新聞社 売り上げランキング: 5247Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(92点) ■八万人以上のマネジャーにインタビューし、  すぐれたマネジャーとは  どういう人なの...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■私も管理職ですが、  身にしみる一冊でした。  それほど過激なことが書いてあるわけでもなく、  当然の内容ではありますが、  本書を読むことで、  「私はこうしていたんだよ」  という佐々木さんの話を聞いている感覚となり、  管理職としての自分の仕事を  振り返ることになったようです。 ・プレーイング・マネジャーにはなる...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■人生には「選択」という作業が不可欠です。  本書では、魚のピンキーと一緒に  自分の「選択」の技術を高めるための  旅を体験してもらいます。 ・"素直"なのと"何でも鵜呑みにする"のは別だ(p124) ■私が感動したのは、  検討案につっこみを入れて、  検討を深めていく技術。  今、会社でやっていることとまったく同じで...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■これは良い本です・・・というよりも、  自分が目指す仕事のやり方でした。  仕事はその場で、どんどん処理していく。  すぐにできない仕事も  忘れない仕組みができている、ということです。 ■私が気づかなかったのは、  週1回の1対1のミーティングです。  これで、日ごろ担当者と話せないことを  じっくり話し合うわけです。...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■センスの良いタイトルとはいえない本ですが、  内容は最高の一冊でした。  新しい職場でイジメられながらも、  素晴らしい先輩から仕事に大切なことを  学んでいく物語です。  著者がトヨタ技能オリンピックで  優勝するまでの実話とのことですが、  ホントかよ!?というくらい  深いい話になっていました。 ■まず、先輩がいい...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7

>月別(2002年7月~)