「世界が称賛する国際派日本人」伊勢 雅臣

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

世界が称賛する国際派日本人

【私の評価】★★★★☆(87点)


■人気メルマガ「国際派日本人養成講座
 の書籍版です。


 "国際派日本人"とは、
 外国語ができる人ではありません。


 "国際派日本人"とは、
 日本の良いところ、悪いところを知り、
 諸外国の良いところ、悪いところを知り、
 自分の意見を言える人です。


 この本(メルマガ)は、
 "国際派日本人"となるために
 日本の歴史を再認識するための
 一冊になっています。


・いまに至ってもサマーワ最大のサマーワ総合病院は
 20年前の日本のODAによってできたものです。
 その当時の日本人がどれだけ立派だったか、
 という話をよく聞いた・・今回ほど、自分が
 日本人あるいや自衛官であることを
 誇りに思ったことはありませんでした
 (番匠一佐)(p44)


■この本では、
 世界に日本人とはこんな民族である!
 と行動をもって示してきた
 先人を紹介してもらえます。


 "国際派日本人"となるためには、
 まず、日本人の良いところを知り、
 日本人としての誇りを持つことでしょう。


 そしてまた、日本人の
 弱点も知る必要があります。


 歴史を見れば、
 軍事上の戦争・紛争は続いており、
 経済・ビジネスも形を変えた戦いと
 考えることができます。


 「騙されるほうが悪い」
 という世界があるのも
 事実なのです。


 さらに、政治の上でも反日教育、
 反日政策を行っている国家が
 存在していることを
 認識しなくてはなりません。


・当時の韓国では、李承晩大統領の十二年間に
 およぶ排日政策の結果、反日感情が横溢していた。
 小学校から、中学、高校と反日教育が施され、
 「電信柱が高いのも、ポストが赤いのも、
 みんな日本が悪いから」
 と揶揄されるほどであった(p200)


■多くの日本人は平均して見れば、
 諸外国に比べればまじめで、
 親切で正直です。


 そうした先人の素晴らしさを引き継ぎながら、
 先人の誠意が踏みにじられることも
 あった事実を知ることだと思いました。


 伊勢さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・大村智(さとし)教授・・四千万人を
 感染症から救ったノーベル賞化学者の志・・
 夜はこうして必死に勉強に取り組んでいる
 夜間高校の生徒たちを見て、
 自分はもっと何かをしなければ
 済まないという気になった(p11)


・明治三十三(1900)年、パーク・デービス社の
 技術顧問となっていた(高峰)譲吉は、研究助手・
 上中啓三とともに、アドレナリンの純粋結晶の
 創製に成功した(p234)


・満州ハルピンの夜・・カウフマン博士が訪ねたのは、
 八月にハルピンに赴任してきたばかりの
 ハルピン特務機関長・樋口季一郎少将である・・
 ハルピンで極東ユダヤ人大会を開催するのを
 許可してほしいということだった・・
 樋口は即座に快諾し、博士を励ました(p130)


・(イラク)サマーワ市民による百人規模の
 デモ行進が行われた。スローガンは
 「日本の宿営地を守ろう」というものだった・・
 もっともこうした事実は、日本の
 マスコミはほとんど伝えなかった・・
 サマーワで行われた「パレスチナ支援デモ」では、
 二十本ほどの横断幕のたった一つに
 「自衛隊は撤退すべきだ」と
 書かれていただけで「反日デモ」などと
 報じた新聞があった。偏向報道もここまでくれば、
 確信犯という他はない(p35)


・第一次上海事変とは、一月十八日に日本人僧らが
 中国人に襲撃され、一人死亡、二人負傷した事件を
 きっかけに、日本海軍陸戦隊と蒋介石軍との間で
 始まった武力衝突である(p144)


・「台湾独立」の完成・・
 大陸から逃げ込んだ中国人(外省人)が、
 言語、風俗、歴史も異なる台湾人(内省人)を
 支配してきた構造は、1987年まで
 台湾語による放送が禁止されていたことからも
 窺えるように、一種の外来政権支配であった。
 蒋介石外来政権からの台湾人の解放を
 意味していたのである(p180)


・(朝鮮王朝の)垠の父、李大王は
 方子妃との婚儀を大変に喜んだという・・
 大正九(1920)年四月二十八日、
 東京六本木・鳥居坂の李王邸で結婚式が
 執り行われた。婚儀に反対する朝鮮人大学生が、
 ピストルと爆弾を持って李王邸潜入を企てたが、
 朝鮮人刑事が検挙して事なきを得た(p195)


・清国皇帝は、アヘン戦争に敗れても時代の
 趨勢に気づかず、結局、辛亥革命で
 廃位されられた。朝鮮王家は、清国、ロシア、
 日本のそれぞれの外国勢力を頼もうとする
 勢力の内紛に翻弄され、日本との合邦下では
 皇族として処遇されていたものの、終戦とともに
 その地位を失った。ロシア皇帝は専制君主のまま、
 共産革命の最中に惨殺された(p244)


世界が称賛する国際派日本人
伊勢 雅臣
扶桑社 (2016-09-29)
売り上げランキング: 12,812

【私の評価】★★★★☆(87点)



■目次

第1章 現代社会で称賛されている国際派日本人
第2章 戦いに敗れし後も
第3章 荒海での戦い
第4章 一視同仁
第5章 近代西洋文明への挑戦


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


いつも応援ありがとうございます


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む