無料メルマガ購読

★5人間・心理学の最近の書評

【私の評価】★★★★★(91点)■「自分さがし」とは、 自分の記憶をたどる旅です。 過去には良い思い出も、 悪い思い出もあるでしょう。 絶対許せない! という経験があるかもしれません。 でも、物事には良い面と 悪い面があるんだよ。 悪いと思っていた思い出に、 良いことに変換してみないかい? と一人さんは語りかけるのです。・過去に、い...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■世の中には、不思議なことに、 同じ失敗をしても、自分を責める人と、 他人に責任をなすりつける人がいます。 この本は、自分を責める人のための本です。 こうした人は、自分の感情を あまり出さない傾向があります。 なぜなら、感情を出しては、 相手に悪いと思っているからです。・皆に好かれよう、皆に評価されようとす...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)■著者は、心理カウンセラーです。 最初は「手相家」として、 「大丈夫ですよ、長生きの相が出ています」 などとアドバイスしていました。 しかし、手相だけでは 悩める人を助けることに限界があります。 そこで著者は、心理学を使って、 悩みの原因を整理し、 一歩踏み出す手助けをはじめたのです。・選択肢がその人の本...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)■ドイツ情報局員が明かす情報提供者の スカウト方法です。 実際に情報提供者との接触から獲得まで 実例を通じて学んでいきます。 まず、驚いたのは、 スカウトは脅しではなく、 信頼から始まるということ。 情報提供者は、 自らの意志で情報を提供するように 情報機関によって導かれるのです。・親密感や信頼は意識的...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■「話し方」で人間関係が変わる、 という一冊です。 ちょっとしたひと言。 ちょっとした物のいい方。 そんなところから 心のすれ違いが 増幅する場合があるようです。・心のすれ違いは、 言葉のすれ違いから始まる(p1)■身近な人こそ、 最後まで話を聞いてあげる。 「そうだよね、わかるよ」と 言ってあげる...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点)■「人を動かす CD版」は車の中で 何回も聞いています。 書籍はというと、 みなさんにプレゼントしてしまって 手元にないので、 再読用として購入しました。 子どもが自宅の本棚から、 いずれ手に取って もらえればいいと思っています。・人を裁くな・・ 人の裁きを受けるのがいやなら リンカーン(p21)■...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■だいたい会社に入ると、 普通の人ならば、会社に貢献したい、 評価されたいと思って 成果を求めて仕事すると思います。 そして役職が上がっていくと、 役員、部長クラスくらいで、 一つの壁が出てくる。 これを日本では、 「器」と表現しています。 つまり、人間性ですね。 一般的には、 組織の上にいくにつれ、...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)■日本では、毎年3万人の人が 自殺でなくなっています。 一方、東日本大震災の死者は1.5万人、 行方不明者は4000人、 合計2万人くらい。 毎年、震災が起きている ようなものなのです。 著者は精神科医として、 この自殺者を減らしたいと この本を書きました。・「苦しい」は、成長している瞬間です。(p59...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点)■前作のユダヤの教えは、 幸せにお金持ちになるための教えでしたが、 今回は、成功しようとする人にとっての 落とし穴である人間関係に 焦点を当てた一冊になっています。 お金持ちになったけど、 自分は幸せなんだろうか、 ということがないようにするために、 8日間のワークショップを 仮想体験することができます。...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■世の中は、一人では生きていけません。 自分一人ではできないから、 人に動いてもらわなくてはならない。 そうしたときに必要となるのが、 論理と話し方です。 もし、すべてが論理で決まるなら、 話し方はそれほど重要ではありません。 しかし、世の中には 論理に反したことでも やってもらいたいことが あるもので...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■岡山へ向かう新幹線の中で、 号泣してしまいました。 一家離散、暴走族、 そして交通事故で車いす生活。 激痛の後遺症と無気力で自殺志願。 そうした著者が、 自殺をしようと海に行こうとすると、 笑顔で人から助けてもらっている自分がいる。 それでも自殺しようと考えていた著者は、 平準司さんのグループセラピーと...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)■人が生きていくうえでもっとも大切なことは、 自分の思いに気付き、 それを表現していくことではないでしょうか。 この本では、ハイブロー武蔵さんが、 自分の思いの気づき方から 表現の方法まで教えてくれます。・すべての人間関係は、まず自分の思いを 伝えることからはじまるのです(p10)■まず、自分の思いを知るこ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■これは、残念ながら★5つ以外には 考えられませんでした。 なぜなら、私の40年の経験からも 女性とお付き合いするうえでの考え方として、 全く同じ結論が導き出されているからです。■まず、できるだけ多くの人と 出会うことが大切です。 投資事業と同じように、 調べてみなければその事業の内容がわからないように、...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■お母さん向けの本で、 この本ほど温かく包み込んでくれるような 感覚になった本ははじめてでした。 ドイツ式の子育てを易しく教えてくれる一冊です。■まず、多くの子育てをしているお母さんは、 夫が会社で働いているために、 一人家事をこなしながら、 子育てをしなくてはなりません。 これは非常に大変なことであり、...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■多くの本を読んできましたが、 この本はもっと若いとき、できれば学生時代に 読みたかったと思いました。 これこそ、本当に使える心理学と いえるものでしょう。  ・あるがままの自分を受け入れて   喜んで生きているというのが、   最高にハッピーになる条件だと思う。(p21)■人間関係で悩むのは、自分にも意志...

続きを読む
1 2 3 4

>月別(2002年7月~)