★5経営のコツの最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


 ・一つの意思決定もおろそかにするな・・・   意思決定は基本方針と見なされ、その意思決定は他のすべての   同じような状況に適用されていく可能性があることを、   常に銘記しておかなくてはならない。 ▼引用は、この本からです。 「パーキンソンのビジネス金言集129」 C・パーキンソン、M・ルストムジ、三笠書房(1998/01)¥520 【私の評価】★★★★...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ●松下幸之助のエピソードを集めた一冊です。  松下幸之助がいかにして人を育てたのか、  エピソードを通してよくわかる至宝の一冊になっています。 ●松下幸之助は、「経営のコツを悟れば百万両や」と言っています。  では、経営のコツとはなんでしょうか。  私は数多くの松下幸之助の本を読んできましたが、  経営のコツはこれや、と明...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ●テレビでよく見かける島田 紳助さんが、  飲食店ビジネスも手がけているのは  初めて知りました。  しかし、これが儲かっているという。 ●島田 紳助さんがビジネスをやる理由は、  自分の能力を確かめるためだそうです。  漫才で十分な富は得ていますので、  自分は有能であるということを証明したいのです。  人間は、どこまで...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ●サラリーマン生活をしていると、よほど自覚しないと  ( 経営 )というものを考える機会は少ないものです。  また、宮仕えの特性として危機感も少なく、  前からの仕事を継続していくことを考えるものです。  ・会社の危機と社員の危機感は必ずしも相関しない。   むしろ業績の悪い会社ほどたるんだ雰囲気であることが多い。   ・...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ●20歳で年収の10倍以上の借金を背負った  井原 隆一氏は、金なし、学歴なし、銀行の収入では  利子も払えないという状況に陥ります。  そのような状況でありながら、  井原 隆一氏は、自分の生涯を次のように設計しました。  ・私は二十歳のときに生涯設計として、   二十歳代は法律の勉強   三十歳代は宗教、哲学、歴史の勉...
続きを読む
【私の評価】★★★★★90点 ●稲盛経営の一つの大きな柱といえば、  アメーバ経営でしょう。  会社を小さな組織に分割し、  それぞれの組織(アメーバ)を  一つの会社のように取り扱います。  ・中小企業がどんぶり勘定のままで大きくなれば   管理不可能となり潰れるとよく言われるが、   当時の会社は、すでにその状態に近づいていた(p28) ●社外のみなら...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ●24歳から上司として部下の育成に取り組み、  数多くの失敗、成功を体験した著者のノウハウは、  とにかく具体的であるのが本書の特徴です。  ・私の危機管理はいつも「イエローライン戦略」です。・・・   来月の目標や戦略を立てるときに、   「来月この時点で、ここまで到達できていなければ、黄色信号」   というラインを決め...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ●松下幸之助の本を読むと、  次のような不思議な感覚を覚えます。  優しい言葉遣いなのに、厳しい。  何度読んでも、あきない。  どこを読んでも、学びがある。 ●こうした感覚を覚えるのは、  書かれた内容がすべて松下幸之助自身の体験に  裏打ちされたものばかりであるからでしょう。  体が弱く自らが動いて商売ができないハンデ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう(94点) ●十四年間、松下幸之助とともに松下政経塾で仕事をしてきた  上甲 晃氏が「松下幸之助に学ぶ 経営者・幹部の経営心得」  とのテーマで講演した内容をまとめた一冊です。  松下幸之助のエピソードが圧巻で、電車の中で読み始め、  そのまま自宅まで、歩きながら読みきりました。  私はリュックサッ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう(94点) ●1994年、出路 雅明は、  ワゴン車を改造し古着屋をはじめました。  事業は順調で、増収増益を繰り返し、  2001年には売上35億円を達成します。  しかし、その当時、実際には現状に満足し、  マンネリに陥っていたと出路は告白します。  ・「燃え尽きる!」というのは、どういうことか...
続きを読む
【私の評価】 ★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう(92点) ●日本の製造業は、円高の進行、海外市場の拡大に伴い、  海外に工場や販売会社を設立しています。  それに伴って好むと好まざるとにかかわらず、  外国人と仕事をする機会が増えているようです。 ●著者の勤めた【コマツ】は、海外での売上げが約三分の二、  世界市場で15%のシェアを持つ  グ...
続きを読む
【私の評価】 ★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう(93点) ●本日は、私の目を覚ましてくれた一冊です。 ●松下政経塾といえば、多くの政治家、実業家を生み出している  ブランドともいえる私塾ですが、初期の運営では  とてつもない問題ばかりだったようです。 ●昭和五十五年に松下政経塾を開塾したとき、  九百名もの応募者があり、そのなかから二十三名が...
続きを読む
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)(94点) ●まず第一に「儲かる仕組みを作りなさい」  というのが著者の主張です。  他社の事例を分析しなさい、  体験してみなさい、  事実を直視しなさい、  商品の選択がポイントなど  アドバイスしてくれますが、  「儲かる仕組みを作りなさい」ということこそ、  体系化しにくく、伝えにくいポイ...
続きを読む
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう) (90点) ●古代ローマ時代の映画を見ていて、  その戦闘シーンに  釘付けになったことがあります。  敵と向き合い、遠距離では投石器などにより攻撃。  敵が近づいてくると弓矢により攻撃する。  相手の弓矢は盾で防御。  そして前線の歩兵は押し寄せる敵を盾で押し止め、  迂回した騎馬兵が背後から...
続きを読む
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)92点 ●経営コンサルタントの和仁さんが、東京ディズニーランドを企画した  堀 貞一郎さんのノウハウを集大成した一冊です。 ●堀さんがどのような人かは、実績をあげてみるのがいいでしょう。  「明るいナショナル」の松下のCM  「僕の名前やヤンボー」のヤンマーのCM  11PMプロデューサー  大阪...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7

>月別(2002年7月~)