★5生き方の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)90点 ●10年以上続く会社は5%くらいだそうです。  つまり、95%は10年以内に  整理されてしまうわけです。  その95%の社長は債権者からの罵倒、  世間の冷たい目という苦しい経験から、  「自殺」という形で逃げ...
続きを読む
(評価:★★★★★)93点 ●binmei21さんからのご紹介で読んだ一冊ですが、  感動の一冊となりました。  bimei21さんのお勧めは  ハズレがないですね。  30個のダイヤモンドとは、  市川さんが自分の人生で学んだ  「幸せ」のための智恵。  これは本当にダイヤモ...
続きを読む
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)94点 ●私はマザー・テレサを知っていました。  貧乏な人に手をさしのべる人。  ノーベル平和賞を受賞した人。  愛を与える人。 ●しかし、本当に理解はしていなかったのです。  ・「あなたも、私たちと同じように、   望...
続きを読む
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)94点 ●物質を説明するとき、私たちは「分子」という概念を使います。  水は、水素と酸素が結合したものですね。  しかし、正確にはさらに小さな構造があるので  「分子」という概念はあくまでも分りやすく説明するための  道...
続きを読む
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)91点 ●基本的には独身男性のための本ですが、  仕事にも応用できるノウハウ満載の一冊でした。  独身男性が女性とお付き合いするためには、  まず見込み客、ではなく見込み女性と  出会うチャンスを増やすことが肝心です。 ...
続きを読む
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)93点 ●お盆が近い。  実家に帰ったら皆さん、両親に何を話しますか? ●先日、ある経営者の話を聞いていると、  親孝行週間という行事をしている、  という話があった。  その週には、親に対して    「○○歳まで育てて...
続きを読む
一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法posted with amazlet on 06.04.05熊谷正寿 かんき出版 (2004/03/24)売り上げランキング: 4,218おすすめ度の平均: バイブルサイズのシステム手帳の使い方 手帳持ちとして参...
続きを読む
(私の評価:★★★★★買うべし)94点 ●三回泣きました。  NHKの手話ニュースで顔は知っていた  丸山さんですが、  すごい体験をしている人です。 ●耳が聞こえず家族を失った少年、  少年院あがりの青年、  そういう人との出会いにぶつかっていく  著者の体験に泣けました。 ...
続きを読む
(評価:★★★★★何度も聞くべし)94点 ●私は斎藤一人さんの著作を、  ほとんど読んでいます。  それに、この本は、  立ち読みで読みきっていました。  でも、CDにつられて  購入してみました。 ●そしたら、このCDはいい!  あまり本を読まない妻もこのCDを聞いて  本を...
続きを読む
(評価:★★★★★買うべし)94点 もし、あなたが死を目前にして あと一本しか電話がかけられないとしたら、 誰にかけますか? どんな話をしますか? さあ、いますぐ、電話をかけてみてはどうですか? (ステファン・レヴィーン) ●黒澤明監督の「生きる」という映画があります。  この...
続きを読む
(私の評価:★★★★★)93点 生まれながらのワクワクを追求することこそ、 もっとも責任ある生き方であり、 人間として大切な行為なのです。 ●これまで、私たちは、  一生懸命することを求められてきました。  そして、それが当たり前だと思っていました。  スポーツ、勉強、仕事、社...
続きを読む
(評価:★★★★★買うべし)93点 ●「ソース」とは、  ワクワクする源泉のことです。  あなたをワクワクさせることが、  人生に充実感を持たせます。 ●今日、幸福でなければ、  明日、幸福になれません。  今、幸福になれなければ、  1時間後、幸福になれません。  今日こそ!...
続きを読む
(私の評価:★★★★★)94点 先に感謝してしまった者が勝つ。 感謝というのは、脳を「快」にし、 ツキを呼び込む究極のワザである。 ■西田さんは、イメージトレーニングで  多くのスポーツ選手を指導してきました。  その技術を経営者への  指導へ応用しています。  スポーツ選手に...
続きを読む
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう) 93点 ●久しぶりに泣きました。  オグ・マンディーノの作品の中では「十二番目の天使」の次に  泣けるストーリーではないでしょうか。 ●加えて、いつものオグ・マンディーノの作品のように  「成功の種子」という  毎日...
続きを読む
1 2 3 4 5

>月別(2002年7月~)