「日経プレミアPLUS VOL.3」日本経済新聞出版社

| このエントリーをはてなブックマークに追加

日経プレミアPLUS VOL.3

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■「宴会のストラテジー」
 「宴会を見れば、会社がわかる」
 というタイトルに引かれて
 手にした一冊です。


 2012年発行ですので
 東日本大震災1年後の
 小型ビジネス雑誌です。


 リーマンショックから
 立ち直りかけたタイミングで
 東日本大震災が起きた。


 2012年9月には中国で
 尖閣諸島の国有化による
 日系企業への襲撃が起きています。


・チャイナプラスワンとして注目されるのは、
 東南アジアではベトナム、インドネシア、
 ミャンマーなどだ。南アジアではインドが
 注目される。インドでも暴動やデモは発生するが、
 歴史的なわだかまりがなく、
 日系企業にとってのビジネスリスクは
 中国よりはずっと小さいと言える(p151)


■面白いところでは、車を持たず、
 シェアハウスに住んでいる
 氷河期世代についての話です。


 いわゆる低欲望世代とでも
 言うのでしょうか。


 住宅ローンや車のローンに
 しばられない、
 身の丈にあった生活ができる
 世代と表現されています。


 元気のない日本に
 適応している世代とも
 言えるのでしょう。


・氷河期世代・・80年代半ばから
 後半以降に生まれた世代で、
 昭和的なものにまったくしがみつない人は、
 シェアハウスに住んだり、
 ノマドワーキングを楽しんでいたりもする・・
 車も持たないですし
 (常見陽平)(p41)


■ビジネス雑誌の良いところは
 幅広く知識を得ることが
 できることです。


 本を読まない人でも
 最低限の知識は雑誌で
 得ることができるのですから
 うまく利用したいものです。


 良い本(雑誌)を
 ありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・社内の飲み会こそ、取引先の接待と思って
 全力で臨むべき。身内だからこそ、
 投資の費用対効果は高い。
 特に、営業成績がよいなど
 社内で存在感の強い人を意識して
 「接待」するとよい
 (五百田達成)(p84)


・ワインはホストが注ぐのがスタンダード・・
 刺身を食べるときに、わさびを
 醤油に溶かすのではなく、
 刺身の上にわさびを載せて
 食べたほうがスマートだ
 (山崎将志)(p60)


・それまでは、私はどちらかと言うと
 すごくハイテンションで描いては
 バタッと倒れていた・・
 いまやりたいのは、同じペースで
 作品を描くことなんです・・・
 朝は9時から10時ぐらいから、
 夕方の5時か6時ぐらいまで、
 一定のペースで仕事をして週末は休みます
 『働きマン』の漫画家の安野モヨコ(p24)


・ハンガリーでは1999年から売春が合法化されており、
 性産業は国が管理している。
 なぜ、売春を合法化したかといえば、
 その最大の目的は税や社会保障料を
 確保することにあった(門倉貴史)(p127)


・日本企業は、業績不振のなかで
 「選択と集中」の名のもとに、
 将来の種になるような研究には
 予算を付けづらくなっている
 (瀧本哲史)(p31)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


日経プレミアPLUS VOL.3
日経プレミアPLUS VOL.3
posted with amazlet at 18.04.11

日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 1,074,841

【私の評価】★★★☆☆(73点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■目次

インタビュー続けるチカラ 特別編 安野モヨコ 続けるために、休む。
特集1 高城幸司×常見陽平対談 バブルと氷河期はどう生きる?
特集2 宴会のストラテジー―ビジネスチャンスは酒席にある
 宴会を見れば、会社がわかる。(松田智生)
 ビジネスを円滑にする取引先との宴会戦略(大谷晃)
 「業務として」の宴会の乗り切り方(五百田達成) ほか
特集3 2013年、世界経済はどこへ行くか?(門倉貴史)



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)