「大放言」百田 尚樹

| このエントリーをはてなブックマークに追加

大放言 (新潮新書)

【私の評価】★★★★★(91点)


■放送作家から大作家となった
 百田 尚樹さんの一冊です。


 失言で攻撃されることが多い
 百田さんですが、
 失言をやめるつもりは
 ないようです。


 なぜなら、失言の多くは、
 たとえ話の一部を引用して
 曲解して批判しているから。


 具体的事例が提示されていて
 記者のいい加減さ、
 恣意的捏造にびっくりしました。


・最も腹が立ったのは、毎日新聞社が
 アメリカ大使館に「日本の百田尚樹という
 作家が、東京大空襲を大虐殺だと言っています」
 とわざわざ告げ口にいったことだ・・
 それを知った朝日新聞は、今度は本国の
 国務省まで確認を求め、同じ回答をもらうと、
 これまた嬉々として報道した(p178)


■これだけ百田さんが攻撃されるのは、
 本質を言ってしまっているから
 なのでしょう。


 一般国民に知られてはいけないこと、
 メディア関係者、日本人のタブーを
 話しているのです。


 原爆慰霊碑の碑文はあれでいいのか?
 「人間のクズ」発言の真実は?
 「南京大虐殺はなかった」発言の主旨は?


 先日の「24時間テレビ」でさえ、
 テレビ局は、CM収入をすべて
 寄附したほうが良いのではないかと
 問題提起しています。


・日教組は日本のガンである・・
 なぜ、日教組はこういう教育を長い間
 行ってきたのでしょうか。
 私は、その謎は長年にわたって日教組の
 ドンと呼ばれた槙枝元文委員長にあると
 見ています。彼は、人権などまったくない
 北朝鮮の礼賛者で、当時は政治家さえも
 簡単には行けなかった北朝鮮に何度も招かれ、
 金日成主席から勲章まで貰っています(p191)


■プロパガンダを行っている組織ほど、
 言論の自由を主張しながら、
 敵の発言を攻撃する構造が
 わかりました。


 相手がそういう作戦なら、
 俺も負けないぞ!
 という百田さんの気持ちが
 伝わってきました。


 大事なことは後半に
 書いてありますので
 どうぞ。


 百田さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・発言狩り・・
 前後の文章の脈絡をわざと無死し、
 喩え話であっても喩えとは取らず、
 反語的表現であっても敢えて
 そのまま受け取って、大批判する(p196)


・『竜馬がゆく』の中の「ちょうりんぼう」という
 言葉が差別語であるとして、
 司馬氏は部落解放センターに呼び出されて
 糾弾された(p11)


・大越キャスターの言った
 「在日韓国・朝鮮人一世は強制連行で
 日本に連れてこられた」というのは、
 まったく事実に反する言葉である。
 これは戦後、在日韓国人・朝鮮人が
 盛んに流したデマである。・・
 ただ、昭和19年9月から7ヵ月間だけ、
 「戦時徴用」というのはあった。
 しかしこれは強制連行ではない。
 その証拠に戦時徴用は多数の日本人にも
 行われていた(p204)


・朝日新聞をはじめとする左翼系
 ジャーナリストたちはそうした論理を無視し、
 「軍隊創設の道筋をつくらねばならない」
 という一文だけを切り取り、
 「百田尚樹は軍国主義者で戦争を
 やりたがっている狂人」というイメージを
 作り上げようとしている(p216)


・言葉の自由を失った国はやがて滅びる。
 皆が一斉に同じことを言い、
 一斉に誰かを攻撃する時代も同様だ(p19)


・ここで読者に問いたい。
 「戦争は絶対にしない。
 たとえ攻められても抵抗はしない。
 だから軍隊も持たない」という国と、
 「侵略戦争は絶対にしない。しかしもし
 侵略されたら、徹底的に抵抗する。
 そのために軍隊を持つ」という国
 さて、どちらの国が侵略されにくいか
 というリアリティの問題である(p217)


・今や国民的番組となった感のある
 某チャリティ番組・・
 24時間放送しているので、
 この日一日だけでテレビ局には
 多額のスポンサー料が入る・・
 番組総製作費が4億2000万円に対し、
 CM収入が22億2750万円であった・・
 慈善を訴えるなら、まず自らが
 それを行ってほしい(p141)


・私が働くテレビ業界は・・
 局員はバカ高い給料を貰っているから、
 会社を辞めることなど滅多にないが、
 プロダクションは薄給の上に仕事がきついから、
 どんどん人が辞めていく(p49)


・図書館は新刊本を入れるな・・・
 現在の図書館は、はっきり言って
 「公共の無料貸本屋」になっている。
 とくにひどいのは、前述のように
 ベストセラーを大量に貸し出すことだ(p102)


・日本の地方議員は月平均だと七日ほどの
 「パートタイム」の仕事しかしていないのに、
 「フルタイム」の報酬を貰っている(p76)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


大放言 (新潮新書)
大放言 (新潮新書)
posted with amazlet at 17.08.29
百田 尚樹
新潮社
売り上げランキング: 2,487

【私の評価】★★★★★(91点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 現代の若きバカものたちへ
第2章 暴言の中にも真実あり
第3章 これはいったい何だ?
第4章 我が炎上史



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)