「トランプ後の世界 木村太郎が予言する5つの未来」木村太郎

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ後の世界 木村太郎が予言する5つの未来

【私の評価】★★★★☆(84点)


■日本で唯一トランプ大統領誕生の
 可能性を言及してきた
 木村太郎さんの一冊です。


 マスコミは反トランプ
 キャンペーンを張ってきましたが、
 選挙民はトランプを選びました。


 今後アメリカは、世界は、日本は
 どうなっていくのでしょうか。


・選挙前の調査では
 ネット系メディアがトランプ支持、
 既存のマスコミはヒラリー支持でした(p62)


■トランプの主張は、
 アメリカ第一主義です。


 グローバル化ではなく
 国内生産を優先する。


 アメリカは世界の警察官ではないし、
 相手にも理想を要求しない。


 日本は自分で国を
 守ってくださいね、
 ということです。


アメリカはハワイ諸島以西に
 引き上げるかもしれません

 経済交渉では、米・中2カ国で厳しい話し合いを
 することになると思われますが、
 安全保障面では対立する道は
 選ばないのではないでしょうか(p128)


■第二次世界大戦前も
 アメリカは孤立主義で
 内に閉じこもっていました。


 ナチスに勝つためには、
 アメリカの参戦が
 どうしても必要でした。


 歴史は繰り返す
 ということでしょうか。


 木村さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・トランプは遊説会場では必ず、
 私たちがいる記者席を指さして
 「あそこにいる、うそつきのマスコミども!」
 というのです(p25)


・2015年暮れの演説で「私が大統領になったら
 "メリー・クリスマス"と言えるようになるよ」
 と言ったのです・・ 
 公の場所でクリスマスをお祝いすると
 イスラム教徒やユダヤ教徒から
 「それは違うだろう」と言われてしまう(p29)


・「イスラムを口実にしてアメリカで悪だくみを
  するのであれば、徹底的に排除する」
 「ヒスパニックは、アメリカに入国したいならば、
  合法的に入国してきなさい」
 と言っているだけのなのです(p92)


・大統領がやりたい政策に反対する議員がいたら、
 「反対ならば、あなたのあそこの橋を造らないよ」
 と言って、ねじ伏せるぐらいの権力が
 与えられています(p102)


・これら不法移民は、真っ昼間に迷彩服を着て・・
 彼らが背負っているのは20kg単位の
 麻薬入りのリュックサックです(p111)


トランプ後の世界 木村太郎が予言する5つの未来
木村太郎
ゴマブックス (2016-12-10)
売り上げランキング: 31,915

【私の評価】★★★★☆(84点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章ドナルド・トランプ 第45代アメリカ大統領へ
 私が一年前から「トランプ大統領誕生」を確信していた理由
第2章トランプが既得権社会と腐敗した米政界を変える
 クリントンキャッシュとトランプの脱ロビイスト政治
第3章 大統領就任から100日で「アメリカン・ファースト」の国家が誕生する
 蜜月期間はない。すべての施策は「アメリカ第一主義」から
第4章 世界の価値観は「B.T.」「A.T.」で一変する
 米中、米ロ、TPP......Before TrumpとAfter Trumpで変わる世界秩序
第5章 トランプ大統領誕生で、日本は不幸になる!
 「トランプ後の世界」において日本の未来を決定づける3つの選択肢とは




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む