★5仕事術の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(90点) ■インバスケットとは、  決まった時間内に  受信トレイにたまった仕事、相談を  処理していくという研修です。  いわゆる業務処理・判断の  シミュレーションゲームの  ようなものでしょうか。  この本では、インバスケットにより  部下がついて...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■「すごいな、これは」  と感嘆した一冊。  検討資料作成のコツを  良い例:悪い例を示しながら  教えてもらえます。  パワーポイントを用いた  10枚弱でのプレゼンを意識した内容ですが、  役員会議用のA3資料にも  応用可能でしょう。 ・...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■根回しコンサルタントに相談するという形の  ストーリーを読みながら、  根回しの対応訓練する一冊です。  職場で働く人たちには、  いろいろな思い、レベルの人がいますので、  自分の正論が通らないことも。  人間とは感情の動物なのです。  動...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■サラリーマン組織での作法を学びます。  日本の組織は上に行くほど  無能という組織がいくらでもあります。  そうした組織でも、  いかに成果を出し、  評価されるにはどうすればいいのか?  それは、  「コイツは使えるな」  と思ってもらうと...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ■歯科医院のスタッフが、  新人から医院を革新するチーフにまで  成長する物語です。  彼女は、はじめは学生気分が抜けず、  友達もやる気なし。  しかし、上司であるチーフから  社会人としての心得を教えてもらい、  チーフの支えでなんとか持ち...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■34歳でサンリオ米国法人の最高執行責任者となり、  5年で営業利益の90%、180億円を稼ぐ仕組みを  作りだした著者の仕事術です。  稼ぐ仕組みは、キャラクターの  使用ライセンス販売です。  現在はサンリオの常務取締役と  なっています。...
続きを読む
「シリコンバレーの交渉術」オーレン・クラフ、ダイレクト出版 【私の評価】★★★★★(97点) ■交渉術の本で、度肝を抜かれるとは  思いませんでした。  フレームという形で、  主導権を持ちながら交渉する技術を  わかりやすく教えてくれる一冊です。  ここでいう「フレーム」と...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■「世の中には3つの嘘がある。  ひとつは嘘、次に大嘘。そして統計である」  と先人は言いましたが、  データ分析の怖さが分かる一冊です。  しっかりデータを理解できないと、  簡単に現実を見誤る可能性があります。 ・調べたいデータが表になって...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■やたらに長いタイトルだな・・・  と思いながら読み始めた一冊。  おっと、意外に使えるかも。  相手のやる気を引き出す言い方が、  ○と×で150。  具体例があるのでわかりやすい。  コーチング流会話術だなと感じました。 ・×「なぜ、終わっ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■日本たばこ産業の「勤務地域限定」で採用された著者は、  成果を出し続け、最年少支店長に大抜擢されます。  その結果、下位常連の支店を  2年連続日本一としています。  その秘密は何なのでしょうか。 ・自信がなかったからこそ、正直に、助けを求め...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■ビジネス書の読み過ぎで、  ビジネス書には厳しい私がびっくりした一冊。  前半は新入社員向けかなと思っていたら、  だんだんとレベルが上がっていきます。  目的をはっきりさせる、  フレームワークを使う、  メモとペンを持ち歩く・・・  当然...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■「質問」というものは、  仕事のコミュニケーションにおいて  非常に重要なものです。  「質問」とは、  相手に考えさせること。  そして、「質問」とは、  相手の意見を聞くことなのです。 ・どういう質問をするか、そして、こちらの話に   ど...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■「わくわく」仕事をしましょう!  という本です。  読んでいると  自分も「わくわく」してくる  不思議な本でした。  著者の「わくわく」が  伝わってくるのでしょうか? ・「わくわく感」とは、アイラブ自分の仕事!・・・  自分の仕事が好きだ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■ホステスとは会話のプロです。  会話をするだけで、  一時間に数千円を稼ぐのです。  その会話のテクニックを  わかりやすく解説してくれるのが  この一冊。 ・一緒にハモるポイントをつくりながら会話を進めます。  さしあたりのない話題をこちら...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■世の中には数多くの  プロジェクトマネジメント本がありますが、  最も実践的な一冊。  なぜならベテラン親方のやり方を  集大成しているからです。  最初は目的の共有から入ります。  そのために関係者に集まってもらって、   「目的はなんです...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む