「「社長」を狙うか、「社畜」で終わるか。」吉越 浩一郎

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

「社長」を狙うか、「社畜」で終わるか。

【私の評価】★★★★☆(83点)


■トリンプで19年間、
 増収増益を達成した吉越元社長の
 仕事の考え方です。


 最近は、出世しても給与は増えないし、
 責任が増えるだけ。


 そんな考え方の人が
 増えているといいます。


 吉越さんは、サラリーマンは、
 一握りの人だけが役員になり、
 他は60歳前にお払い箱になる世界。


 だからこそ、役員いや社長を
 目指すべきではないのか、
 と主張します。


・最初から自分の最終目標は社長と決め、
 若いころからそのための準備を

 きちんとしてきた人が社長となれば、
 たとえ思ったような成果は上げられなくても、
 社長業の醍醐味くらいは味わえるはずだ(p40)


■そのためには、
 若いころから役員になるための
 準備をしておく。


 自分で課題を持ち、
 それをクリアしていく。


 自分は自分の目的に合わせて、
 教育するのです。


 会社が自分を育ててくれるなどと
 考える人は役員になる資格はない、
 と断言しています。


大事なのは、目の前の仕事に
 必死になって取り組むことだ

 20代はここ、30代ではここまでと、
 会社から与えられた目標とは別に
 自分で課題をつくり、
 それをクリアすることを
 ひたすら繰り返すのである(p147)


■社長になる人は、
 社長になれる考え方をしているのだな、
 と感じました。


 社長になる準備をし、
 目の前の仕事で成果を出していく。


 そうした人が増えると、
 会社も活気が出るんでしょうね。


 吉越さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・上司の指示に従う際も、
 「自分がリーダーならどうするか
 というシミュレーションを
 常に頭の中で巡らせながら、
 リーダーシップ獲得のための努力を
 新入社員のころから
 習慣づけなければならない(p21)


・特別なことは何もやっていない。
 すべての情報をオープンにし、
 課題は何かを明らかにしたら、
 デッドラインを決め、最後の最後まで
 追いかけるということを、
 会社を挙げて妥協を許さずにやった、
 ただそれだけである(p106)


・私のおすすめは、読書だ・・
 実績の乏しい人の書いたビジネス書は、
 とくに疑ってかかるようにしている・・(p139)


・一部の部下が反発して従ってくれない
 ときはどうしたらいいか。
 まずは、情報の共有化が十分にできているかを
 疑ってみる必要がある。
 同じ情報を持てば同じ結論に達する事を信じ、
 ひたすら説明し、説得に努めるしかない(p187)


・理屈よりやる気を信用して仕事を任せる(p96)


・まず自分の担当するマーケティング部門で
 早朝会議を始めた・・営業部門にも声をかけ、
 早朝会議への参加を促したところ、途端に
 「おまえに何の権限があるのだ」・・と
 避難の声の雨嵐である・・辛抱強く
 一人ひとり説得していった(p102)


「社長」を狙うか、「社畜」で終わるか。
吉越 浩一郎
日本実業出版社
売り上げランキング: 545,339

【私の評価】★★★★☆(83点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

序章 サラリーマンは「社長」を目指すとうまくいく
第1章 社長を目指して得られたもの―「19期連続増収増益」を達成するまで
第2章 社長を目指すと働き方はこう変わる
第3章 社長を目指すと自然に身につく「9つの仕事術」
第4章 社長を目指すと「逆境」に強くなる
第5章 社長を目指す人の世の中の見え方
終章 日本人とアントレプレナーシップ―『2050年の世界』を破り捨てるとき




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む