「ウィルバーフォース氏のヴィンテージ・ワイン」ポール・トーディ

| このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィルバーフォース氏のヴィンテージ・ワイン (エクス・リブリス)

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■物語は主人公がレストランで
 1982年物のペトリュス2本を
 がぶのみすることからはじまります。


 彼は相当の金持ちなのですが、
 一人で高級ワインをがぶ飲みし、
 歌を口ずさんで他の客から
 白い目で見られている。


 家に帰っても
 別荘から持ってきた高級ワインを
 朝から飲んでいる。


 彼の飲んだくれの生活は、
 事故で死んでしまった妻を
 思い出しているからなのでしょうか。


・1982年物のペトリュスをワインリストで
 見つけるのは、地面にダイヤが落ちているのを
 発見するようなものだ。(p10)


■物語はだんだんと過去にさかのぼり、
 妻が死ぬ前の結婚生活に戻ります。


 事業を売却し、大量の高級ワインを
 手に入れ、新規事業を考える主人公。


 妻が不安に思うのは、
 昼からワインを飲んでいる主人公が、
 それをやめられないことです。


 そして、妻の死。
 ワインに支配された主人公は、
 金も家庭も失ってしまったのです。


・アル中の人間は紫色の液体をグラスのなかで
 そっと回して、ワインの芳香を捉え、
 ついて一口すすってワインを構成する
 複雑な物質を舌に放ちはしない。
 ワインの味わいを、ワイン鑑定の際に
 認められている語彙でもって説明しようとは
 しないだろう。甘いブラックチェリー。
 奥のほうにオークの香ばしさ(p87)


■ワインの本ではなく、
 ワインに魅せられ、アル中になった
 ベンチャー起業家の話でした。


 階級社会といわれるイギリス社会の
 雰囲気も伝わってきました。


 ブラックユーモアなのでしょうか。


 トーディさん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・フランシスから聞いたのだが、
 彼は若い頃、自分の買うワインの葡萄園は
 ほとんど訪れていたのだ。
 この葡萄の栽培者の固い握手を、
 あのワインの貯蔵所を、
 思い出したりするのかもしれなかった(p210)


・ブラック一族は事務管理をあまり
 うまくやってこなかった。
 どちらかというとワイン蒐集(しゅうしゅう)に
 夢中になりすぎてしまってね。
 それと、父の場合はそれを飲むことに。
 父も祖父も、二人ともワインを飲むのが好きだった。
 二人はこのセラーを築き上げるのに大金を費やした。
 そして、ワインを飲むことにも。(p217)


・今や僕は、人生とソフトウエア開発を
 同じ尺度で考えることはできないと
 わかり始めたのだった。人生はそれ自体、
 解くことができない方程式のような
 ものではないかと思えてきた。
 その方程式の真ん中には、理解せねばならない、
 そして数値で表すことのできない
 「X」があるのではないかと(p324)


・僕はお茶を飲んで、義母を見守った。
 彼女は次に何を言おうか考えている。
 メアリは、母親ならこうあるべしという
 正しい反応をすべて心得ている母親だった。
 彼女はそれをほかの母親たちについて
 読むことによって知ったのだ。
 本のなかで。そのうちどのくらいが
 彼女の感情から出たものだったのか、
 僕にはわからなかった(p278)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


ウィルバーフォース氏のヴィンテージ・ワイン (エクス・リブリス)
ポール トーディ
白水社 (2010-08-17)
売り上げランキング: 68,962

【私の評価】★★★☆☆(77点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)