★5生き方の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(92点) ■先日、小林 正観さんが亡くなりました。  小林さんが本や講演会で伝えていたことは、  感謝、笑顔、掃除、ありがとう、です。  何があってもありがとう。  世の中には、問題はないのです。 ・相手を変えようとか、自分の目の前の現象を変えようとか ...
続きを読む
「懸命に生きる子どもたち」池間 哲郎 【私の評価】★★★★★(92点) ■「あなたの夢は何ですか。   私の夢は大人になるまで生きることです」と  ほぼ同じ内容。  NPOアジアチャイルドサポートで  子どもたちを支援している池間さんが  日本で講演している内容を本にしたもので...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■内容的には「断捨離」のように、  捨てる技術です。  その基準は、  心が「ときめく」かどうか。  そして、服、書籍、小物の順番で、  すべて一箇所に集めて  整理していきます。  非常にシンプルですね。 ・まず、家じゅうのすべての収納から自...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■患者の最後の苦痛を和らげる緩和医療医として、  数百人の死者を見てきた  大津さんと一緒に「死」を考える本です。  人生80年と言われるように、  日常にあまり「死」というものが  存在しない現代社会。  しかし、  いずれ人は死ぬものであり...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■三菱商事の宴会部長が、  ハーバードMBA留学でパンツを脱いだ。  こんな熱い話があるとは!  この本は、無口な田舎者の著者が、  米国留学、三菱商事入社、ハーバード留学と  歩みながら、だんだんと  パンツを脱いでいく物語です。  パンツを...
続きを読む
幸福力(しあわせりょく)[CD付き]posted with amazlet at 11.06.11斎藤一人 マキノ出版 売り上げランキング: 1435Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(90点) ■斎藤一人さんに聞く  幸せになるQ&Aです。  一人さ...
続きを読む
親が死ぬまでにしたい55のこと親孝行実行委員会 泰文堂 2010-04-15売り上げランキング : 2238Amazonで詳しく見る by G-Tools 【私の評価】★★★★★(91点) ■「孝行をしたい時分に親はなし」と言われますが、  実際にこの言葉を聞いても、  行動し...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■テレビドラマ化された  「夢をかなえるゾウ」の恋愛版です。  「夢をかなえるゾウ」のガネーシャは、  鹿児島弁の春男となり、  彼女いない暦20年の御手洗くんが、  女子との付き合い方を学んでいきます。  残念ながらコンパとナンパの技術を  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■自分のなりたいセルフ・イメージを作り、  UPS(自分独自の売り)を明確して、  自分ブランドを構築しよう!という一冊です。  私で言うと  「人生を変えるような本を、  一日一冊紹介する本のソムリエ」  といったことでしょうか。 ■中井さん...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■最近、ありがちなタイトルに  疑念を持ちながら読んでいきましたが、  大きく裏切られた一冊でした。  研究のためにマグロ船に乗り込むこととなった著者は、  人生で大切なものをもらったのです。 ■海という自然を相手に戦うマグロ船は、  マグロの...
続きを読む
豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転換posted with amazlet at 10.05.29イハレアカラ・ヒューレン 河合 政実 ソフトバンククリエイティブ 売り上げランキング: 936Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■田舎から東京に上京し、  一生懸命働き、家族を持ち、  マイホームを建てた祐介の物語です。  祐介の物語には、私を含め  多くの人が身につまされることでしょう。 ■多くのサラリーマンは、  自分の本当にやりたいことと、  仕事がぴったりと一致...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■農作業中に両手を切断した  大野さんの詩画集です。  多くの人が詩画集を出していますが、  これほど心に突き刺さる詩画集はないでしょう。 ■大野さんは、両手を切断するまで、  敷地に生える花に気づかなかったといいます。  目には見えていても、...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ■書店のお兄さんが、福の神にとり付かれ  試練を克服して成長いく物語です。  ポイントは、福の神は、  良いことばかり運んでくる  わけではないということ。 ■本を読む人は減ってきている。  近くに大型の書店ができる。  近くにコンビニができる...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■この本は、泣ける一冊でした。  妻と息子を失い人生に絶望した男が、  銃を手に死を決意します。  そのとき、彼は、偶然、野球を通じて  一生懸命生きるティモシー少年と  出会いました。 ■死んだ息子に似たティモシー少年は、  一生懸命にリトル...
続きを読む
1 2 3 4 5

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む