「内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造」水島宏明

| このエントリーをはてなブックマークに追加

内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造 (朝日新書)

【私の評価】★☆☆☆☆(55点)


■テーマとしてはメディアの捏造、情報操作を
 批判する内容でした。


 ところが、著者の記事などを見ていると
 自身が情報操作をしているものが散見され、
 矛盾を感じる一冊でした。


 保守派のメディアへの取り組みは、
 著者をはじめとする朝日、TBSの手法からすると
 まだまだ甘さがあるのでしょう。


・5月3日の憲法記念日・・2014年の・・
 日本テレビの『news every.サタデー』・・
 自民党幹部や共産党、社民党の党首らが
 それぞれ主張した言葉を紹介しただけでなく、
 安倍首相と親交が深い小説家・百田尚樹氏の
 言葉も紹介した・・彼のような改憲派の
 有識者の発言を入れるならば、違う立場の
 発言を入れるのが報道のセオリーだが、
 それもなかった(p134)


■自らの記事の傾向は記載せず、
 相手の弱点を攻撃するところは
 見習うところがあると思います。


 さらに著者のような人が、
 上智大学の教授になれるのは、
 日本はすばらしい国だと思いました。


 今後も著書、記事を
 確認していきたと思います。


 水島さん、
 ありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・番組の冒頭のニュースは、世の中で起きている事象の
 「一番重要」と思われることから順番に並べるのが
 報道のセオリー・・いつしかテレビ局は
 こうしたセオリーを守らなくなった。
 その理由は簡単で視聴率を取るためである(p52)


・自殺の呼び水となる危険な報道・・
 藤圭子さんの自殺を伝えたテレビニュースは
 国際的なルール違反です(p76)


・政権党が個々の報道に口をはさむようになると
 テレビ報道は政権の大本営発表になるばかりだ。
 本来、権力が介入してきた場合、ジャーナリズム
 は毅然として闘わなければならない(p142)


・原爆を描いた漫画『はだしのゲン』の
 図書館からの撤去など、「政治的中立性」を
 口実に表現の自由すら制限しようとする
 風潮が全国的に広がっている(p220)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造 (朝日新書)
水島宏明
朝日新聞出版
売り上げランキング: 115,527

【私の評価】★☆☆☆☆(55点)




■目次

第1章 「その番組」があなたの思考力を奪う
第2章 なぜ報道は大切なことを伝えないのか
第3章 テレビ局が陥ったやらせ・捏造の内幕
第4章 テレビは権力の監視を果たせているか
第5章 弱き者のためのジャーナリズムを
第6章 テレビの希望はどこにある?



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)