「言ってはいけない 残酷すぎる真実」橘 玲

| このエントリーをはてなブックマークに追加

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

【私の評価】★★☆☆☆(68点)

■言ってはいけないタブーを
 集めた一冊です。


 たとえば、遺伝の話。


 運動能力が遺伝するなら、
 知性も遺伝するのでしょうか。


・アメリカを例にとれば、
 男性の殺人は女性の約9倍、
 強盗は10倍・・
 こうした犯罪傾向は日本も同じで、
 男性の殺人は女性の3倍、
 強盗は15倍・・(p74)


■面白いところでは、
 お金持ちのほうが
 IQが高い傾向にある事実。


 さらに、黒人と白人を比較した場合、
 黒人のIQが低いという事実。


 推測してみれば、
 黒人グループでは頭の良い奴は
 いじめられるから勉強しない、
 という理由もあるようです。 


・知的能力を伸ばすなら、よい成績を
 取ることがいじめの理由にならない学校
 (友だち集団)を選ぶべきだ(p242)


■そのほかに、美貌格差の話もありました。


 だから、美容整形が儲かるの
 でしょうね。


 全体として、それほど
 タブーだとは思いませんでした。


 橘さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「知識社会」とは、
 知能の高い人間が知能の低い人間を
 搾取する社会のことなのだ(p72)


・子殺しはヒトだけでなく、
 チンパンジーなどの霊長類でも行われている。
 ハムマンラングール(オナガザル科)では、
 メスの子連れ集団を乗っ取ったオスが
 真っ先にするのは、月齢6~7ヵ月以下の
 子ザルをすべて殺すことだ(p78)


・ハーテンステインによれば、
 男女ともに卒業写真であまり
 笑っていなかったひとの離婚率は、
 満面の笑みの卒業生の
 5倍にのぼるのだ(p122)


・黒人女性の第一の苦境は、
 彼女たちの57%が大学に進学しているのに対し、
 黒人男性は48%しかいないことだ。
 需給において高学歴の黒人男性が
 少なすぎる(p177)


・フランスの風刺雑誌「シャルリー・エブド」の編集部が
 イスラーム過激派の武装集団に襲撃され・・
 日本を代表するリベラルな新聞社は、
 「テロは言語道断だが下品な風刺画を載せた方も問題だ」
 として「ひとが嫌がるようなことをする表現の自由はない」
 と宣言した・・私は、不快なものにこそ
 語るべき価値があると考えている(p248)


言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)
橘 玲
新潮社
売り上げランキング: 163

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

1. 一流の考え方 三流の考え方
2. プラスの人づき合い マイナスの人づき合い
3. チャンスをつかむ行動 逃す行動
4. 損する性格 得する性格
5. 要領のいい働き方 悪い働き方
6. 人望を集める話し方 失う話し方
7. 成功に近づく習慣 見放される習慣




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)