「トヨタ流「5S」 最強のルール 生産性"劇的向上"ノウハウを2時間のストーリーで学ぶ」原 マサヒコ

| このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ流「5S」 最強のルール ~生産性

【私の評価】★★★★☆(84点)


■トヨタの5S
 (整理、整頓、清掃、清潔、躾)を
 小説形式で教えてくれる一冊です。


 トヨタの5Sとは
 整理整頓をすることは当然ですが、
 それを継続し、浸透させることです。


 清掃一つで組織のレベルが
 わかるのですね。


・トヨタの現場では昔から
 「変化こそが安全性を保証する」と
 言われていました・・
 上司からも「立ち止まることは
 後退することと同じだぞ」
 と注意されたことがあります(p236)


■まず、目的と責任者を決めること。


 やらされるのではなく、
 責任者を決め、
 その人が推進するのです。


 そしてやったかどうかを
 チェックする仕組みも作ります。


 目標が達成されたのかどうか
 チェックするわけです。


・目標の設定とリーダーの選定が不可欠・・
 大事なのはまず目的を設定すること・・
 「誰が」5Sを推進するのか考えよう(p37)


■5Sとは、朝礼から挨拶まで
 組織文化の高度化なのだと思いました。


 当たり前のことを
 当たり前に徹底できるのかどうかが
 難しいのです。


 原さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・1清掃方法を決める
 2清掃道具を整備する
 3清掃を全員で実施する(p124)


・ルール表・・決めた清掃方法や、
 清掃をする場所、時間を書いたルール表・・
 それだけじゃない。点検表も作るのよ。
 点検表は、清掃ルール表にもとづいて
 確実に実施したかどうかを
 記録するためのものよ(p127)


・清掃で担当者を決めるメリット・・
 1つ目は、担当の場所を持つことで
 自覚と責任感が芽生えるわ・・
 2つ目は、担当した場所をキレイにすることで
 『この場所を大事に使って欲しい』
 って愛着がわくことよ・・
 3つ目が、その場所を使う人も
 『担当者がキレイにしているんだから大事にしなきゃ』
 って思いやりが芽生えるの(p128)


・キレイな清掃道具がキレイな職場を作るの。
 清掃道具も良いものを大事に使いなさい。
 清掃道具の管理レベルがその会社の
 5Sレベルともいえるんだから(p137)


・10秒でできることのリストアップ・・
 テーブルを拭く、
 窓をあけて換気する・・
 ゴミを拾う・・(p158)


・整頓で重要なのは検索性なの・・
 そのためには余白が大事よ・・
 『空き』を設けておくこと。
 適正容量は7割程度が目安ね(p87)


・扉と蓋は全部、捨ててしまえ・・
 扉や蓋があると、汚い状態を隠すことになるわ。
 隠しただけでキレイになったと
 錯覚する人が多い・・(p102)


・躾・・1人で仕事を抱え込んで
 仕事をした気にならない・・
 新人でも理解できるように
 「作業標準書」などに仕事を
 落とし込んでいくことが大事よ(p208)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


【私の評価】★★★★☆(84点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

プロローグ ドSコンサル女子エリカによる5S活動、始動!
第1章 整理
第2章 整頓
第3章 清掃
第4章 清潔
第5章 躾
エピローグ ドSなエリカの5S活動の成果



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)