「天運の法則」西田 文郎

| このエントリーをはてなブックマークに追加

天運の法則

【私の評価】★★★★☆(83点)


■経営者向けの90万円のセミナー
 「西田塾」で教えられている
 天運に気づくための一冊です。


 「天運」に気づくとは、
 自分は何のために生まれてきたのか、
 ということに答えを見つけること。


 その答えは、あなたの"脳"、
 頭の中にあるのです。


・「あなたは、何のために生まれてきたのか?」・・
 「どのように人生を終えたら幸せだと思うか?
 あなたはこれらの問いに、
 今すぐ答えられるだろうか(p4)


■「天運」に気づくためには、
 自分を知る必要があります。


 自分というものを
 深堀りしていくのです。


 祖先を知り、
 親を知り、
 自分を知る。


 そうした作業をしていく中で、
 自分は本当は何がしたいのか、
 ということを
 考えていくわけです。


・「他人はだませても自分はだませない」・・
 自分の魂に対して嘘をつかなければ
 実行できないことをすると、
 苦しくなってしまう(p91)


■結局、自分の魂が
 喜ぶことをやっていくことだと
 思いました。


 いろいろ制約はあると思いますが、
 自分の魂を騙すことは
 できないのです。


 西田先生、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「天運」に気づいていただくためには、
 次の7つの要素を掘り下げていただく・・
 1真の親孝行
 2先祖の歴史
 3日本の成り立ち
 4善と正義
 5無知の知
 6天との約束
 7伝承・伝達(p78)


・あなたにも習慣を見直してもらおう。
 できるだけ魂を傷つける習慣をなくし、
 魂が喜ぶ習慣だけを行えるように
 していただきたい(p108)


・人類は命と思想を伝達して成長してきた・・
 我々の魂には、壮大なる人類の
 成長の歴史が刻み込まれている(p136)


・自分の先祖に誇りを持つ・・
 先祖を調べる行動は
 「天運」を高める訓練である(p167)


・人生の三計・・
 生計=どのように生きるかという計画
 (20歳から40歳は前期/40歳から60歳は後期)
 老計=どのように老いていくかという計画
 死計=どのように死んでいくかという計画(p303)


・「もし、3カ月後に死ぬとしたら、
  誰に何を伝えたいだろうか
」(p309)


・やる気満々の状態・・をつくる方法は
 意思の力ではなく、ワクワクした
 プラスイメージ、プラス感情によって、
 扁桃核を「快」にすることなのである(p52)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


天運の法則
天運の法則
posted with amazlet at 17.05.10
西田 文郎
現代書林
売り上げランキング: 8,264

【私の評価】★★★★☆(83点)



■目次

第1章 天運に気づく 直感が伝える魂からの純粋な声にこそ真実がある
第2章 天運を知る 魂に刻み込まれた伝承・伝達が正しい道を指し示す
第3章 天運を感じる 先祖から引き継がれた教えが誇りと自信につながる
第4章 天運を磨く 心の奥底にある思いによってすべての結果は決まる
第5章 天運を信じる 大変革に負けない思考は伝承・伝達の魂に支えられる
第6章 天運で生きる 命がけで真の使命を果たすことに人生の意義がある


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)