「遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉」鎌田 實

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉

【私の評価】★★★★☆(80点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■医師であり、作家である72歳の著者が、
 高齢者としての生き方を
 「遊行期」と称して考える一冊です。


 古代インドでは、人生を学生期、
 家住期、林住期、遊行期に
 分けるという。


 「遊行期」とは
 死に備える時期であり、
 自分らしく生きられる時期なのです。


・僕の「遊行期」のとらえ方は少し違います。
 「人生の問題」から解放されて、
 自分に正直に、肩の力を抜いて、
 しがらみから離れて生きていく

 大切な時期だと考えます(p17)


■「遊行期」を楽しむためには、
 腹をくくる必要があるようです。


 自分らしく生きると腹をくくる。
 これまでの殻を破る覚悟をする。
 だめな自分をそのまま受け入れる。


 どうせ死ぬのですから、
 自分のやりたいことを
 素直にやればいいのです。


・人生に手遅れなんてありません。
 「遊行」です。
 死んだ気でやればいいのです(p70)


■とはいっても、何十年も生きた
 習慣や思い込みに縛られるのが
 人間なのでしょう。


 だからこそ、死を前にして
 自分らしさを考え、悩むことが
 大事なのだと思いました。


 鎌田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・若い人にいっておきたい。
 空気を読むことはとても大事。
 しかし読みすぎないことが、
 もっと大事(p31)


・本当の自分がいまだによくわかりません。
 そしてその自分を壊す覚悟も、
 あるとはいい難いのです(p28)


・怒らないできた人は
 ときどき怒ればいいのです。
 これは自分自身にいっています。(p41)


・ギャンブルなどの依存症の人には、
 へこむのを隠して、"強がる"人が
 多いことが知られています。
 「ダメな自分」を認めたところから、
 自分改革は起きる(p68)


・あえて、「病気は私の武器です」
 「障害は私の武器です」
 「貧乏は私の武器です」
 「弱さは私の武器です」と口にしたとき、
 大逆転が始まるのです(p150)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
鎌田 實
清流出版
売り上げランキング: 3,741

【私の評価】★★★★☆(80点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■目次

1章 「遊行」を意識すると生きるのが楽になる
2章 「弱い自分」「ダメな自分」「適応できない自分」でも生きぬける
3章 一〇〇万回立ち上がる覚悟
4章「自分革命」を起こす、発熱する言葉
5章 「遊行」とは、「愛の海」に還っていくこと


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む