★5一流に学ぶの最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


松下幸之助の哲学 (PHP文庫)posted with amazlet at 11.06.18松下 幸之助 PHP研究所 売り上げランキング: 59420Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(90点) ■1948年から1952年にかけて  松下幸之助が書...
続きを読む
突破者―戦後史の陰を駆け抜けた五十年posted with amazlet at 11.04.29宮崎 学 南風社 売り上げランキング: 51273Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(90点) ■京都でヤクザの息子として育ち、  早稲田大学ではマルクス...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■「ミシュランガイド東京」で三つ星となった  日本料理店「小十」のオーナー奥田さんの一冊です。  奥田さんの人生は、  やっぱり一生懸命。  できなければ、できるまで練習する。  怒られれば、怒られないようにする。  分からなければ、調べる。 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■「人生はドラマだ」という人がいますが、  大根田さんの人生はそのとおりだと  思いました。  中卒組立工から海外駐在。  営業マンとして独立し、  最後には会社を経営するまでになります。  その途中は、順調という言葉は  ほとんどありません。...
続きを読む
一歩を越える勇気posted with amazlet at 10.03.26栗城史多 サンマーク出版 売り上げランキング: 567Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(90点) ■一度、アホ会で講演を聞いたことのある  世界一のアホ・アルピニスト栗城さ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■楽天をここまで引っ張り上げた野村監督は、  やはり、ただのボヤキおやじではありませんでした。  「根拠をもって野球をしろ」  そうした考えが、一本通っている一冊でした。 ・私は次の3つのポイントをもとに実践指導をしている。  「ツボ」「コツ」...
続きを読む
自己プロデュース力posted with amazlet at 10.01.04島田 紳助 ワニブックス 売り上げランキング: 151Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(92点) ■この本は島田 紳助が、吉本総合芸能学院(NSC)で  漫才師の卵に、芸...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ■ この本の冒頭には、  「指導者には燃えるような情熱が必要である」  と書いてあります。  そして、この本を読んでいるうちに、  涙が出てきます。  しかし、それは悲しくて涙が出るのではありません。  その燃えるような情熱に泣けてくるのです。...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■木村さんは、家族が農薬で体を壊したことを  きっかけとして、リンゴの無農薬栽培に  挑戦しました。  その代償は、9年間無収穫というものでした。   ・私のような栽培を来年からすぐというと、    それはやはり難しい。・・・    田んぼは三...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■青森県に20年前からリンゴの無農薬栽培に挑戦した  木村秋則さんという人がいます。  木村さんは、本屋さんで出会った一冊の本から、  無農薬栽培の可能性を知り、  自分のリンゴ畑で実験を始めました。 ■しかし、農薬を使わなければ、  病気が蔓...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■車でこのCDを聞いていました。  やはり、原田先生はすごい。  このCDを繰り返し、聞いています。  やはり成果を出している人は、  ツボを抑えていると思います。   ・これが方程式です。1番目はイメージ、    2番目がすさみ除去。すさみ除...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■北海道で生キャラメルを売りまくっている  タレント田中義剛さんの一冊です。  義剛さんは、30代でタレントとして  それなりに成功していましたが、  浮き沈みの激しい芸能活動に危機感を持っていました。  遊びほうける生活の中で、  これは自分...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■私の書評ブログ内を「幻冬舎」で検索してみました。  こうして検索結果を見てみると幻冬舎の本は、  迫力があり、中身の濃いものが多い。  当然★も多く、すごいことだと思います。 ■本書は、角川書店を飛び出し、幻冬舎を作り上げた  見城さんの自叙...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■この「ブランド人になれ!」は、  メルマガを発行する前から読んでいた一冊でしたが、  まだ、ご紹介していなかったことが判明し、  急遽、ご紹介することにしました。  当時の私は普通のサラリーマンであり、  何かを探していたような気がするのです...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■私は、「カリオストロの城」「風の谷のナウシカ」  「もののけ姫」「天空の城ラピュタ」が大好きです。  つまり、宮崎駿の作品が大好き。  宮崎駿は、本当に天才だと思います。 ■この本では、  ジブリでの映画作りの現場のドタバタ、  人間模様、組...
続きを読む
1 2 3 4 5
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む