★5一流に学ぶの最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


(私の評価:★★★★★)90点 ●世紀の大発明とされる青色ダイオードを作った中村修二さんの自叙伝です。  会社では上司から邪魔される。  留学しては論文を書いていないので相手にされない。  すごい壁を突破して青色ダイオードが開発されたことがわかります。 ●この本を読んで、大きな成功を達成する人の共通点を見つけました。  それはまず、とんでもない非常識な目標...
続きを読む
あしたの発想学―いかにして痛くない注射針はできたのか!?posted with amazlet at 10.08.22岡野 雅行 リヨン社 売り上げランキング: 403695Amazon.co.jp で詳細を見る (評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)93点 ●金型とプレスで「世界一の職人」と言われる岡野さんの本です。  私が★★★★★を...
続きを読む
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)92点 ●初めのうちは、  邱永漢と同じことを言っているな、  本田宗一郎と同じだな、  神田昌典と同じだな、と  苦労を極めた人は同じだな、  と思って読んでいったのですが、  どんどん読むうちに引き込まれていきました。 ●そして最後には心がしびれたように、  コタツに正座をして読んでいました。 ...
続きを読む
(私の評価:★★★★★絶対に買うべし)93点 ●恐るべき知恵。  これこそ生きた知恵と言うのでしょう。  そこには、自分で汗を流し、血を流し、  体験した迫力があります。  今後も早坂氏の著作を全て手配して  「オヤジの知恵」をフォローします。 ■この本で私が共感したところは次のとおりです。 ・人生は些細なことの連続である・・・  事を為すには、まず敵を減...
続きを読む
(私の評価:★★★★★)91点 彼女には、「おまえは一番になれる。絶対になれる。 世界一になれる」と、毎日のようにいいつづけた。 彼女の姿に何か光るものが見えたのだ。 ●「君ならできる!」と言ってくれる人がいると、うれしいものです。  本来、それは親であったり、先生であったりするのでしょうが、  現実には反対のことをする人もいます。  そのような場合には、...
続きを読む
(私の評価:★★★★★)93点 「あいつは変わり者だ」と言われようが何を言われようが、 今、自分を信じて人と違うことをやっておけばいいんだよ。 歴史というものはいつもそう。十年、二十年経ってみてはじめて、 「あいつの言っていたことは正しかったな」とわかる。 ●仕事には二つあります。  言われてやる仕事と、  自分で考えた仕事です。 ●上司から言われてやる仕...
続きを読む
「原理原則を教えてもらう師をもつこと」 「直言してくれる側近をもつこと」 「よき幕賓をもつこと」 現代の帝王学 ●これらは、伊藤さんが考える  帝王学の三つの柱です。  いずれも、人との出会いに  関係しています。 ●多くの箴言と、具体的なエピソードを織り交ぜ、  結局は人間、人との出会いが大切なのだと  教えてくれる一冊です。 現代の帝王学posted ...
続きを読む
1 2 3 4 5

>月別(2002年7月~)