「小飼弾の 「仕組み」進化論 」小飼 弾

| このエントリーをはてなブックマークに追加

小飼弾の 「仕組み」進化論

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■多くの本を読んできた小飼さんが、
 その知識をどう仕事に活かしてきたのか
 教えてくれる一冊です。


 情報系の仕事には、
 プログラミングと
 データセンターがあります。


 まず、プログラミングでは、
 全員が同じ目標を目指し、
 協調して作業を行う
 仕組みが必要です。


 情報共有ため、メーリングリストを
 活用していることが、
 印象的でした。


・日報用メーリングリスト・・
 各人の進捗状況を全員が把握できますから、
 作業が遅れている人間を別の人間が
 手伝いやすくなりますし、行き詰まっている
 人がいたら声をかけることもできます(p120)


■また、データセンターは、
 24時間安定運転が当然ですから
 発電所のようなものです。


 一旦、データセンターで
 トラブルが発生したら
 全員が即応する必要があります。


 そのためパトライトを設置して、
 トラブル発生を周知したり、
 多能工を育てているとのこと。


・トラブル時の対応力を高めるために、
 10名いたデータセンターの担当者は、
 自分の専門以外の業務も一通り
 こなせるようにしました(p124)


■読んだ本の内容を引用して、
 仕事への活用方法を教えてくれるのが
 分かりやすい。


 こうして活用できれば、
 読書も無駄にはなりませんね。


 小飼さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・個々のメンバーが最終的な完成イメージを
 共有していることが欠かせません・・
 ゴールを見せないことは、
 各人の知能を無駄にすること(p112)


・プログラミングの世界では、
 すでにある機能を自分で
 改めて作ってしまうことを
 「車輪の再開発」と言って
 戒めています(p77)


・自分がミスをしたとき、後の行程に
 どういう迷惑がかかるのかを見せることは
 自分の役割を意識させるうえで、
 どんな言葉よりも効果があります・・
 自分のミスで、同僚にどれくらいの
 徹夜仕事をさせることになるかがわかっていれば、
 どう借りを返すべきかも
 見えてくるはずです(p115)


・業務上の質問を投稿できる
 メーリングリストも用意し、
 わかる人間が積極的に回答する
 体制を整えました(p122)


・優秀なアリはエサを効率よく集めるのですが、
 新しいエサは発見しにくい。一方、
 下手なアリはうろうろすることで新しいエサを
 発見できるチャンスが高まるという
 推測がなされています(p210)


・十分に発達した仕事は
 遊びと区別できない(p211)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


小飼弾の 「仕組み」進化論
小飼 弾
日本実業出版社
売り上げランキング: 268,905

【私の評価】★★★☆☆(78点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

Part0 仕組み作りが仕事になる
Part1 仕組みの仕組み 仕組みを作る前に知っておきたいこと
Part2 仕組みを作り直す 目の前の仕事を20%の力でこなす仕組み
Part3 仕組みを使う 仕組みのコストとテストを考える
Part4 仕組みを合わせる チームで仕組み合うために
Part5 仕組みと生物 「新しい仕組み」を作るヒント
Part6 仕組みの未来



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)