「3原則 働き方を自分らしくデザインする」山梨 広一

| このエントリーをはてなブックマークに追加

3原則 働き方を自分らしくデザインする

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■マッキンゼーのコンサルタントの一冊です。
 仕事での3原則とは次の3つです。


 無駄をなくす
 徹底的にこだわり抜く
 あえて「遊ぶ」


 コンサルタントとして
 仕事をしているときに
 気にしていることなのでしょう。


■どうしても会社の仕事は
 マンネリ化してしまう傾向が
 あります。


 その無駄をなくし、
 こだわりを持って考え、
 遊びでアイデアの幅を
 広げるということなのでしょう。
 

 山梨さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・行動のマネジメントは、
 心と頭と体のフットワーク・・
  苦手なことにトライしてみる(心)・・
  それは無理だよと否定しない(頭)・・
  自分の手で書く(体)・・
  頻繁にいろいろな現場に行く(p31)


・「前例踏襲」「手続き主義」から
 「生産性」「こだわり」「遊び」への
 目的転換(p95)


・「〇〇抜く」という働き方がある。
  考え抜く。
  やり抜く。・・
  調べ抜く。・・
  議論し抜く。
  説得し抜く(p120)


・しごとの終了時間や休憩の時間などは、
 事前に自分で設定すべきだ。
 そして、それを励行するべきだ(p163)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


3原則 働き方を自分らしくデザインする
山梨 広一
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 51,641

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■目次

序章 「仕事」を再定義することから、すべてははじまる
第1章 「仕事」から「しごと」への発想転換
第2章 「前例踏襲型」マインドセットから「生産性」「こだわり」「アソビ」への発想転換
第3章 「受動的」から「能動的」の発想転換



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)