「大空のサムライ」坂井 三郎

| このエントリーをはてなブックマークに追加

大空のサムライ (1967年)

【私の評価】★★★★☆(82点)


■海軍戦闘機操縦者として、
 中国、台湾、フィリピン、硫黄島と
 転戦し、戦後まで生き残った
 坂井さんの一冊です。


 戦闘中に何度か負傷し、
 さらに片目を失いましたが、
 硫黄島での航空戦に片目で
 参加しています。


 最後まで生き残れたのは、
 ゼロ戦が優秀だったということ、
 そして著者の操縦技能と
 運が良かったのでしょう。


・当時の日本の飛行機乗りは、
 誰も落下傘を持っていなかった。
 とくに戦闘機乗りは、
 戦闘に絶対に必要なもの以外は、
 すべて出撃のときに棄てたのだ。
 すこしでも機を軽くして、
 空戦性能をよくするようにと、
 ただそれだけしか考えなかった。
 そして、もしも適地において被弾したら、
 ただ自爆するだけさ。そういった、
 あっさりした観念を、いつのまにか
 植えつけられていた(p212)


■個別の戦闘の練度では、
 日本軍が圧倒的に強かったことが
 わかります。


 なぜなら、本当の意味で
 必死で戦っているからです。
 ある意味、命を粗末にしている。


 アメリカ側はできるだけ
 戦闘員が死なないように
 配慮していました。


 これは人を大切にしているというより、
 熟練戦闘員を育成するのに
 時間がかかるからという
 合理的な理由からでしょう。


・敵機の搭乗員は、つぎつぎと
 パラシュートで海上に降下した。
 そして、私が引きかえしたときには、
 四人の敵の搭乗員たちは、
 大きな(長さ3mぐらい)O字型の
 ゴム製の浮舟(ブイ)につかまって
 泳いでいた(p224)


■初期の日本軍はとても強かった
 ということがよくわかりました。


 しかし、米国が物量にものを言わせて
 合理的な戦略で押し出してきたとき
 日本に勝つ見込みはなかったのでしょう。


 坂井さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・なにくそ、負けてなるもんかという、
 ファイトを持つことが勝利への道につながるんだ。
 はじめから、うまくできる者はひとりもいない。
 どんなに操縦の名人でも、
 はじめはみんな素人だよ。
 ただ一途に教官を信じて、同じ注意を
 なるべくうけないように努力することだ(p59)


・私は、太平洋戦争に入る前の訓練で、
 増槽をつけたままの飛行で一時間に
 67リッターという最低の
 消費量を出した自信がある(p304)


・横空の幹部たちのいいぶんによれば、
 横空がまもっているこの硫黄島が、
 こんなにめちゃくちゃにやられて、
 しかも一矢も敵に報いるところがないというのでは、
 日本海軍航空隊の筆頭にすわる横空の名折れだ、
 伝統ある横空の名誉のために、
 ここはどんなことがあっても、
 敵に一矢をむくいなければならないというのである。
 しかし、もちろん反対論もあった・・
 むざむざとやられるためにいくようなもので、
 のこり少ない大切な飛行機と搭乗員を、
 意味もなく失う無謀きわまる作戦だ、という・・
 だが、結局は、とうじの横空の指揮官三浦鑑三
 大佐の命令で、やはり白昼強襲を
 かけるということになった(p362)


・私たちと同じ人間であるはずの一人の人間が、
 指揮官という立場に立つと、まるで将棋の駒を
 うごかすように、他の人間の生命を無造作に
 死に投げこむことができる・・
 そういった軍隊の組織の持つ不条理が、
 慣れきった日常の通念を突きやぶって、
 いまさらのように心をうずかせる(p376)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


大空のサムライ (1967年)
坂井 三郎
光人社
売り上げランキング: 291,478

【私の評価】★★★★☆(82点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)