「言ってはいけない 残酷すぎる真実」橘 玲

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

【私の評価】★★☆☆☆(68点)

■言ってはいけないタブーを
 集めた一冊です。


 たとえば、遺伝の話。


 運動能力が遺伝するなら、
 知性も遺伝するのでしょうか。


・アメリカを例にとれば、
 男性の殺人は女性の約9倍、
 強盗は10倍・・
 こうした犯罪傾向は日本も同じで、
 男性の殺人は女性の3倍、
 強盗は15倍・・(p74)


■面白いところでは、
 お金持ちのほうが
 IQが高い傾向にある事実。


 さらに、黒人と白人を比較した場合、
 黒人のIQが低いという事実。


 推測してみれば、
 黒人グループでは頭の良い奴は
 いじめられるから勉強しない、
 という理由もあるようです。 


・知的能力を伸ばすなら、よい成績を
 取ることがいじめの理由にならない学校
 (友だち集団)を選ぶべきだ(p242)


■そのほかに、美貌格差の話もありました。


 だから、美容整形が儲かるの
 でしょうね。


 全体として、それほど
 タブーだとは思いませんでした。


 橘さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「知識社会」とは、
 知能の高い人間が知能の低い人間を
 搾取する社会のことなのだ(p72)


・子殺しはヒトだけでなく、
 チンパンジーなどの霊長類でも行われている。
 ハムマンラングール(オナガザル科)では、
 メスの子連れ集団を乗っ取ったオスが
 真っ先にするのは、月齢6~7ヵ月以下の
 子ザルをすべて殺すことだ(p78)


・ハーテンステインによれば、
 男女ともに卒業写真であまり
 笑っていなかったひとの離婚率は、
 満面の笑みの卒業生の
 5倍にのぼるのだ(p122)


・黒人女性の第一の苦境は、
 彼女たちの57%が大学に進学しているのに対し、
 黒人男性は48%しかいないことだ。
 需給において高学歴の黒人男性が
 少なすぎる(p177)


・フランスの風刺雑誌「シャルリー・エブド」の編集部が
 イスラーム過激派の武装集団に襲撃され・・
 日本を代表するリベラルな新聞社は、
 「テロは言語道断だが下品な風刺画を載せた方も問題だ」
 として「ひとが嫌がるようなことをする表現の自由はない」
 と宣言した・・私は、不快なものにこそ
 語るべき価値があると考えている(p248)


言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)
橘 玲
新潮社
売り上げランキング: 163

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

1. 一流の考え方 三流の考え方
2. プラスの人づき合い マイナスの人づき合い
3. チャンスをつかむ行動 逃す行動
4. 損する性格 得する性格
5. 要領のいい働き方 悪い働き方
6. 人望を集める話し方 失う話し方
7. 成功に近づく習慣 見放される習慣




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む