「1日36万円のかばん持ち―三流が一流に変わる40の心得」小山 昇

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得

【私の評価】★★★★★(95点)


■ダスキン事業を行っている
 (株)武蔵野の社長の小山さんの一冊。


 (株)武蔵野では経営サポート事業も
 行っており、600社を指導して、
 倒産した会社はゼロ。


 その経営サポートの一つが、
 「1日36万円のかばん持ち」
 なのです。


 一緒に行動するからこそ、
 伝えられることがある、
 ということでしょう。


・自分だけ勉強する社長は
 「もっとダメ社長」!・・
 社長が優秀すぎる会社は、
 例外なく赤字です(p189)


■小山さんは中小企業の
 天国と地獄はほんの
 些細なことだと言います。


 つまり、ちょっとしたことで
 赤字にもなれば、
 黒字にもなる。


 そして、好かれる社長とは
 業績を上げることのできる
 社長なのです。


 そう言いながらも、
 先代やナンバー2を大切にする
 ということも強調しているところは
 さすがです。


・社長がひとりで決めると、
 ナンバー2はヘソを曲げるだけです。
 一緒にお酒でも飲んで、膝を突き合わせて、
 「いろいろ教えてください。協力してください」
 とお願いをしてみればいい(p75)


■面白いのは、話のネタが、
 部下とのコミュニケーションから
 銀行との付き合い方と
 幅広いこと。


 中小企業の社長向けなので
 社長によって会社の業績が変わるから
 すべてに目配りが必要なのでしょう。


 個別のアドバイスも適切でした。


 小山さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・会社が「赤字」のときこそ、
 「自社株」を買い取るチャンス!・・
 社長の株式保有率を
 「67%以上」にすべきです(p70)


・自社の欠点をつぶすこと以上に
 もっと大切なことがある。
 それは、「自社のよいところを伸ばすこと」
 です(p211)


・工場や倉庫をキレイにするだけで、
 新規顧客がどんどん増える(p222)


・私はほとんど、会社にいることはありません。
 なぜなら、会社の中には、わが社を
 よくする情報がひとつもないからです(p105)


・お客様訪問をするときは、
 次の2つを必ず聞く・・・
 1「当社のことを、どうしてご存じだったのですか・・
 2「どうして当社を選ばれたのですか・・(p91)


・私は「粗利益額が多いお客様上位」に対して、
 表敬訪問(お中元とお歳暮の訪問)を
 続けています(p117)


・会社経営においては、
 「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」が
 正しい社長の姿勢です(p149)


・30年以上風邪をひかない5つの健康法・・
 1 よく寝る
 2 食事に気をつける
 3 ・・21時以降は飲まない
 4 夏は厚着、冬は薄着
 5 毎日、8000~1万歩は歩いています(p203)


・私は2代目社長に対し、
 「毎朝、必ず創業者に報告に行く」
 ようにアドバイスしています・・
 一線から退くことで、さみしくなる(p68)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


いつも応援ありがとうございます


1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得
小山 昇
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 47,407

【私の評価】★★★★★(95点)



■目次

【特別企画】初公開! 1日36万円の「かばん持ち」図鑑
【心得1】どんなに売上を上げても、手元に「現金」がなければ、「2年後」に黒字倒産する
【心得2】「社内不倫」の疑いがあれば、その情報を社内全員に一斉メールせよ
【心得5】「社長の実力=会社の実力」は大間違い! ナンバー2の実力こそ、会社の実力である
【心得6】ハウステンボス、ディズニーランド、旭山動物園......3つの共通点とは?
【心得8】「10種類」のメニューがあるラーメン屋より「1種類」のメニューしかないほうが、どうして儲かる?
【心得10】「月1回、1回20分、朝9時前から」の銀行訪問が融資を引き出す必殺技
【心得11】金利が高かろうと、使い道がなかろうと、「限界まで借金をして、なかなか返さない」が正しい
【心得15】社長がお歳暮を直接届ければ、30年間、ライバル会社からお客様を守ることができる
【心得18】パチンコと経営の非常識な関係! パチンコ勝率と社長の実力は比例する!?
【心得19】なぜ、ランチェスター戦略の本質は「ジャンケン」にあるのか?
【心得28】一般社員は「日」単位、幹部社員は「時間」単位、一流社長は「秒」単位
【心得29】「電車の乗り方」だけで、社長の実力が見抜ける理由
【心得30】「率」は主観、「額」は客観
【心得32】質より「スピード」! 〝テキトー〟に1秒でも速く決断する5つのコツ
【心得33】「8割右肩下がり」&「35%が赤字」でも、なぜ、「15年連続倒産ゼロ」なのか?
【心得34】30年以上風邪をひかない5つの健康法
【特別付録】三流が一流に一夜にして変身! 3日で108万円払った社長も知らない役立つ着眼点・習慣・秘録リスト24
【コラム】美人社長が「かばん持ち」を決断した「不純な動機」とは?
【コラム】車中の密談のすべてを知る謎の「タクシードライバー日誌」


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む