「まちゼミ さあ、商いを楽しもう!」松井洋一郎

| このエントリーをはてなブックマークに追加

まちゼミ さあ、商いを楽しもう!

【私の評価】★★★★☆(82点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■まちゼミとは、
 リアル店舗で開く
 無料のセミナーです。


 それを商店街全体で
 「まちゼミ」として
 PRするのです。


 たとえば、文房具店なら
 「初心者向け万年筆入門」として
 見込み客を集めるのですね。


・自分にとってはごく当たり前のことなのに、
 それをほんの少し披露しただけで喜ばれ、
 受講者が喜んでいる姿を見て
 自分もうれしくなる(p58)


■面白いところは、
 人数を7人以下と
 少なくしているところ。


 少ない人数でやることで、
 一人ひとりと密接に関わることができ、
 親密になれるのです。


 無料で売り込むこともないので、
 良い関係を構築できるのです。


・まちゼミでは定員を
 3人から7人程度

 推奨しています(p28)


■こういう少数セミナーもいいなあ~
 と感じました。


 効率が悪いように見えますが、
 逆に効率が良いのかもしれません。


 松井さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・集中すべきは、あなた自身が
 やりたいこと
です。
 目指すべきは、受講者に心から
 喜んでもらうことです・・
 ワクワク、ドキドキすることを
 やってみましょう(p141)


講師の話は全体の3分の1程度にとどめ、
 残りの3分の2を受講者からの質問を受けたり、
 意見を交換したり、受講者どうしが
 交流する時間にあてれば、受講者に
 心から喜んでもらえます(p87)


・まちゼミで開催した料理教室をきっかけに、
 その後も独自に有料の料理教室を開いている
 飲食店はたくさんあります(p140)


・便利なのが裏講座です。
 チラシでは公表しない日程を予定しておいて、
 チラシ配布前や受付日前に予約したいという
 人が現れたらその日程で対応するのです(p154)


・店の外から講座の様子が見えるようにすると、
 通りすがりの人へのPRになります(p160)


・全国の平均を見ると、再来店率は
 20%から25%ほど
になっています・・
 岡崎市のウォーキング専門店「足軽屋」では
 なんと60%を超えています(p170)


・「集客できる講座」は定番として残しつつ、
 そこから冒険して少しだけ変えた講座に
 ぜひ挑戦してみてください・・
 いくつか試みているうちに、必ず再来店率の
 高い講座が見つかります(p187)


・データでは、受講率、満足度、さらに
 DMを出したか、ポスティングを行ったか、
 クーポンなどでフォローしたかなども
 各店ごとに集計されています(p245)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


まちゼミ さあ、商いを楽しもう!
松井洋一郎
商業界
売り上げランキング: 131,732

【私の評価】★★★★☆(82点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

プロローグ お客様、店、地域が良くなる"三方よし"の実践
第1章 まちゼミを知る
第2章 まちゼミを実践する 運営成功編
第3章 まちゼミを実践する 個店繁盛編
第4章 まちゼミを発展させる、まちゼミで発展する
エピローグ まちゼミ魂を胸に秘める仲間とともに


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)