「マンガでわかるグーグルのマインドフルネス革命」方喰正彰

| このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガでわかるグーグルのマインドフルネス革命

【私の評価】★★★★☆(80点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■マインドフルネスって何?
 と手にした一冊です。


 マインドフルネスとは、
 感情的にならないこと。


 自分の気持ちを正しく理解し、
 表現できるようになること。


 アンガーマネジメントに
 近いでしょうか。


・衝動的な反応を引き起こす
 目の前の現象に対して
 いったん停止して呼吸を数回行い
 心を落ち着かせる
ことができるかが
 一番重要なポイントなんです(p78)


■自分の今の気持ちを
 紙に書いてみるワーク。


 相手は自分と同じ人間である
 ということを
 口に出してみるワーク。


 相手への思いやりを
 声に出してみるワーク。


 こうしたワークを通じて
 平穏な心の状態を保つ
 訓練をするわけです。


書く瞑想・・
 書き続けることで
 普段は意識していなかった考えが
 湧いてくることもあります(p101)


■こうした本が必要なほど
 感情的になってしまう人が多いんだな、と
 新たな気づきでした。


 私の場合は、
 あまりに感情的にならないので、
 感情的になるための本が
 逆に必要かもしれませんね。


 感情的になるという表現よりも、
 自分の真剣な思いを相手に伝えるための
 演技とでもいうのでしょうか。


 方喰さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・マインドフルネスは
 「今の瞬間に、判断をしないで、
  意図的に注意を払う」
 という心と脳の状態なのです(p4)


・目を開けたあとも、少しの間、
 何も話さず、いま身体が感じている感覚を
 味わって
みてください(p31)


・人に叱られたり、
 悪口や嫌味を言われたりすると、
 ふつふつと怒りの感情が湧いてくる
 ことがあります(p83)


・ジャーナリングとは書く練習です・・
 以下のようなテーマの中から、毎日、
 ランダムに一つ選び出し・・
  ・今、感じているのは・・
  ・私にやる気を起こさせるのは・・
  ・今日、やってみたいのは・・
  ・私の心を傷つけるのは・・(p109)


・「ジャストライクミー」の言葉・・
  この人は私と同じで、体と心を持っている
  この人は私と同じで、気持ちや感情、考えをもっている
  この人は私と同じで、これまでの人生で、悲しみ、
  失望し、怒り、傷つき、うろたえたことがある(p131)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


マンガでわかるグーグルのマインドフルネス革命
サンガ編集部 方喰正彰
サンガ
売り上げランキング: 2,539

【私の評価】★★★★☆(80点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

【プロローグ】「グーグルのマインドフルネス」とは何か?
【第1章】怒りをコントロールする
【第2章】書くことによって自己発見をする
【第3章】共感を高めて関係性を改善する
【第4章】思いやりの心で問題を解決する
【第5章】マインドフルネスのこれから


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)