無料メルマガ購読

★5政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★★★(92点)■ヤクザの息子として生まれ、 学生時代は共産党活動家として活躍。 社会に入ると週刊誌記者や、 家業の解体屋であばれまくった 著者が世の中の見方を教えてくれる一冊です。・政治の動きを見るときは 「それで儲けるのは誰か」を 注視するのは政治ウォッチャーの初歩的原則である(p54)■共産党の活動家であり、 ヤク...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点)■元キャビンアテンダントの白駒さんが、 海外に出て気づいたのは、 日本という国家の素晴らしさです。 欧米の人は、バカンスのために働いている。 一方、日本人は自分のためでもありますが、  公のためにも働くのです。 そうした日本の良さを さらに確信させてくれるのが、 先人の残してくれた生き方です。 日本の歴史...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■歴史の使い方を教えてくれる一冊です。 堺屋さんは、万博をプロデュースしたことで 有名ですが、そのときは関ヶ原の戦いでの 石田光成を参考にしたようです。 まずは、コンセプトと大義名分が必要です。 万博なら国際化でしょうか。 そして、スポンサーを担ぐ必要があります。 万博では開催地の関西の大物を動かしたようです...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点)■国内農業保護政策を進める農水省に対し、 日本の農業は保護なしでやっていける。 むしろ、保護政策により、真面目な農家は 困っていると主張する一冊です。・長年、生産調整をさせられた挙げ句、 残った面積で昨年は資料米、来年からは米粉を 作らないといけなくなった。これでは 注文をもらっている業者へのコメが足りない。...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点)■「地獄への道は善意で舗装されている」と言われますが、 その人を助けようと思っていたのに、 結果は、逆にその人が不幸になってしまったという事例を ズバッと指摘する一冊です。■まず指摘するのは、 姉歯元建築士から大問題になった 耐震強度計算の擬装です。 姉歯の設計したマンションを取り壊したり、 耐震強度をちゃ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)■仕事で産業廃棄物の処理について勉強するために 産廃関係の本を8冊ほど購入。 今日届いた5冊を一気に読んでみましたが、 この本が一番でした。 表面的な事務や法律を解説した本とは全く異なり、 産廃業界におけるそれぞれの業者のポジション、 儲けるコツ、不正をしてしまう理由まで 裏の裏まで教えてくれるのです。■著...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■最近、高速道路のパーキングが 変化していることに気づきます。 まず、トイレがきれいになった。 そして、まずいラーメンがなくなった。 逆に、パーキング毎に人気メニューを PRするようになってきています。■私は、これは道路公団の民営化がもたらした 成果だと思っています。 そして、なんと現在、旧道路公団三社は...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■賃金コンサルタントが、公務員の賃金について分析した一冊です。 著者の分析の結果、わかったことは、 まず、公務員の退職金が異常に高いこと。  ・民間企業の従業員がもらった退職金   総額8兆2056億円÷2048千人=1人あたり401万円   公務員がもらった退職金   総額2兆8700億円÷223千人=1人あ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■現在、詐欺の名目で懲役3年の実刑判決を受け、 服役中の田中元検事の一冊です。 著者は、東京特捜部に在籍していた辣腕検事であり、 その検事を辞めた後、弁護士として裏社会の人々を 弁護してきました。■田中さんの生き方にはあまり賛同できませんが、 社会の裏と、政治家、企業家、高級官僚のつながりが、 この一冊を読む...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■小泉劇場、刺客、丸投げ・・・ 多くの名言を残した小泉元首相。 その秘書官から小泉政治の裏側を 解説した一冊です。■こうして読んでみると、 小泉改革の内容は、当たり前のことを 当たり前にするということであったと思います。 例えば、予算編成は財務省が行なうのではなく 首相の方針の下に編成されるのが当然でしょう...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点)■横森さんは、農家に生まれ、 若くしてアメリカで大規模農業の研修を受け、 その後しばらく電気部品を作っていた変わり者です。 ちょうどオイルショックで仕事が減ったのを機会に、 やりたかった農業を始めました。■昔ながらの、牛糞、稲わら、落ち葉の堆肥を使い、 木酢液、蠣殻(かきがら)、木炭などの資材を使って 「土づ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)●これは、本ではなく、論文です。 史実を調査し、日本の諜報の あるべき姿を提言しています。 著者は、日本における諜報組織の弱さを 過去にさかのぼって明らかにし、 現在の日本が取るべき対策を提示しています。 この本の内容こそが、 日本が諸外国に知られてはならない 最大の秘密ではないかと赤面しました。 ・情報...

続きを読む
【私の評価】★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう(91点)●私はこの本を読んで、 ドラえもんの場面をイメージしました。 のび太は、スネ夫とジャイアンにいじめられます。 「50年前、お前のおじいさんと親父に、  家族がいじめられたんだ  謝れ!金よこせ!謝り方がなってない!」 そこにドラえもんがやってきて、のび太に言うのです。 「...

続きを読む
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)90点●日本の良さ、日本人の特徴、 日本人の気質を、考古学の権威(故人) である著者が、教えてくれる一冊です。 ・村八分という文字の示すとおり、この断絶は、  "八分"であって・・・八分は断絶するが、  二分の交際は残すという意味なのだ。  その二分は"葬式"と"火事"である。 ...

続きを読む
(評価:★★★★★)91点●この世の中には完全なる正義、 完全なる悪というものはありません。 同じ事象も、ある立場からみれば正義、 ある立場から見れば悪という側面を持っています。●そうした視点で、一時期、新聞を騒がせた 鈴木宗男と田中眞紀子と外務省の戦い、 それから波及したようなムネオハウスがらみでの 鈴木宗男の逮捕を考えるためには、 逮...

続きを読む
1 2 3 4

>月別(2002年7月~)