「ぶっちぎりで突き抜けた結果を出す人になる仕事の心得」松田 理宏

| このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶっちぎりで突き抜けた結果を出す人になる仕事の心得

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■ファッションブランド、
 ビギ、GAPなどで活躍した
 著者の仕事術です。


 現場重視、ライバル研究など
 その手法は正統派。


 人との関係づくりが得意らしく
 フットワークが良い人に
 感じました。


・私が必ず伝えるアドバイスがある。
 「現場に行け。そして、
 徹底的に現場を観ろ」だ(p28)


■面白いところは、
 著者が出世してから無給で
 かばん持ちをする人がいたこと。


 そしてかばん持ちを経験した人は、
 その後、本業で成果を
 上げるようになったらしいのです。


 著者が教えていたのは、
 クライアントの接待の調整や、
 ライバルに勝つ方法や、
 相手の印象に残すための方法など。


 結果を出すための
 気づきがあったのでしょう。


・安易に「すみません。できません」
 と口にするヤツは、まず間違いなく
 出世できないだろう(p113)


■暴れん坊ビジネスマンの
 成功法という感じでした。


 営業においても、社内においても、
 人との関係が大事なのですね。


 松田さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです


・私には常に実践してきたことがある。
 それは「ライバルの現場」に
 行くことだ(p32)


・どんな人事異動も裏にメッセージがある・・
 シンプルに「この異動にはどういう
 メッセージが込められていますか」
 と尋ねるのが望ましい(p53)


・やりたくない仕事はやるな。
 一番結果が出る仕事に
 時間を投資しろ(p68)


・ランチタイムはひとりで過ごすな・・
 たわいない雑談をする中で、
 思いがけない社内の人間関係を
 知ることもあれば、重要なニュースが
 耳に入ってくることもある(p80)


・異業種交流会に行ってもムダ・・
 自分から寄っていくのではなく、
 相手が寄ってくる状態、つまり
 魅力的な自分をつくるのが先だ(p91)


・私からのアドバイスは、
 「雑談をサボるな」
 この一言に尽きる・・
 日頃から顔を合わせ、
 たわいもない話をしていると、
 人は親近感を抱く。・・
 「こいつがこう言うなら、助けてやろう」
 という気持ちも生まれやすい(p97)


・「知らないから教えてほしい」は
 誰かの助けを得やすくさせ、
 世界を広げる最強のフレーズだ(p113)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


ぶっちぎりで突き抜けた結果を出す人になる仕事の心得
松田 理宏
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 173,799

【私の評価】★★★☆☆(74点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■目次

第1章 印象に残らないヤツは意味がない ――仕事の基本はどこにあるのか
第2章 メールは10分以内に返事しろ ――人を動かす時間術
第3章 会議は戦いの場ではない ――コミュニケーションで人を動かせ
第4章 経費は倍使い倍稼げ ――できる人の金の使い方
第5章 コートは肩と尻で着ろ ――外見力を味方につけろ



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)