「徴兵制が日本を救う」柿谷 勲夫

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

徴兵制が日本を救う

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


■陸上自衛隊の西部方面武器隊長、
 防衛大学校教授などを歴任した
 柿谷さんの一冊です。


 自衛隊を憲法で軍隊として
 規定することを求めています。


 専守防衛の自衛隊は、
 その根拠があいまいで、
 軍隊としての対応ができず、
 中国、韓国、ロシアに
 舐められているという。
 

・わが国は、本格的侵攻であれ、
 ゲリラによる攻撃であれ、これを撃破し、
 阻止しうる態勢にない。
 わが周辺諸国はわが国の防衛体制、
 姿勢を十二分に知り尽くしている。
 それ故、わが国に対しては、
 どのようなことをしても、大丈夫と
 確信し、侮り切っている(p85)


■徴兵制となれば、国会議員も
 自分の子供も軍隊に入るので、
 まともな議論がなされるとしています。


 自分のこととして考えるからこそ、
 真面目で実効的な議論ができるのでしょう。


 柿谷さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・中国、北朝鮮、韓国、ロシアなど
 わが周辺諸国が署名すらしなかった
 「対人地雷全面禁止条約」を衆参両院が
 一人の反対もなく商人、昭和の愚策、
 攻撃兵器・核ミサイルの放棄に引き続き、
 防衛兵器・対人地雷も放棄した(p1)


・イギリス人の不満の根底は日本軍に負けた
 ことである。捕虜虐待はそのすり替えにすぎない。
 イギリスが日本軍の捕虜虐待を言うのであれば、
 わが国はイギリス軍によるわが兵士に対する
 動物並みに扱った虐待を非難すべきである(p82)


・西ドイツは基本法に「国の防衛のために
 軍隊を設置する」を追加して再軍備した(p86)


・一朝有事の際、命を懸けて任務に就く自衛官は、
 防衛庁において、文官の風下に置かれ、
 権限を行使しているのは一握りの防衛官僚で、
 官僚は自分の権益保持のために、
 自衛官の国会出席をも阻んでいる(p121)


・国家の最大事は国の存立であり、
 存立を守る中核の組織が軍隊である・・
 憲法に「軍隊」が明記された時にはじめて、
 わが国は主権を回復して、
 独立国家となるのである(p200)


・アメリカの大将には、
 勲一等旭日大綬章を与えるが、
 統幕議長には勲二等しか与えない(p203)


・徴兵制の国や軍隊は社会的地位の高い国の軍隊には、
 国会議員の子息などが入隊する。それ故外国の
 国会議員は、わが国のように、PKOに機関銃の
 携行はダメ、拳銃だけを持って行けなどとの
 寝言を言わない(p207)


・自衛官は任務の性格上体力が要求されるが故に
 定年が早い将官は60歳だが・・
 一佐(旧軍や外国軍の大佐に相当)が56歳、
 二佐(中佐)、三佐(少佐)が55歳、
 一尉(大尉)から一層までは54歳(p211)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


徴兵制が日本を救う
徴兵制が日本を救う
posted with amazlet at 17.07.01
柿谷 勲夫
展転社
売り上げランキング: 1,082,755

【私の評価】★★☆☆☆(67点)



■目次

第1章 中国の言い分を粉砕する
第2章 韓国への迎合はもうご免
第3章 英人捕虜への補償は噴飯
第4章 自衛隊を蔑ろにした報い
第5章 現憲法を改め国民皆兵に


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む