「秘密結社Ladybirdと僕の6日間」喜多川 泰

| このエントリーをはてなブックマークに追加

秘密結社Ladybirdと僕の6日間

【私の評価】★★★★★(97点)


■才能はあるのに、
 努力ができない主人公は、
 日射病で倒れます。


 そして偶然、彼を助けたのは、
 「秘密結社Ladybird」。


 彼は「秘密結社Ladybird」
 から成功の秘訣を
 教えられることになりました。


 なぜ、彼は支援を
 受けることになったのでしょうか。


・もう逃げないって決めろ。お前は、
 無意識のうちに逃げるのが癖になっている。
 そして逃げずに戦っている奴を
 バカにして生きることで
 辛うじてバランスをとっている
(p210)


■「秘密結社Ladybird」は、
 それまで各メンバーで
 成功を目指してきました。


 そして、30年が経ち、
 各自が社会的に成功する中で、
 リーダーがこの世を去ります。


 そしてリーダーからの
 最後のメッセージには、
 次の「秘密結社Ladybird」の
 使命が書いてあったのです。


 それは協力して
 次の世代を育てること。


・人生の折り返し地点までは、
 自分の夢のために生きることで
 力をつけて、押し返したら、
 その力を次の世代のために使う・・
 そんな生き方をしなきゃね(p247)


■なぜ、人は自分の成功のために
 頑張るのか。


 そして、一角の人間になった後、
 何が待っているのか
 示唆する一冊でした。


 私のために書いてくれたような
 気がした一冊だったので
 ★5つとします。


 喜多川さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・なるまでよりも、なってからの方が大変だって。・・
 その『なってからの人生』を
 幸せに生き続けるためには、
 本当の力がなければ続けることができない(p167)


・目標を達成したいと思って、本気になるだろ。
 そうすると、それを応援する人たちが
 必ず現れるんだ(p169)


・最初の30年は、自分の夢を叶える力を養う
 『Ladybird』幼虫期。
 次の30年は、その力を自分よりも
 大切な誰かのために使って生きる
 『Ladybird』成虫期(p242)


・人間、辛いことや苦しいこと、
 思うようにいかないことがあると、
 それが原因でダメになっちゃう人と、
 それが原因で成長する人がいるんだって(p272)


・続けることとか、明日も、明後日もとか
 先のことを考えるな。
 とにかく、今日に集中しろ(p296)


秘密結社Ladybirdと僕の6日間
喜多川 泰
サンマーク出版
売り上げランキング: 764

【私の評価】★★★★★(97点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)