「OUT OF AFRICA アフリカの奇跡 世界に誇れる日本人ビジネスマンの物語」佐藤芳之

| このエントリーをはてなブックマークに追加

OUT OF AFRICA アフリカの奇跡 世界に誇れる日本人ビジネスマンの物語

【私の評価】★★★★☆(83点)


■アフリカでマカダミアナッツの
 世界5本の指に入る会社を作った
 佐藤さんの一冊です。


 学生時代からアフリカに興味を持ち、
 留学、現地の日本企業で働き、
 仕事の基礎を学びました。


 32歳で独立(プータロー)し、
 アフリカで起業することに
 したのです。


・どうせ始めるなら、ひとつだけじゃなく、
 いくつかをいっぺんに始めて、
 どれが生き残るか見てみようと
 思いました(p92)


■鉛筆の製造のビジネスをしながら、
 著者はマカダミアナッツと
 出会います。


 これはビジネスになるんじゃないか、
 と閃き、動きだす。


 最終的には明治製菓から資金援助を受け、
 マカダミアナッツの製造が
 はじまったのです。


・ここにニーズがあるとパッと閃き、
 これはいけるかもしれないとピンときて、
 やってみたらうまくいったということです。
 フット・ファースト 
 まずは行動を起こすこと
 を身上にしていますから、それに従って
 ビジネス感覚で動いたのです(p194)


■アフリカですから、
 約束が守られないこともあります。
 時間を守らないこともあります。


 ビジネスでは騙されることもある。
 殺されそうになったこともある。


 そうした中でもアフリカへの愛が
 感じられました。


 佐藤さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・今、アフリカの貧困層の人たち、
 貧しい子どもたちを見ても、
 みんなが貧乏なところにいる人たちというのは、
 案外明るく生きているものです(p26)


・絵を描くにしても、
 スポーツをやるにしても、
 最初からそれ一筋というのではなく、
 あちこちに寄り道して、
 いろんなことを経験していると、
 あるときパッとすべてが一緒になって、
 道筋が見える。
 そういうものだと思います(p43)


・「この仕事は俺には向いていない」・・
 などという若者が日本にはいるようですが、
 そのような言葉は私の耳には空虚に響きます・・
 アフリカではそんな戯言は言っていられません。
 とにかく胃袋に何かを入れなくてはならない・・
 親を養わなくてはならない。それを動機にして
 働いている人間が「その気」になったときは
 伸び方が違うものです(p209)


・私は、今でも毎日一生懸命、本を読んでいます。
 先日もアメリカから本をどっさり買ってきました。
 次々と読んで、気になったことを
 書き留めていきます(p215)


・人としての最低限のノーブルさを保ち、
 知的に生活すること。
 大きな仕事を成し遂げようと望むときには、
 私的な部分がだらしなくなっているとダメです
 経済的にも、特に大金持ちでなくてもいいけれど、
 ちゃんと食べられる程度の収入があって、
 家もそれなりに堂々としたろころに住む(p66)


・ブラジルでひどい目に遭う・・
 信頼して現地の一切を任せた日系人が
 機械や部品を調達する際に、
 代金を水増しして懐に入れる・・(p136)


・現地を任せたドイツ人の男が
 私の知らないところで別会社をつくって、
 同様ののビジネスをやっていた・・(p139)


・今、アフリカ社会のトップに君臨する
 人たちは、欲望を満たすことを目的に
 のし上っていった・・とにかく今は
 自分が貪るのだという感じです。
 こういう欲望を抑える知の力、
 フィロソフィーがないのは、
 すごく悲しいことだと思います(p164)


・アフリカ人を雇うときに一番たいへんだったのは、
 倫理観・道徳観の違いでした・・
 例えば嘘をつかないとか、約束を守るとか・・
 アフリカの人たちはほとんど
 守れませんでした(p118)


・アフリカの人は誰か利害関係のある人が
 会いに来るとき、よく待たせたり、
 すっぽかしたりします・・
 会いに来る人は自分に何か
 便宜を図ってもらいたい・・
 じゃあ、30分待たせてみよう。
 まだ待っている。どうやら、
 この関係性では自分がかなり優位に
 立っているようだ、という具合です(p169)


・一夫多妻制が定着したのには
 それなりの理由があります。
 男たちは女性を労働力とみなしていたのです・・
 女性の側は自分を養ってくれる
 男性が必要でした(p121)


・盗んだ者は死んで当然・・
 警察官は、泥棒を捕まえにいくのではなく、
 泥棒がリンチで殺されるのを
 止めに行くのです(p125)


・ケニアの会社で力を付けた人は、
 どんどん独立してもらいました・・
 現在、ケニア人でナッツのビジネスを
 やっているのは、全員私の興した会社から
 出ていった人間です(p189)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


OUT OF AFRICA アフリカの奇跡 世界に誇れる日本人ビジネスマンの物語
佐藤芳之
朝日新聞出版
売り上げランキング: 110,406

【私の評価】★★★★☆(83点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

はじめに 桁外れにスケールの大きな日本人
序章 風の吹き始める場所
第1章 アフリカへ
第2章 ケニア・ナッツ・カンパニー
第3章 アフリカってところは!
第4章 失敗から学ぶ
第5章 アフリカが教えてくれたこと
第6章 さらに先へ
第7章 新たなるチャレンジ
終章 アフリカから日本を想う、日本を憂う



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)