「コンクリート崩壊 危機にどう備えるか 」溝渕 利明

| このエントリーをはてなブックマークに追加

コンクリート崩壊 危機にどう備えるか (PHP新書)

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■東日本道路公団では、
 高速道路のリニューアルプロジェクトを
 実施中だという。


 アルカリ性のコンクリートの中の
 鉄筋は錆びないはずなのに、
 錆びて、コンクリートがぼろぼろに
 なっているらしい。


 これは、融雪剤の塩素が影響している場合もあるし、
 かぶり厚さ不足もあるという。 


 さらには、コンクリートのガンと言われる
 アルカリ骨材反応もあるらしい。


・アルカリシリカ反応を起こさせないようにするための対策・・
 第一にアルカリシリカ反応を生じる可能性のある骨材を用いない・・
 第二に、セメントから供給されるアルカリ総量を
 規制したセメント(低アルカリセメント)の使用・・
 第三に、高炉スラグセメントやフライアッシュ
 セメントの混合セメントの使用(p104)


■外国だとアルカリ骨材反応が起こらないように
 高炉スラグやフライアッシュをコンクリートに
 入れているのに、日本ではあまり活用されていないらしい。


 これだけコンクリートを使っているのに、
 100年もたないコンクリートを使っているとは
 ある意味驚きです。


 コンクリート、セメントについては
 まだまだやるべきことが
 残っているのかもしれませんね。


 溝渕さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・コンクリートは、1℃の温度変化に対して
 1m当たり約0.01㎜伸びたり縮んだりする・・
 コンクリートは約10×10^-6 m/Kだが、
 鉄は約12×10^-6 m/K(p61)


・エコセメントは、都市ゴミや焼却灰や下水汚泥
 (この中にはセメント原料に用いる粘土の中に
 含まれるケイ素などが含まれている)を主原料として、
 普通セメントの製造技術を応用した方法により製造される・・
 実はエコセメントには一般に使用されている 
 セメントに比べて10倍以上の塩素が含まれている(p86)


・エポキシ樹脂鉄筋を用いた実験では
 全塩分量が1%であっても15年間は
 腐食を防止できたという報告がある(p92)


・例えば厚さが1m以上あるコンクリートの場合、
 セメントと水の水和反応によって生じた熱は
 コンクリート内部に蓄えられ、数日~数週間かけて
 徐々に外に放出されていく(p59)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


コンクリート崩壊 危機にどう備えるか (PHP新書)
溝渕 利明
PHP研究所
売り上げランキング: 151,327

【私の評価】★★★☆☆(70点)



■目次

序章 現代社会に響くコンクリートの悲鳴
第1章 現代社会を支える鉄とコンクリート
第2章 コンクリートとは何なのか?
第3章 コンクリート構造物は本当に安全なのか
第4章 コンクリートの寿命
第5章 コンクリート構造物の人生設計
第6章 「コンクリートから人へ」がもたらした弊害
第7章 コンクリートの崩壊を防ぐには
第8章 コンクリートドクターが危機を救う



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)