★5国際関係の最近の書評

【私の評価】★★★★★(90点)■著者は、スパイとして採用され、 その後、コンサルティング会社で EHM(エコノミック・ヒットマン)となった人です。 EHM(エコノミック・ヒットマン)の使命は、 途上国に借金をさせて発電所や道路などを作らさせて、 その借金を利用して、その国を支配することです。 日本でもODA(政府開発援助)というものがありま...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■上海駐在、米国駐在を経験したコンサルタントの 中国人と米国人、そして日本人のビジネス文化を 説明してくれる一冊です。 実際に駐在された経験があることから、 実例が多く、わかりやすい一冊となっています。 ・三つのキャリア観   アメリカ人の「アップ・オア・アウト」   中国人の「リスク分散」   日本人の「...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)●米国で、国際政治アナリストとして活躍する伊藤さんの分析は 現実を直視しています。 その冷徹なロジックに、私は気持ちが悪くなってきました。 まず、アメリカにしろ、中国にしろ、ロシアにしろ、 過去から現代に至るまで、 国益を最優先としている事実があります。 憲法における「諸国民の公正と信義に信頼して・・・」という...

続きを読む
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)(92点)●神田昌典氏の「人生の旋律」※でその人生が紹介されていた 伝説の実業家 近藤藤太氏の著作です。※「人生の旋律」神田昌典氏⇒http://www.1bk.biz/jinsei.html●内容は、世界でも通用する人間関係のルール10なのですが、 近藤氏の体験談を通して楽しく、説...

続きを読む
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)(90点)●1990年、日本のバブル景気中に書かれた本ですが、 日本に学びにきた著者の悩み、 心の動きから、韓国文化だけではなく 日本の特有の文化を再認識させてくれる一冊です。●著者が伝えたいのは、 韓国における女性の立場の弱さです。 多くの韓国人女性が日本の夜の街で働いているのは、...

続きを読む
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)91点●著者は中国に留学し、 北京でひとりの大資産家と出会い、 ビジネスのコツを学びはじめます。 ・つまり、勝ち方はいろいろあるということなんだ。  しかし、だ。失敗には一定の法則がある。  それは問題を人のせいにする習慣だ。  私の友人でも商売に失敗した人は少なくないが、  彼ら...

続きを読む
(評価:★★★★★)93点●これだけ歴史の本や小説を読む私でも、 学校での歴史の授業は嫌いでした。 それは、歴史の授業といっても、 単に過去にあったことを暗記し、 年号を暗記するだけだったからです。 ・第二次大戦前、日本はアメリカの計画どおり、  徐々に追い詰められ、包囲され、  先制攻撃を行うように誘導されていきました(p215)●その...

続きを読む
(評価:★★★★★:買いましょう。素晴らしい本です。)92点●素晴らしい本です。 国を持たないユダヤ人の知恵には感服します。 ただし、価格が高い。 これでは、お金持ちか、本当にこの本の価値を知っている人しか 買わないのではないでしょうか。 読まなくては、その価値を知りえないのですから。●私の提案としては、この本を読むまえに、 以下の本を読ん...

続きを読む
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)94点●ユダヤ人は聖書やタルムードを学びます。 驚くのは、そこに成功法則と同じことが書かれていて、 今も改訂されているということです。 極端に考えれば、仏教の聖典に「商売心得帖」や「7つの習慣」の 内容が書いてあるようなものです。●これを宗教として一生学んでいくのですから、 ユダヤ人に...

続きを読む
ユダヤ商法postedwithamazleton06.01.31マーヴィン・トケイヤー加瀬英明日本経営合理化協会出版局(2000/09)売り上げランキング:171,316おすすめ度の平均:ユダヤを知るのではなく生き方を学ぶ。続きを読むユダヤ商法の「十戒」第1戒 正直であれ第2戒 好機をとらえろ第3戒 生涯にわたって学べ第4戒 ...

続きを読む
1 2 3

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)