「あなたがいい。超訳手塚治虫」おかの きんや

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたがいい。超訳手塚治虫 (リンダパブリッシャーズの本)

【私の評価】★★★★☆(89点)


■手塚治虫をよく知るマンガ家、
 おかの きんやさんに
 手塚治虫さんという人間を
 教えてもらいましょう。


 子どもの頃はいじめられっ子。


 その手塚治虫が、
 自分らしさを発揮できるのが
 マンガだったのです。


・子ども時代の手塚治虫は、
 いじめられっ子でした
・・
「いじめっ子に<おじぎ>をさせよう。
 そのためには、彼らにできないことを
 やるしかない」(手塚治虫)(p241)


■締め切りギリギリでも編集者に
 ストーリー案を3つ示して
 気に入ったものを書いていく。


 当然、徹夜の連続。


 給料は安いし、ときには、
 アニメ制作に金をかけすぎて
 多額の借金を負う。


 それでも死ぬまで
 手塚治虫は描き続けたのです。


・睡眠は三日で三時間。
 こんなつらい仕事を四十年続けるなんて、
 馬鹿じゃないとできないですよ・・
 それほど、のめりこめる、
 面白い仕事なのだ
(手塚治虫)(p25)


■手塚治虫は、本当に
 マンガが好きだったんだな~と
 感じました。


 マンガが好きだから
 金がなくても、死んでもいいと
 思っていた。


 おかの さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・どんな人でも、闇雲に、
 「頑張れ!」「勇気を出せ!」
 って言われるより、
 「きみを信じているよ」の言葉のほうが
 数倍力をもらえる(p6)


・アトムで描いたことは、
 みんなほとんど実現している
 (手塚治虫)(p30)


・人を信じよ、
 しかしその百倍も自らを信じよ
 人に裏切られた時のことを
 思い出して、述べた言葉。
 (手塚治虫)(p108)


・手塚治虫は、どんなに締め切り間際でも、
 ストーリーを、必ず3つ~4つ
 考えていました(p201)


・中年になると、意外と、学ぶことって
 自分から探していかないとないんだ。
 実は、それを見つけると、そこに
 パッションが生まれて突き進むこともあるんだ
 (バレエダンサーの熊川哲也)(p37)


あなたがいい。超訳手塚治虫 (リンダパブリッシャーズの本)
おかの きんや
泰文堂
売り上げランキング: 88,710

【私の評価】★★★★☆(89点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

輝く
学ぶ
生きる
創る
極める
燃える
伝える




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む