「本当は中国で勝っている日本企業 なぜこの会社は成功できたのか?」谷崎 光

| このエントリーをはてなブックマークに追加

本当は中国で勝っている日本企業 なぜこの会社は成功できたのか?

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■多くの企業が中国から撤退する中、
 ガッツリ儲けている企業もあります。


 この本では、三菱電機、富士電機、
 伊勢半、キユーピー、良品計画、
 ユニ・チャーム などを
 インタビューした一冊です。


 中国は日本と違い、
 何でもありの世界。


 現地の商習慣に合わせ、
 現地人とともに稼いでいく
 必要があるのでしょう。


・変化の激しい市場。
 安定しないオーダー・・
 投資、思惑。
 裏切り、コピー商品。
 ローカルメーカーの台頭。
 競争。
 中国の市場は本当に読めない(p86)


■中国は、人口が多いものの、
 地方によって発展の度合いが違います。


 日本よりも物価が高い地域もあれば、
 発展途上国レベルの地域もある。


 偽物が当たり前に流通し、
 油断すれば不正が行われ、
 コネが効く社会です。


 そうした市場で生き残ることが
 できれば、大きな利益が期待でき、
 もちろんリスクもあるのでしょう。


・ユニ・チャームはGDPが一人当たり
 1000ドルを突破すると市場の生理用品が
 使われはじめ、3000ドルを突破すると
 それがベビーの紙おむつの使用開始になり、
 1万ドルを超えると大人用紙おむつ、
 ペットケア用品、が使われはじめると
 考えている(p202)


■成功のポイントは、
 優秀な中国人を金に糸目を付けず
 採用することらしい。


 なぜなら、相応の給料を払わないと、
 不正をしてお金を稼いでしまうからです。


 日本の常識は、
 中国の非常識ですね。


 谷崎さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・三菱電機ならではの、
 FAの統合ソリューション・・
 取り替えだけではなく、
 まずそれぞれの情報を見える化する・・
 何が問題かを見つけだす。
 そこからオペレーションを変えていき、
 全体を改善効率化する(p23)


・どの自販機にも、お金をスマホでチャッと
 払える液晶パネルが装備されている・・
 ニセ札をつかまされることがない(p63)


・何も信じられない中国では、
 価格だけが判断材料であり、
 余裕のある消費者は値段さえ
 高ければそれを本物の、いいものだと思う・・
 現実は、値段が高くても本物とは限らない(p126)


・「中国人て、何でもするからね。
 私は中が見えないものは外国製品しか
 信用しないの」と言うのは、
 ある若い裕福な中国人ママである(p206)


・1個1000円ぐらいの石けんも買ってみたが、
 日本の1個100円以下の牛乳石鹸を超える
 使い心地のものはなかった(p199)


・ヒロインメイクシリーズは、台湾、韓国も
 代理店がSNSやブロガーを積極的に使って
 アピールしました・・
 商品発表会も・・今は1日目は雑誌社、
 2日目はブロガー向けと分けてやっている(p109)


・無印良品の中国の出店チェック表・・・
 エリアの人口数、外国人は買い物にくるかどうか、
 富裕層はどうか、カラオケ店はあるかどうか・・
 もうひとつの基準は、出店エリアに有名店、
 すなわち無印良品、ユニクロ、H&M、ZARA、
 ワトソンズ(ドラッグストア)が
 あるかどうか(p192)


・勝っているのにあまり言わないのはなぜだろう。
 「ひとつは税金だね・・あと業種によっては、
 儲かっていると言ったら、納入先から値下げを
 要求されるところもある(p222)


・中国で勝つ方法・・
 お金を積んでも、優秀な中国人を採ること・・
 たとえばウチなら中国人の専務クラスに
 本社の頭取に近いお金を払っている。
 見返りは大きい(p224)


・欧米だと、国籍にかかわらずそもそも社長が
 一番悪事をする、という考え方です。
 外資の社長の給与が何億なのも、それぐらい
 払わないと悪いことをするだろう
 という考えがある(p227)


・ルールを逸脱させないためには、
 権限移譲をはっきりさせ、
 全部文書化する。
 システムで相互監視する。
 逸脱したら必罰です(p228)


・日本のように"察して"はもらえない。
 なんでも全部、具体的に明確に指示を
 出さないと動いてはもらえない(p158)


・イベントや事業に協賛金を出すのは、
 日中欧米企業を問わず、どこの会社も 
 日本を含めて世界中でやっている。
 中国の場合は、それがしばしば向こう側で
 私物化される、ということである(p231)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


【私の評価】★★★☆☆(74点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■目次

第1章 三菱電機―中国企業にファクトリーオートメーションを売れ!
第2章 富士電機―スマホ支払い自動販売機で中国大陸を制覇する
第3章 伊勢半―アジア全域の口コミパワーが爆売れを呼んだ
第4章 キユーピー―中国人の舌と胃袋をとりこにした「味」の秘密
第5章 良品計画 ユニ・チャーム 名創―中国人を離さない、品質の良さ×デザイン性×マーケティング
最終章 中国で本当に勝つ方法―匿名でしか語れない本音のホンネ



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)