「不良在庫は宝の山」竹内 唯通

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

不良在庫は宝の山 (マイナビ新書)

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■売れない商品も、工夫次第で売れる!
 というノウハウを学ぶ一冊です。


 商品が悪いから売れないのか、
 マーケッティングが悪いのか。


 実際に、売れない商品を
 売ってしまう人がいるのですから、
 工夫次第で売れるということでしょう。


・ジャパネットたかた・・
 「さらに、おまけがこんなにたくさん」が、
 バンドル販売です。(p150)


■面白いのは、
 売れない商品の事例でしょう。


 名前を変えたらバカ売れ。
 パッケージを変えたらバカ売れ。
 有名人が使ったらバカ売れ。


 こうしてみると、
 いかに試行錯誤が大事か
 わかります。


・森永ミルクキャラメル・・
 一粒五厘でバラ売りしていました・・
 ブリキ缶入りのキャラメルを販売・・
 バラ売りの二倍の価格・・
 1914年・・紙パッケージの
 「ポケット用紙サック」が完成(p37)


■このメルマガも
 まだまだ工夫ができそうです。


 タイトルを変える。
 有名人に読んでもらう。
 別のチャンネルで露出する。


 うまくいく、いかないは別として
 試行錯誤してみます。


 竹内さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・不良在庫の本質は、一言でいうと、
 「お客さんに、その商品の
 価値が伝わっていない」
 に集約できるのです(p50)


・影響力のある立場の会社・人からの
 紹介を得ていくことが、
 紹介販売の王道です(p70)


・茶畑オーナー制度・・
 年4回お茶をお届けします・・
 茶摘みや、毎年三回の苗木の植林を
 体験できるなどの特典を用意(p147)


・初代ウォークマンが完成しますが、
 予想に反して、発売当初は
 まったく売れませんでした・・
 アイドル歌手に・・ウォークマンを渡し・・
 ウォークマンを使っている姿が
 「明星」「平凡」「近代映画」など、
 当時の若者に人気があった
 芸能アイドル誌などに
 取り上げられます(p46)


不良在庫は宝の山 (マイナビ新書)
竹内 唯通
マイナビ (2015-06-24)
売り上げランキング: 259,928

【私の評価】★★★☆☆(78点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第一章 不良在庫を宝の山に変えた伝説のマーケッターたち
第二章 不良在庫の本質を見極めろ
第三章 物流&販路を変えて在庫一掃
第四章 ターゲットを変えて不良在庫を宝の山にする
第五章 広告を変えて大ヒット
第六章 不良在庫を再利用して在庫一掃
第七章 不良在庫を宝の山に変えるコツ



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む