「運は操れる 望みどおりの人生を実現する最強の法則」メンタリストDaiGo

| このエントリーをはてなブックマークに追加

運は操れる (望みどおりの人生を実現する最強の法則)

【私の評価】★★★★☆(87点)


■松下幸之助は、採用面接で
 「自分は運が良い」
 と答えた人を採用したという。


 この本では、メンタリストDaiGoが、
 なぜ、「自分は運が良い」と考える人が
 成功するのかについて解説してくれます。


 あたり前の話ですが、
 統計的に運は、誰にでも平等に
 割り振られています。


 では、なぜ運の良い人、
 運の悪い人が
 いるのでしょうか。


・動くか、動かないか。
 試すか、試さないか。
 気づくか、気づかないか・・
 平等に存在する仕事運、対人運、
 金運、恋愛運などの運に対して、
 あなたがどう向き合っていくか(p63)


■DaiGoさんは、
 「自分は運が良い」
 と考えている人は、
 行動する人だと解説します。


 成功する確率は誰でも同じ。
 だから行動する数が多い人は、
 成功する確率が上がる。


 さらに失敗しても
 自分は運がいいと信じている人は、
 自分の可能性を信じ、
 また挑戦する。


 成功するまで行動する人が、
 成功するのです。


・運がいいと思っている人は、
 成功を信じているからこそ失敗しても
 再チャレンジすることができ、
 自信を持って行動するので
 精度も高まるわけです(p125)


■成功や失敗を繰り返しながら
 成長しているDaiGoさん。


 DaiGoさん自身が、
 自分に対して言いかけている
 ような一冊だと思いました。


 これからもDaiGoさんは
 挑戦を続けるのでしょう。


 DaiGoさん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・運のいい状態にある人は、
 他の人よりたくさんのことを
 何度も試している人・・(p30)


・「自分が幸運だと信じている人」は
 常に楽観的に物事を受け止め、
 希望を高める行動を起こしていく
 傾向があります(p53)


・公演のチケット応募・・
 家族や友人、知人、職場の人たちにまで
 連絡します・・
 運のいい人は、10人、20人、30人の枠で
 チケットに応募し、
 当たる確率を上げていきます(p42)


・大切なのは、刺激と変化を求めて、
 小さな実験を繰り返していくこと。
 回数を増やすことが、幸運のやってくる
 可能性を高めるのです(p71)


・お金の使い方・・
 使い道があなたの好きなものであるかどうか・・
 1万円を使うとして・・
 私ならまず間違いなく大型書店に足を運びます。
 1万円あれば、心理学などの専門書や洋書が
 4~5冊は購入可能です(p241)


・朝に運動をすると、
 仕事が効率的に進み、
 立てた目標を達成する確率が
 高くなる傾向も明らかになりました(p164)


・つき合う友人からは想像以上に
 強い影響を受けます・・
 いい友人に恵まれている人は
 魅力的な表情をしており、
 目標に向けて行動を続け、
 ますますいい人が周りに集まる(p235)


・パーティをゲーム化するようにしました。
 私の好きな青い服や青いアイテムを
 身につけている人を見かけたら、
 必ず話しかけてみよう(p184)


・失敗ノートは、他人の不運を調べて
 ためておくノートです・・
 あえて他人のミスを省みることで、
 自分に舞い込むであろう不運を
 未然に防ぐことができるのです(p101)


・世界有数の経済誌『フォーブス』に
 載るような大富豪たちは共通して、
 「なぜ、お金持ちになりたかったのか?」
 という質問に、「自由になりたかった」
 と答えています(p116)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


運は操れる (望みどおりの人生を実現する最強の法則)
メンタリストDaiGo
マキノ出版 (2018-03-02)
売り上げランキング: 308

【私の評価】★★★☆☆(87点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 運にまつわる5つの知られざる真実
第2章 運を操る3つの科学的な方法
第3章 不安に強くなる5つのテクニック
第4章 試行回数を増やす7つのテクニック
第5章 気づく力を鍛える5つのテクニック
第6章 運の操り方 実践編



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)