「ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術」ダン・S・ケネディ、キム・ウォルシュ・フィリップス

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術

【私の評価】★★★★★(95点)


■ダイレクトマーケティングの神様が教える
 フェイスブックの使い方です。


 フェイスブックでも
 ダイレクトマーケティングの
 基本は同じです。


 見込み客(リード)のメールアドレスを取得し、
 情報を提供しながら、
 顧客を育成し、商品を売っていく。


・リード創出オファー
 見込み客に対し、メールアドレスを
 教えてもらう
代わりに提供するお礼・・
 例えば、報告書やホワイト・ペーパー、
 商品券やライブイベントのチケットなどだ(p57)


■フェイスブックの特徴は、
 2つあります。


 一つはファンやフォロアーとの
 交流を深めやすいということ。


 質問をしたり、
 ファンとの交流を通じて
 信頼を醸成していきます。


 もう一つは広告で告知する人を
 限定できること。


 カスタムオーディエンスによって、
 ページへアクセスした人に限定する
 広告が出せるのです。


・結びつきを深めるには、ファンやフォロワーを
 褒め称えるのも良い方法だ。より深く関わって
 くれた人や、投稿の質問にこんなふうに
 答えてくれて盛り上げてくれた人というように、
 毎週誰かを選ぶことができる(p214)


■一つひとつが
 腹に落ちる内容でした。


 とろあえず、フェイスブックで
 メルマガの記事の告知を
 行うことにしました。


 あとは、時間があるときに、
 カスタムオーディエンスを使った
 ランディングページへ行った人向けの
 広告を実験してみます。


 ケネディさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・オファーは常に新しく、時間的制約を明確にし、
 絶えず変更する必要がある。毎週変更する
 オファーによって購入や登録、コメントやシェアを
 促進させるのだ。すぐに行動を起こしてもらうには、
 時間的制約と特典が不可欠である(p62)


・成果の大きい、私たちお気に入りの
 リード・マグネットがある。
 手引書、企業ガイド、
 ステップ・バイ・ステップの計画表、
 電子書籍、商品券/割引コード、ビデオシリーズ、
 チェックリスト、イベントチケット、
 ウェビナーの登録やコンテンツなどだ(p109)


・見込み客は、・・行動を起こす前に、
 あなたについてインターネットで検索する・・
 信頼できると思わなければ行動は起こさない(p135)


・なぜ、「いいね!」キャンペーンを行うのか・・
 あなたの製品やサービスを信用している人が
 いるという"社会的証明を作り出す
"ためだ(p145)


・ランディング・ページへは行ったものの
 登録しなかった人たちを対象にした
 広告を作成する・・上記の無料レポートの
 オファーの例を機能させるには、
 シーケンスの各ページに対して
 カスタムオーディエンスを
 作成しなければならない・・(p183)


・グーグルプラス上の投稿は、検索結果で
 かなり高く順位づけられる。だから・・
 あなたのブログの記事を再投稿し、
 そこに、ニュースレターの登録や
 リード・マグネット入手のための
 登録ページのリンクも張るのが良い(p160)


ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術
ダン・S・ケネディ キム・ウォルシュ・フィリップス
ダイレクト出版
売り上げランキング: 16,169

【私の評価】★★★★★(95点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む