★5人間・心理学の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(91点) ■世の中には、不思議なことに、  同じ失敗をしても、自分を責める人と、  他人に責任をなすりつける人がいます。  この本は、自分を責める人のための本です。  こうした人は、自分の感情を  あまり出さない傾向があります。  なぜなら、感情を出して...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■著者は、心理カウンセラーです。  最初は「手相家」として、  「大丈夫ですよ、長生きの相が出ています」  などとアドバイスしていました。  しかし、手相だけでは  悩める人を助けることに限界があります。  そこで著者は、心理学を使って、  悩...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■ドイツ情報局員が明かす情報提供者の  スカウト方法です。  実際に情報提供者との接触から獲得まで  実例を通じて学んでいきます。  まず、驚いたのは、  スカウトは脅しではなく、  信頼から始まるということ。  情報提供者は、  自らの意志で...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■「話し方」で人間関係が変わる、  という一冊です。  ちょっとしたひと言。  ちょっとした物のいい方。  そんなところから  心のすれ違いが  増幅する場合があるようです。 ・心のすれ違いは、  言葉のすれ違いから始まる(p1) ■身近な人こ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ■「人を動かす CD版」は車の中で  何回も聞いています。  書籍はというと、  みなさんにプレゼントしてしまって  手元にないので、  再読用として購入しました。  子どもが自宅の本棚から、  いずれ手に取って  もらえればいいと思っています...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■だいたい会社に入ると、  普通の人ならば、会社に貢献したい、  評価されたいと思って  成果を求めて仕事すると思います。  そして役職が上がっていくと、  役員、部長クラスくらいで、  一つの壁が出てくる。  これを日本では、  「器」と表現...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■日本では、毎年3万人の人が  自殺でなくなっています。  一方、東日本大震災の死者は1.5万人、  行方不明者は4000人、  合計2万人くらい。  毎年、震災が起きている  ようなものなのです。  著者は精神科医として、  この自殺者を減ら...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■前作のユダヤの教えは、  幸せにお金持ちになるための教えでしたが、  今回は、成功しようとする人にとっての  落とし穴である人間関係に  焦点を当てた一冊になっています。  お金持ちになったけど、  自分は幸せなんだろうか、  ということがな...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■世の中は、一人では生きていけません。  自分一人ではできないから、  人に動いてもらわなくてはならない。  そうしたときに必要となるのが、  論理と話し方です。  もし、すべてが論理で決まるなら、  話し方はそれほど重要ではありません。  し...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■岡山へ向かう新幹線の中で、  号泣してしまいました。  一家離散、暴走族、  そして交通事故で車いす生活。  激痛の後遺症と無気力で自殺志願。  そうした著者が、  自殺をしようと海に行こうとすると、  笑顔で人から助けてもらっている自分がい...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■人が生きていくうえでもっとも大切なことは、  自分の思いに気付き、  それを表現していくことではないでしょうか。  この本では、ハイブロー武蔵さんが、  自分の思いの気づき方から  表現の方法まで教えてくれます。 ・すべての人間関係は、まず自...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■これは、残念ながら★5つ以外には  考えられませんでした。  なぜなら、私の40年の経験からも  女性とお付き合いするうえでの考え方として、  全く同じ結論が導き出されているからです。 ■まず、できるだけ多くの人と  出会うことが大切です。 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■お母さん向けの本で、  この本ほど温かく包み込んでくれるような  感覚になった本ははじめてでした。  ドイツ式の子育てを易しく教えてくれる一冊です。 ■まず、多くの子育てをしているお母さんは、  夫が会社で働いているために、  一人家事をこな...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■多くの本を読んできましたが、  この本はもっと若いとき、できれば学生時代に  読みたかったと思いました。  これこそ、本当に使える心理学と  いえるものでしょう。   ・あるがままの自分を受け入れて    喜んで生きているというのが、    ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■人生は交渉の連続です。  学校でも、職場でも、家庭でも、  いかに相手に気持ちよく、  自分の思うとおりに動いてもらうかは、  人生で最も大切な技術であるといって良いでしょう。   ・子供が全然勉強しないので、勉強をさせたい。    ただ「勉...
続きを読む
1 2 3 4
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む