2017年7月アーカイブ

【私の評価】★★★☆☆(75点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■地元図書館でボランティアとして  「時間術セミナー」を開催しているので、  話のネタになるな、と手にした一冊です。  161人の小説家、作曲家、詩人、  画家、哲学者、映画監督、科学者の  日常を抜き出した一冊です。  セミナーで説明するために  161...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■2006年ですから  10年前に書かれた一冊です。  当時は石油価格が高騰し、  中国の経済発展が  注目されていました。  時代とともに富の形は変わり、  富を持つ人も変わっていくのです。 ・経済力の通信がまずは  中国から西ヨーロッパに移動し、  つぎにアメリカに移動し、  いまは歴史の大きな円運動が完成して、  数...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■勉強しないダンプ運転手、  シフト勤務の報道カメラマンから  米国でMBAを取得した  著者の時間術です。  著者は大学時代に生活費を  稼ぐためにダンプ運転手を  していました。  もちろん勉強も  読書もしていませんでした。  そこで読書も勉強もしな...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■中国電力の伝説の営業マンが、  37歳のとき青山学院大学陸上競技部に  監督として転職。  青学は今年の箱根駅伝で  3年連続総合優勝を達成しました!  チームの管理方法としては、  選手の自主性を重要視しています。  選手で目標を話し合ったり、  個人...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■日本の元外交官が  2016年10月のトランプ大統領決定前に  国際情勢について書いた一冊です。  国際社会では、ナショナリズムと  グローバリズムが  勢力争いをしているという。  グローバリズムとは、  世界を一つの市場にしようという  考え方であり...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■人は意識レベルで振動している、  バイブレーションレベルがある  と教えてくれる一冊です。  つまり  高いバイブレーションの人と、  低いバイブレーションの人がいる。  そのバイブレーションレベルは  自分で変えることができます。  例えば、愛の言葉、...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■企業戦略、リーダーシップ論の  専門家が教える目的意識を持って  行動をとるマネジャーの増やし方です。  多くのマネジャーは、  あくせく忙しくしていながら、  結果として何も成し遂げません。  何もしないほうが楽だし、  失敗して自分の評価が下がるよう...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■「ひたすら、"悪漢"を目指して生きてきた」  と自ら言うように、許永中は悪の限りを  行ってきたことがわかります。  そこには正しいとか、事実とか、契約とかは  関係なく金は力、力は金ということです。  若い頃には、生命保険とゴルフ場の会員券を  セット販売していましたが、  両者に了解を取らずにやっていたという。  め...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■著者は、住友商事で鉄屑取り引きを  日系商社トップにまで拡大。  その強みは、鉄屑の目利き。  鉄屑を一目見ただけで、  その重量、品質がわかるのです。  そして鉄屑相場情報収集から  買い入れ、売却まで  一人で仕切っていました。  その実績を買われ、  40歳でアメリカの鉄屑輸出で  トップクラスのヒューゴ・ニュー社...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■革新的に英会話ができるようになる  英会話スクールの手法を  物語形式で教えてくれる一冊です。  日本人は受験のために  英語を勉強しているので、  英会話ができない。  社会人になってはじめて  仕事で英語を使うことになり、  英会話ができない自分に落...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■最近、よく見かける100円ジュースの  自動販売機を設置している会社の  創業者の一冊です。  スタートは、中古自動販売機を  買い取っての副業からでした。  それまで仕事に打ち込めず、  転職を繰り返していた著者は、  この自動販売機事業が大好きになり...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■アイデアで勝負する博報堂の  アイデア会議の手法です。  自由にアイデアを出し合い、  集約していくのは、  よくある手法です。  ただ、上下関係なく  アイデアを集めるという  気迫のようなものを  感じました。 ・打ち合わせには、  必ず刀(アイデア...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■外資系コンサルタント会社を  渡り歩いた著者が教える  組織で出世するコツです。  組織で認められるコツは、  評価する人の期待を  少しだけ上回ること。  完璧な仕事を目指す  必要はないのです。 ・稼げる男は相手の期待を「少しだけ」上回り、  稼げな...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■ニュースで東証1部創業109年の化学薬品商社  「江守グループホールディングス」が、  民事再生法適用を申請したと知りました。  中国の子会社で中国人責任者が  自分の親族の経営する企業との  不正な取引で金を引き出していたという。  よくあるパターンで...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■福島第一原子力発電所の事故は、  悲惨なものでした。  多くの周辺自治体の人たちが、  国の指示で避難し、  今も多くの人が避難しています。  この本では、  今回の事故の放射線で死亡する人より、  避難のストレスで死亡した人が  多かったのではないかと...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■大富豪の斎藤一人さんと  新宿のカリスマホスト経営者との  対談です。  カリスマホストの質問に、  一人さんが考え方を教える形式。  「義理人情仁義」  「いばっちゃいけない、  舐められてもいけねえ」  ということを教えています。  一人さんはやっぱ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■現代のサラリーマンが  江戸時代にタイムスリップして、  江戸の知恵を学ぶ時代小説です。  歌麿、写楽の浮世絵を出版した  蔦屋(つたや)重三郎(蔦重)  と出会い、弟子入りします。  当時の版元では、本を売るだけでなく  出版物の版木を彫る掘師と、  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■大正から昭和にかけて  秋田県の山で猟をして生きるマタギを  主人公とした小説です。  タイトルの「邂逅」とは、  思いがけなく会うこと。  山で猟をして生きるマタギが、  獣や人と出会いながら生きていく  意味なのでしょうか。  若いマタギの主人公は、...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■「バカの壁」で有名な解剖学者の養老孟司先生と  精神科医の名越康文さんの対談です。  テーマは他人とは基本的に  分かり合えないということ。  分かり合えない他人同士、  うまくやっていくのが  大人なのでしょう。 ・猫が苦手な人に、猫のおもしろさを  延々と語っても永遠に伝わらない・・  猫に関する前提が根本から違うん...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■マインドフルネスって何?  と手にした一冊です。  マインドフルネスとは、  感情的にならないこと。  自分の気持ちを正しく理解し、  表現できるようになること。  アンガーマネジメントに  近いでしょうか。 ・衝動的な反応を引き起こす  目の前の現象に...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(83点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■テレビでおなじみの  ケント・ギルバートさんの一冊です。  共産党活動が連邦法で禁止されている  アメリカの弁護士としては、  日本で反日活動家がどうどうと  活動していることに違和感があるらしい。  特に、共産党、社民党、  日教組、日弁連、  朝日新...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■業績不振のチョコレート製造企業を  アメリカでMBAを取得した主人公が  再生させるという一冊です。  現在の企業のオーナーは創業者の娘。  その娘婿が社長なのですが  無能という設定です。  その無能社長は  現役銀行マンを引き抜き、  会社の再生を目...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■世の中には、現在の仕事に  不安や不満を持つ人が  いるようです。  給与が安い。  やりがいがない。  部下が面従腹背。  十分な報酬があり、  やりがいのある仕事や、  自分の天性を活かせる仕事は  存在するのでしょうか。 ・やりがいを求める新時代に...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■見える化は、トヨタで生まれ  育った現場経営の手法です。  現場の状況や課題への取り組みを  壁に貼ったり、表示して、  見えるようにする。  当たり前のようですが、  当たり前のことができていない  職場が多いのではないでしょうか。 ・見える化の目的は...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■過去に地球が氷に覆われた可能性が  あることがわかっています。  しかし、その原因は  よくわかっていません。  この本は、著者が研究中の仮説を  説明するものとなっています。 ■また、氷河期の中では10万年のサイクルで、  氷期と間氷期がくり返され、  二酸化炭素濃度も変化しているとのこと。  しかし、二酸化炭素が原因...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■動物の進化と、  大気の酸素・二酸化炭素濃度との  関連を考える一冊です。  石炭が作られた時代(石炭紀)に  酸素レベルは30%にまで上昇し、  二酸化炭素レベルが急減しました。  そのためなのか地球は  寒冷化しています。  酸素濃度の上昇に伴い  動物、昆虫は巨大化しています。 ・石炭紀という名前は、地球上で今日発...
続きを読む

>月別(2002年7月~)