「できる人の「1秒」記憶術」椋木 修三

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

できる人の「1秒」記憶術 (成美文庫)

【私の評価】★★★★☆(85点))


■記憶術、速読術、勉強法を教えている
 椋木(むくのき)さんの一冊です。


 今回は、
 ビジネスで活用できそうな
 名前の覚え方や
 文書の内容の記憶法を
 さらりと教えてもらいます。


 まず、名前を覚えるには、
 名前でストーリーを作って覚え、
 翌日お礼メールを送り、
 さらにストーリーを復習します。


・エピソード記憶・・ストーリーをつくろう・・・
 名前が「山田一郎」で、顔の特徴が大きな目だとすると
 「山の田んぼで"一"番"労"働したんだ
 "多め"に金をくれ」といったストーリー(p36)


■大切なことを覚えるためには、
 こうした印象的なストーリーに
 変換すること。


 そして、分かれた後に名刺を整理したり、
 翌日、お礼メールをしたりするといった
 思い出す仕組みが大切です。


 繰り返し思い出すことは、
 長期記憶するべきことだと
 脳が判断するのでしょう。


・「ダメ押し」記憶術・・
 1 初体面なら、別れたあと相手のことを思い出す
 2 即日もしくは翌日、電話かメールする
 3 時々名刺を見直す(p121)


■できる人は覚えるべきことを
 繰り返し考えているのだ
 と思いました。


 反対に、うまくいかない人は、
 忘れるべき"いやな記憶"を
 繰り返し考えているのですね。


 椋木さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・名前の置き換え・・
 1 自分のよく知っている人物に置き換える
 2 自分の知っているモノに置き換える
 3 音感を活用する(p104)


・「身近なモノに置き換える」方法・・
 「山越」→「山を越している山越さん」
 「岩原」→「岩だらけの原っぱを歩く岩原さん」(p105)


・記憶フィルターをセットする
 第6のポイントは、「想起」です。
 思い出すクセをつけるということです・・
 名刺交換をしたら、話の内容や顔、印象などを、
 別れたあとに思い出すようにする(p41)


・たとえ話をつくろう・・・印象記憶術・・
 たとえば「薔薇」という字は・・
 「草の下で土の中で、人人がグルッと回れば
 (これで「薔」)、
 その草は微笑む(これで「薇」)(p184)


・「エピソード記憶」とは、
 文字通り、自分の実体験
 (エピソード)を伴う
 記憶のことです(p22)


・生き方を困難にする記憶は、忘れる・・
 イメージを変える・・たとえば、
 道に犬のフンが転がっていると、
 汚く思えて、その道を通ることができなかった・・
 「あれはフンではなくて、バナナだ」(p45)


できる人の「1秒」記憶術 (成美文庫)
椋木 修三
成美堂出版
売り上げランキング: 344,098

【私の評価】★★★★☆(85点)


■目次

【1章】 情報はタイトルをつけて整理する
【2章】 頭から読む悪習をやめよう
【3章】 長いデータは一口サイズにする
【4章】 言葉はイメージで、イメージは言葉で覚える
【5章】 頭にメモする聞き方の技術
【6章】 数字は単語としておぼえよう
【7章】 難関合格! 1秒記憶勉強術


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村





この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む