「警察の犯罪―鹿児島県警・志布志事件」粟野 仁雄

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

警察の犯罪―鹿児島県警・志布志事件

【私の評価】★★★★☆(84点)


■2003年に鹿児島県の志布志町でおきた
 中山信一県議の選挙違反を
 警察と検察が捏造した事件の記録です。


 過酷な取り調べにより
 自殺未遂者まで出て、
 最後は全員無罪となりました。


 「国家の罠」佐藤 優(著)で、
 国策捜査があることは知っていましたが、
 実際にあるのですね。


・比較的軽微な罪状の容疑にもかかわらず、
 身柄拘束日数は、在宅起訴の一人を除くと
 中山信一さんの395日、妻シゲ子さんの
 273日を筆頭に、平均でも177日という
 異常なものだった(p14)


■警察と手法は、
 次のとおりです。


 任意聴取でありながら、
 一日10時間以上取り調べ、
 100日以上拘留する。


 認めないと家族を逮捕すると脅す。
 認めないと罪が重くなると脅す。
 認めないと返さない。(本当)


 検察の手法は
 次のとおりです。


 都合の悪い調書は修正した後で
 捺印させるか、
 捺印後に余白に書き込む。


 被告から弁護士との接見内容を
 調書して、違法な弁護人活動を
 指摘して、国選弁護人を解任する。


 普通の人は、これで落ちるでしょう。
 実際に、卒倒した人、
 自殺未遂した人が出ました。


・長井健宜警部補は・・お前以外の人は
 全員認めているんだ」と言う。さらに
 「今のままだと泥沼に入っていくぞ。
 どんどん罪が重くなっていく。
 そうすれば釈放はされないし、
 面会も許されない(p92)


■アリバイが成立し、
 中山信一県議ほか関係者は
 無罪となりました。


 しかし、本当の黒幕はだれか
 わかっていません。


・幸いアリバイが成立した・・
 磯辺(一信 警部)らが多人数の買収会合に
 してしまったことが失敗だった(p230)


■関係者の処分も
 稲葉一次県警本部長は文書注意、
 濱田隆広警部補は十分の一の減給、
 黒健治署長は本部長注意、
 磯辺一信警部と他課長が所属長訓戒、
 と非常に軽いものでした。


 気分が悪くなりました。


 粟野さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・濱田(隆広 警部補)の目付は豹変した・・
 ワイ(お前)が黙れ、ワイが悪いことして
 逮捕されたら、娘婿も仕事をやめかただよ
 (やめなければならない)」と脅した(p27)


・船迫()は「嘘を言っていれば四浦の人、
 みんな逮捕しますよ」・・「認めなければ
 親も子供も逮捕する」などと言い、
 肩を揺することまでした(p72)


・川崎清は「選挙違反は交通違反と同じだから
 罰金を払えばすぐに出られる」と、甘言を
 弄したかと思うと「認めなかったら逮捕する」
 と懐俊裕さんを脅した(p77)


・県警本部生活保安課から応援に来た
 押領司浩志という巡査部長に
 「焼酎と金をもろたどが。
 認めんと親も子も逮捕するぞ。
 死ねえ」などと厳しく調べ・・(p76)


・小櫻(誠 警部補)は「お前の名前が
 新聞に載れば家族がばらばらになるぞ」
 と脅した・・否認すると「嘘を言うな」
 と怒鳴り通しだった(p80)


・山下健一・・警部補は、なんと
 「お前が認めないからだんなが病気になったんだ。
 天罰だ」とまで言った(p105)


・小能(俊一 警部補)は・・「認めれば罰金で済む。
 交通違反と同じだ。認めなければ逮捕するぞ。
 認めれば天国、認めなければ地獄だ」(p108)


・堂免(国光 警部補)には「言わんか、こらあ」
 といって人差し指で胸を突かれたこともあった。
 「夜はシーンとして疲れたのか堂免は寝ている。
 そのくせこっちが寝ると怒る」(p150)


・福山準一副検事が判を押させようと、
 ちらりとだけ見せた調書は
 「迷惑をかけたので死んだほうがましだ」が
 「選挙違反をしたので死んでお詫びする」
 に変わっていた。中村(剛)の報告を
 上司の磯部(一信 警部)が改ざんしていた(p79)


・「息子、娘も逮捕する。社員もだ。
 お客さんにまで迷惑をかける。会社も潰れる」
 と脅した磯部(一信 警部)は、中山さんが
 否認すると怒り狂って「シゲ子は認めているぞ。
 県議がこれくらいのことがわからないのか。
 殺すぞ」とまで恫喝した(p120)


・自分が言ったことを
 (徳永早美)検事が読み上げた。
 それで下に拇印を押せというから
 押そうとしたら下に
 二、三行の空欄があったんです」。・・
 後に調書になったものにはそこが
 埋まっていた。拇印を押すときには
 書いていなことが書かれた・・(p159)


・徳永(早美)検察官は
 「証拠がないのであれば、
 やっていないと言っても負けだ」
 と・・(p160)


・警察・検察は、弁護人の懲戒を狙い、
 接見内容を被告から聞き出して調書する
 ことを組織的にやったのだ・・・
 弁護士の解任を狙い、逮捕者を裸同然の
 無防備状態にする捜査手法・・(p232)


・ある刑事から匿名の電話があった・・
 黒(健治)署長お得意の叩き割り
 (事実があるかないかわからないのを
 引っ張り出して叩く)が始まった。
 令状なしで引っ張り出して、四浦住民が純朴で
 法律をよく知らないのをよいことに、
 何日でも思いのままに責め上げる・・(p246)


警察の犯罪―鹿児島県警・志布志事件
粟野 仁雄
ワック
売り上げランキング: 438,913

【私の評価】★★★★☆(84点)



■目次

序章 誰もがウサギになる恐怖
第1章 「踏み字」
第2章 ターゲットを変える
第3章 自殺未遂に追い込まれた人たち
第4章 狙われた集落
第5章 本丸へ、狙いは議員資格剥奪
第6章 名を偽る女性刑事
第7章 一転否認 波乱の公判
第8章 警察とグルで事件をでっちあげた検察
第9章 無罪判決
第10章 仕掛け人は誰か
終章 他人事ではない志布志事件


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む