★5経営のコツの最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(93点) ■君主論といえば、著者は  中世イタリア、フィレンツェ共和国の外交官  マキャベリです。  君主としてのあるべき姿を示した  この名著の内容は、  現代社会でも通用するものです。  小学生の主導権争いを分析しながら  君主論の本質を学びましょう...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■エコノミストの吉本さんが教えてくれる  価格の秘密です。  価格設定は、非常に重要です。  その価格設定で、  売上が大きく変わることも。  だからこそ、  身近にある商品の価格を  考えてみることが大事なのです。 ・「東京ディズニーリゾート...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■タイトルどおりJALを再生させた  「アメーバ経営」の基礎がわかる一冊です。  アメーバ経営は、  組織を小さなアメーバに分割し、  それぞれを一つの会社のようにリーダーが  経営するというもの。  そのため、アメーバ経営のポイントは、  フ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ■女性7割の職場を統括する小山さんの一冊です。  女性は男性と違います。  何を言うかより、誰が言うか。  まず日頃のコミュニケ―ションが  大事になります。 ・私は、毎日一時間使って、人をほめるネタ探しをします。  ・・・「いつも新人の面倒を...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(97点) ■接骨院やマッサージなどの治療院の  経営のコツです。  この業界は設備投資が小さく、  利益率も高いので、新規参入が増え、  競争が激しくなっています。  著者も最初は、貧乏な生活を送ったそうで、  治療技術が高ければ、  繁盛するというわけ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■歯科医院に特化したコンサルティングの  現場を小説形式で体験できる一冊です。  まず、最初にやることは、  スタッフとの信頼関係の構築です。  信頼関係なくして  組織を良くしていくことはできません。 ・簡単にできて、効果の高いものがある。 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■赤字38億円からV字回復した  松井社長からの報告です。  会社を変えるためには、  現場が変わらなければなりません。  現場を変えるための道具が、  マニュアルなのです。 ・MUJIGRAMも業務基準書も、  目的は「業務を標準化する」こと...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■組織を良くするためには、  今を変えていかなくてはなりません。  ただ、何かを変えようとすると、  大きな抵抗を受けます。  「なんで、こいつのために   こんなことをしなければならないのか」  ということです。  抵抗を避けるためには、チー...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■企業再生請負人である著者が、  「経営戦略の本を読んでも戦略は出てこない!」  と教えてくれる一冊です。  6社の社長を歴任し、  企業を再生してきた著者だから  戦略の本質がわかるのでしょう。 ・ヘンリー・ミンツバーグ  「分析からは何も生...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■ザ・ボディショップ社長、  スターバックス社長を歴任した  岩田さんの一冊です。  ザ・ボディショップでは、  売上を2倍にしました。  その方法は、  ザ・ボディショップのミッションである  人を大切にすること。(人権を尊重)  万引き防止...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■JAL再建に貢献した稲盛さんの一冊です。  稲盛さんの経営哲学を説明しながら、  個別の経営者の質問に答えているのが、  新鮮です。  単なる経営論ではない、  実戦のアドバイスに驚きました。 ・なぜ経営がうまくいっていないか。  それは、あ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■楽天イーグルスの本に「なべおさみ」がいる、  と思って手にした一冊です。  読んでみると、楽天イーグルスが、  赤字が当然の球団経営で、  どうして黒字になるのかがわかりました。  それは、球場の使用権が、  他の球団何十億円と支払っているの...
続きを読む
経済自由人にあなたもなれる 資産13億の私が明かす金銭的サクセスへの31カ条posted with amazlet at 12.10.08藤田 隆志 成甲書房 売り上げランキング: 156241Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(90点) ■33歳でD...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■より長期的、より広い視野で考える人が、  ビジネスでも成功するし、  組織でも出世することを教えてくれる一冊です。  確かに、自分のことしか見えない人は、  子どものよう。  相手のことばかり気にする人も、  弱弱しい。  相手も自分のことも...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■北海道の函館に近い森町に、  辣腕経営者が  町長としてやってきました。  それまでの森町は借金200億円、  財政調整基金(預金のようなもの)がゼロ。  どこの役場も同じだと思いますが、   サービス精神もゼロ。  毎年、毎年同じ仕事を  ...
続きを読む
1 2 3 4 5 6
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む