★5一流に学ぶの最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(92点) ■北海道で生キャラメルを売りまくっている  タレント田中義剛さんの一冊です。  義剛さんは、30代でタレントとして  それなりに成功していましたが、  浮き沈みの激しい芸能活動に危機感を持っていました。  遊びほうける生活の中で、  これは自分の求めている生活ではない、  と感じていたのです。 ■そして、35歳のときに  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■私の書評ブログ内を「幻冬舎」で検索してみました。  こうして検索結果を見てみると幻冬舎の本は、  迫力があり、中身の濃いものが多い。  当然★も多く、すごいことだと思います。 ■本書は、角川書店を飛び出し、幻冬舎を作り上げた  見城さんの自叙伝になっています。  どうやって尾崎豊、石原慎太郎、坂本龍一、松任谷由美、村上龍...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■この「ブランド人になれ!」は、  メルマガを発行する前から読んでいた一冊でしたが、  まだ、ご紹介していなかったことが判明し、  急遽、ご紹介することにしました。  当時の私は普通のサラリーマンであり、  何かを探していたような気がするのです。  そうしたとき、この本を読んで衝撃を受けたことを  再読して思い出しました。...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■私は、「カリオストロの城」「風の谷のナウシカ」  「もののけ姫」「天空の城ラピュタ」が大好きです。  つまり、宮崎駿の作品が大好き。  宮崎駿は、本当に天才だと思います。 ■この本では、  ジブリでの映画作りの現場のドタバタ、  人間模様、組織のしがらみなどが、  プロデューサーである著者の視点から語られます。  製作に...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■やや地味ながら、  サッカー日本代表で光っているのは、  著者の中村 俊輔選手です。  この本を読んで、「一流の人には、  一流である理由があるのだな」と思いました。 ■中村選手は、技術的に高いものを持ちながらも、  身体的に劣る部分があり、小さいときから  必ずしも順調に選抜されているわけではありません。  だから、そ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■福島正伸さんの研修を  2日間受けたことがあります。  私の感想は、福島さんは日本でも数少ない、  講演で感動のあまり泣かせてくれる人の  一人だということです。 ■この本では、福島さんが講演会で話している  泣かせる三つの話が紹介されています。  「つまらない仕事はない。   つまらない人がいるだけだ。」  とよく言わ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■イエローハット創業者の鍵山さんと、  寒天製造の伊那食品の塚越さんとの対談です。  イエローハットは売り上げ800億円企業、  伊那食品は売り上げ150億円企業となっています。 ■お二人の対談を聞いていて感じるのは、  経営には、( 王道 )があるということです。  ここで言う( 王道 )とは、  会社を社会の役に立つ組...
続きを読む
【私の評価】★★★★★96点) ■農協という組織は問題が多いと思っていましたが、  そんな農協にもアホがいることをこの本で知りました。  では、どんなアホなのでしょうか? ■著者は、共済や保険はいらないと断言して、  農製品を売ることのほうが大切だと主張します。  朝から晩まで、全国を製品の営業に走り回り、  給料を商品開発のためにすべて使ってしまいます。...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■銀座に「MORI BAR」という店があります。  オーナーは天才と呼ばれる毛利 隆雄さん。  毛利さんのステアで作られるマティーニは  日本一美味いらしいのです。  このお店が作るのは、  カクテルだけではありません。  お客様一人ひとりを大切にするという接客を、  店の味にして、人を集めているのです。  ・お客様の心の...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ●2003年、サッカーJリーグの  ジェフユナイテッド市原の監督として  イビツァ・オシムが就任しました。  そして就任してすぐにオシムは、  激烈なまでに走りを重点にした  練習メニューを選手に課しました。  それまで、ソフトな監督に率いられていた選手には  不満がたまっていきます。  ・意図は分かる。監督の意図は分かる...
続きを読む
【私の評価】 ★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう(93点) ●ニコン・エシロールの復活は、何かの雑誌で読んだことがあり、  その秘密が書いてあるのでは?  と、この一冊を手にしました。  著者は、ニコン・エシロール赤字だった同社を  1年目で黒字転換、  2年目に無借金経営とした長谷川 和廣さんです。 ●その秘訣を推察してみると、  目標設定、...
続きを読む
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)(93点) ●PHP研究所の秘書から経営者となるまでの22年間、  著者は松下幸之助のもとで働いてきました。  その22年間は、朝4時に松下から電話がかかってくる。  夜中に電話がかかってきていま、すぐ来いと言う。  土曜日曜もなく、夜はしばしば松下幸之助と食事を共にし、  10時、11時まで過ご...
続きを読む
35歳から仕事で大切にしたいこと―これからさき、成長していくためにposted with amazlet on 05.12.05村井 勉 あさ出版 (2005/03)売り上げランキング: 9,833おすすめ度の平均: 人間万事塞翁が馬!Amazon.co.jp で続きを読む (私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)91点 ●名経営者とし...
続きを読む
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)95点 ●斉須さんに惚れてしまいました。  「なりたい自分になって帰ってきてやるから」  という覚悟だけでフランスにわたり、  言葉は通じない、シャワーがない、寝る時間がない状態から  力を蓄えていきます。 ●フランスの修行時代を読んでいると、  その場に自分が立っているようで  一緒に涙を流したり...
続きを読む
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)95点 ●この本は昨日の夜、手にしてから、  私らしくもなく睡眠時間を減らして読んだ本です。  なぜなら、  「早くみなさんにお伝えしたい!」  と思ったからです。  横になっても、  少し興奮して考えていました。  「すごい日本人がいるものだ、   どうやって、みなさんに伝えよう、   どうすれば...
続きを読む
1 2 3 4 5

>月別(2002年7月~)