★5販売とサービスの最近の書評

【私の評価】★★★★★(96点)■手書きチラシで稼いでいる人が、 何度も何度も読み返したということで 購入した一冊です。 実は神田昌典さんも 何度も何度も読み返したとのこと。■基本となっているのは、 実験、実験、そして実験です。 いくらプロのコピーライターでも 実際に商品が売れたかどうかのデータには かなわないということなのでしょう。...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点)■ソニー生命のフルコミッション営業で 月収1600円から1700万円超を経験した 大坪さんの一冊です。 ポイントは大量行動を起こさせる 仕組み作りでした。■まず、はじめは弱者の戦略として 局地戦でシェア・ナンバーワンを目指します。 ランチェスター戦略ですね。 そして、大量行動の仕組みとして 一日を4分割し...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点)■一日一冊の殿堂入り作家である神田昌典さんの 「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」が 「本ナビ」に登録されていないことが判明したため、 急遽、ご紹介します。■この本は、あらゆる商売において、 どうやって売っていくのか ブレーンストーミング(戦略発想)するための一冊です。 商品、顧客、競合、収益、タイミン...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■米国のマーケッティングの第一人者、ダン・ケネディは、 「実験を繰り返すことによって天才になれる」と 言っています。 同じように著者の杉村さんは、ダイレクトメールで ひたすら実験を繰り返し、 なんと住宅ローンを900億円契約したという人です! (一人900万円とすれば1万人です)■ダイレクトメールは勝手に送り...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)■最初、この人はアホなのかな、と思ったら 本当にアホでした。 ユダヤ人に下手な英語で営業をかける、 華僑の大物に下手な広東語で売り込みをかける。 ブロンド女性からアホよばわりされたこともあるそうです。■しかし、著者は本当にアホになって 相手があきれるくらい通って、 拝み倒すと仕事が取れたといいます。 そして...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■健康食品販売で有名な「やずや」が行っている 顧客リストの使い方を説明してくれる一冊です。■通常、ダイレクトメールなどの顧客分析では、 「離脱期間」「累積利用金額」「利用回数」などで 顧客を分類しているようです。 しかし、この方法で顧客を分類した場合、 過去にたくさん購入したのに、「最近買っていない人」、 よ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(97点)■久しぶりの「衝撃の一冊」でした。 アパレルショップの店長 佐々木ユーコが、 謎の販売指導のコンサルタントとの出会いで 成長していく物語です。 コンサルタント(著者)の指導がうまいこともありますが、 あまりに実際にありそうで、吸い込まれるように読んでいました。 (実話なので当たり前か・・・)■佐々木ユーコの職...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■ディズニーランドには、数多くの感動の物語が 語り継がれています。 ディズニーランドものは幾つも読んできましたが、 この本が一番泣ける本でした。■ディズニーランドは、テーマパークという業態ですが、 これだけの集客力と伝説を考えると、 一種の文化、遺産ともいえるものに なっていると思います。 つまり、社会にと...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■この本は、物語からはじまります。 ある兄弟が父親から店を引き継いたのですが、 売り上げは低迷。 料理、雰囲気、接客は、 何も変わっていないのに・・・。 ところが、弟がある売り方をしてから 店の売り上げは徐々に上がりはじめました。 さて、その売り方とは 何でしょうか?■その答えは、顧客に定期的に送る ダ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■著者が、飲食店のコンサルティングで 最初に行ったのは、 悪い点をリストアップして指摘することでした。 「改善すべき点はコレコレ・・・」 ところが、最初は効果が出ていましたが、 だんだんと効果はなくなっていきました。 契約も打ち切られました。  ・自分の部下のことを決して悪く言ったりしてはいけないよ・・・ ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■著者は、ソニー生命のライフプランナーです。 「1年の契約目標を1日で達成」と書くと驚きますが、 実際には、そうした顧客との信頼関係構築のための 指南書となっています。  ・私がお客さまに求める判断は   「プランや商品が良いか悪いか」ではなく   「私を信じるか信じないか」(p30)■まず、著者は、新人営業...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■経営コンサルタントが、小さな気づきを集積した一冊です。 私が気に入ったところは、キャッチフレーズ集です。 ちょっとしたキャッチコピーの事例集なのですが、 これだけ集めれば、 一つくらい参考になるものがあるはずです。  ・客を「ハッ」と振り向かせる数字のうまい使い方・・・   年に1回実家に帰り、親が70代なら...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)●接客を学ぶための 決定版ともいえる一冊です。 そのポイントは、 「達人に学ぶ」ということです。 ・困っていた人達は、  不思議と商売上手な人になった。(p5)●「達人に学べ」というだけあって、 内容のほとんどは達人のコトバであふれています。 達人のコトバは、抽象的なのですが、 心に届くんですね。 ・...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)●1991年アメリカのセブン・イレブン (サウスランド社)が経営破たんし、 セブン・イレブン・ジャパンが同社を買収しました。 マスコミは「危険すぎる」「再建できたら奇跡」と評しましたが、 セブン・イレブン・ジャパンの社員の多くは、 サウスランド社の暴落した株を買っていました。●その後、アメリカのセブン・イレブン...

続きを読む
ダントツ飲食店の繁盛ノート"style="border:none;"/>【私の評価】★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう(91点)●どんな商売でもそうでしょうが、その会社が発展していくためには、 そこで働く人たちがつねにイキイキと効率的に仕事を しているということが大事だと思います。 実際に良いお店に行けば、店員は大きな声でハキハキ...

続きを読む
1 2 3 4

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)